Home / Tag Archives: 寺本明日香(Asuka Teramoto) (page 2)

Tag Archives: 寺本明日香(Asuka Teramoto)

【速報】全日本団体 女子決勝

日本体育大学

2017年11月25日(土)、高崎駅から程近い高崎アリーナ(群馬県)で全日本団体の女子決勝が行われた。     今大会は本年の全日本ジュニア(1部)上位7チーム、インカレ団体(1部・2部)上位7チーム、そして先日行われた全日本シニア上位2チームの合計16チームによって争われる。 1チーム6名の内、各種目を3人が演技し、その3人全員の得点がチームの得点となる6-3-3制だ。そのため失敗は即チーム得点に影響する。     また今回、初めて世界選手権やオリンピックに合わせたFIG決勝方式が導入され、2チームが1組となり、その2チームの選手が交互に演技を行った。 …

Read More »

【速報】全日本団体会場練習&記者会見

全日本団体の会場練習

2017年11月24日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本団体選手権の試合前会場練習と記者会見が行われた。     「体操のために作った」と言われる会場にはポディウムも設置され、選手は試合と全く同じ環境で本番に向けて、それぞれ確認や調整に勤しんだ。       試合前記者会見では、世界選手権代表の谷川航が男子前年度優勝チームの順天堂大学を代表して出席し、チームの調子の良さをアピール。「結果にこだわって、昨年のような0.05点差ではなくはっきりとした点差で優勝を狙いたい」と語った。     女子前年度優勝チーム、日本体育大学の村 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権の取材を振り返って

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/10/11を聴く Youtubeで聴く   ●モントリオールから世界選手権の取材を振り返り   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】世界選手権種目別決勝後半 村上ゆかで金メダルの快挙!白井も跳馬で金

63年振りの金メダル

2017年10月8日、やや暖かな日となった日曜のオリンピックスタジアム(カナダ・モントリオール)で世界選手権の最終日である種目別決勝後半が行われた。     男子跳馬から始まったこの日、入場セレモニーに王者ヤン・ハクソンの姿がなかった。練習時の怪我で棄権が決まり、代わりにリザーブのダラロヤン(ロシア)が登場した。     第一演技者は安里圭亮(相好体操クラブ)だ。1本目のリ・セグァン(D6.0)はうまくまとめたものの、2本目のヨー2(D5.6)で手と膝をつくミス。14.349に留まる。     次の演技者は白井健三(日体大)。シライ/ …

Read More »

女子予選後、村上、寺本、杉原、宮川の囲み音声

作戦会議ロゴ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

【速報】モントリオール世界選手権 予選3日目

村上茉愛のゆか

2017年10月4日、秋の訪れを感じさせるカナダのモントリオールで、世界選手権予選の3日目が行われた。     昨日よりも明らかに観客の数が増したこの日は女子の3班から5班が行われ、3班にはギウリア・スタイングルーバー(スイス)、サン・ウィーバース(オランダ)、カタリナ・ポノル(ルーマニア)などが出場した。出場予定だったラリサ・ヨルダケ(ルーマニア)は棄権した。 また4班にはエリザベート・ザイツ(ドイツ)、バネッサ・フェラーリ(イタリア)などが出場した。     場内が最高潮に達したのは最終班でアメリカ、日本、中国が演技した時だった。アメリカが跳馬スター …

Read More »

テレビ朝日 世界体操カナダ2017記者会見

2017年9月19日、テレビ朝日本社特設ステージ(東京都)にて、世界体操カナダ2017放送にあたっての記者会見が行われた。     昨年までのフジテレビに代わり、今年から世界選手権はテレビ朝日が放映する。その番組放映をアピールする記者会見に世界選手権の男女代表全員が集結した。司会進行は松岡修造氏と、Hey!Say!JUMPのメンバーで、1992年バルセロナオリンピック日本代表キャプテンの知念孝を父親に持つ知念侑李が務めた。     記者会見は選手それぞれが世界選手権への思いを書いたフリップを持ち、それについて松岡氏が質問していく形式で進められた。 &nb …

Read More »

【速報】インカレ1部 団体・個人総合 結果

2017年8月9日、富山市総合体育館で第71回全日本学生体操競技選手権の1部校団体・個人総合選手権が行われた。     男子団体は順天堂大学が3連覇を果たした。2位は日本体育大学、3位が鹿屋体育大学だった。 男子の最終班に当たるC班は仙台大学、福岡大学、順天堂大学、鹿屋体育大学、筑波大学、日本体育大学の6校が6-6-5制で争う。     最初に勢いに乗ったかに見えたのは鉄棒スタートの日体大だった。次々と着地をピタリと止め、応援席ものっけから最高潮の盛り上がりを見せる。さらに次のゆかでは白井健三が伸身リ・ジョンソン(H)から始まる世界レベルのD7.2の演技 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 全日本種目別レポート、世界選手権の取材は?

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/7/9を聴く   ●第71回全日本体操競技種目別選手権大会:取材レポート ●モントリオールへの道 ●Mi3eからも聞けるようになりました。 【動画のコーナー】 2017高校選抜:前田楓丞の平行棒 2017高校選抜:村山覚人の鉄棒 ●インターハイ手伝ってくれる方募集 ●GymnasticsNewsサポーター募集中   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】全日本種目別選手権女子決勝 結果

寺本明日香

2017年6月25日(日)、群馬県高崎市の高崎アリーナにて全日本種目別選手権女子の決勝が行われた。       跳馬はチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)と伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)を成功させた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が優勝した。2位に塙颯香(フジスポーツクラブ)が、3位に文堂日南子(ならわ体操クラブ)が入った。     段違い平行棒は、細かなミスまで極力抑えた演技で13.950を出した畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原)が初優勝した。2位に寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学)が入った。   …

Read More »