Home / Tag Archives: 平均台(BB)

Tag Archives: 平均台(BB)

2017豊田国際 寺本明日香の平均台

豊田国際2017で3位となった寺本明日香の平均台。 このシーズンの寺本の平均台は非常に安定しており、ミスする気配を見せない。今回もDスコアで差をつけられて3位となっているが、Eスコアはトップの8.3を出しており、非常に質の高い演技となっている。   Camera:TAKE Edit:Yasuhiko “NANONI” Kondo Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

Aiko SUGIHARA 杉原愛子 / JPN / G.N. eyes at MONTREAL

47th Artistic Gymnastics World Championships 2017 MONTREAL (CAN) Aiko SUGIHARA 杉原愛子 / JPN / WED 4 OCT 2017 Time 19:03   世界選手権取材報告会

Read More »

2017全日本マスターズ 内村周子の平均台

内村周子の平均台

個人総合年代別50代で2位となった内村周子(スポーツクラブ内村)の平均台。 多少コミカルな演出もあるが、全く落ちる気配のない台上側転は10代の現役選手でも簡単にできるものではない。後ろ脚を高く上げたバランスや柔軟の表現も然りである。 手で支えない開脚座は他の選手には見られない、オリジナルの動作であるが10cmしかない平均台でこれを安定して行うのはかなりの練習が必要と思われる。 最後の側転下りも着地まで考えて丁寧に実施されており、全体的に質の高い演技となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 河崎真理菜の平均台

さすがリオ五輪代表候補だけあって、0.1の減点すら極力させないまでに完成度の高い演技となっている。技が終わった後の安定感が非常に高く、2回ターンの後以外はふらつきも見せない。上がり技もE難度の後方伸身開脚宙返り上がりで攻めており、攻守の両面で力を見せつけた演技と言える。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

新世代の挑戦

全日本個人総合で開幕した2017年の日本体操界。 男子はプロ転向後初の試合となる内村航平(リンガーハット)の10連覇が注目を集めたが、女子では新世代の台頭が著しい。 中でも今年度から高校2年生になった梶田凪(山梨ジュニア体操クラブ)、中路紫帆(戸田市スポーツセンター)、花島なつみ(フジスポーツ/東京学館)の高2トリオが目を引く。         梶田凪は和風の面立ちと美しい体線を武器に、すでにトップ選手のムードを醸し出す。 中路紫帆は高校生らしかぬ、すらっとしたシルエットと大人っぽい雰囲気が魅力だ。 花島なつみは4種目でのバランスの取れた得点力と、他の選 …

Read More »

2017高校選抜 中路紫帆の平均台

中路紫帆

トップ選手でも上がり技はA〜B難度で安全策を取ることが多い中、オリンピックや世界選手権でもなかなか見られないE難度の上がり技を成功させている。全体的にもふらつきを最小限に抑えており、それが高得点につながっている。   Edit:Sohta Kitazawa Camera、Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 メルニコワの平均台

バランスを崩しかけているところが幾つかあるものの、閉脚スワンからのジャンプや切れのあるターンなど他の選手には見られない安定感がある。   《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際決勝2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝2日目ハイライト。 跳馬で白井健三1位、谷川航3位。平行棒で白井2位。鉄棒で白井1位、齊藤優佑3位。鉄棒では齊藤優佑のカッシーナ(E)〜コバチ(D)の連続が見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 村上茉愛の平均台(スローあり)

村上茉愛の平均台

村上茉愛は当初、平均台の出場予定はなかったが、寺本明日香が足を負傷したため急遽、演技することとなった。しかしながら屈伸前宙(E)やスワンの連続など難度を上げた構成で見事に優勝した。フラついている部分もあるものの、全体的には安定感のある演技となっている。 Mai Murakami New Routine on Balance Beam in 2016 Toyota International Gymnastics Competition   《GymnasticsNews Radio Show 松山で飲み会する?神本雄也のつり輪&村上茉愛の平均台の演技解説で解説》   Cam …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 体操をサッカーと同等に!?新FIG会長渡辺氏の構想とは。

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2016/12/30を聴く   ○市場俊之先生の研究室にお邪魔してきました ○日本体操競技・器械運動学会第30回大会 ○内村航平オフィシャルウェブサイト ○体操競技の採点を3Dセンシングでより正確に!「未来の審判」のカタチとは?  【動画のコーナー】 2016豊田国際 クリスチャン・ベルキのあん馬 2016豊田国際:杉原愛子の平均台 Podcast: Download

Read More »