Home / Tag Archives: 平岩優奈(Yuna Hiraiwa)

Tag Archives: 平岩優奈(Yuna Hiraiwa)

【速報】インカレ1部個人 種目別 結果

平岩優奈

2017年8月10日、富山市総合体育館で第71回インカレ1部の種目別選手権が行われた。   男子ゆかは全日本種目別に引き続き白井健三(日体大)が15.200で制した。2位は仙台大学の4年生、五島誉博の14.400だった。     注目のあん馬は世界選手権代表候補の杉野正尭(鹿屋体育大)にわずかなミスが出て、ノーミスで通した萱和磨(順天堂大)が1位となった。またつり輪は早稲田大学の4年生、竹中貴一が優勝した。2位に日体大1年の春木三憲が入った。   跳馬は0.1の僅差で白井健三を上回った長谷川瑞樹(鹿屋体育大学)が1位に輝いた。3位には春木三憲が入った。 …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 女子予選&男子種目別トライアル

笹田夏美

昨日に引き続き、第69回全日本体操競技選手権大会の女子予選および男子種目別トライアルが、25日(土)東京・代々木第一体育館で行われた。 女子予選1班では鶴見虹子(日体大)の演技が群を抜いていた。得意の段違い平行棒で14.900の高得点をマークすると、続く平均台でも14.900。他の2種目もミスのない演技で、1班終了時点では暫定2位の桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)に4.0の大差を付けての暫定1位となった。 2班が終わっても鶴見虹子の暫定1位は揺るがないが、暫定2位に内山由綺(スマイル体操クラブ)が入った。平均台のバク宙で落下があったものの、得意の段違い平行棒で鶴見を上回る15.400を叩き出 …

Read More »

世界選手権女子団体総合のテレビ中継が始まります

寺本明日香

本日21:00よりフジテレビ系列にて世界選手権女子団体総合決勝のテレビ中継があります(22:48終了予定)。 昨日は非常に悔しい結果に終わりましたが、気持ちを切らさず応援したいと思います! 日本女子は平岩優奈選手が現地練習での怪我のため欠場となり、急遽、石倉あづみ選手(ZERO体操クラブ・ふじみ野高校2年)がエントリーとなりました。 石倉選手は今年のインターハイ個人総合で村上茉愛選手を振り切って優勝しています。 アジア大会の直後で疲れもあるかと思いますが、勢いに乗った演技を期待したいところです。 体操世界選手権2014 – フジテレビ   cipollini bloated p …

Read More »

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 決勝結果

2014全日本種目別

7月6日に千葉ポートアリーナで全日本体操種目別選手権大会決勝が開催された。 各種目のスペシャリストを決める戦いは、男女ともに白熱した展開となり、会場を歓声が包んだ。 また、今大会で10月に行われる世界選手権の出場者の残り3枠も決定。 5月から続いた世界選手権の出場をかけた争いは、ついに幕を閉じた。 男子代表は、4月のワールドカップで内定を決めていた内村航平(KONAMI)、NHK杯で出場を決めた野々村笙吾(順天堂大学)、加藤凌平(順天堂大学)、種目別決勝で決定した白井健三(岸根高校)、亀山耕平(徳洲会体操クラブ)、田中佑典(KONAMI)だ。 女子の代表はNHK杯ですでに内定している笹田夏実( …

Read More »

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 女子決勝の見所

体操における女子の年齢層は非常に若い。今年の全日本種目別選手権でも14歳ながら決勝へと駒を進めた選手がいる。その選手たちは世界選手権へ出場はできない。だが世界選手権への切符は、種目別選手権で優勝しなくては手に入らない。女子の種目別決勝においてはこの事実が非常に重要なポイントとなる。 跳馬で1位通過を果たした宮川紗江(セインツ体操クラブ)は1999年生まれの14歳。世界選手権への出場権を持たない。2位通過の村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)は96年生まれの17歳。昨年の世界選手権に出場し、自信を深めているだけに次こそは世界で結果を残すため、出場権は確実に手にしたい。いや、しなくてはいけない存在だ。さ …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.5

第53回NHK杯体操女子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。

Read More »

2013 Gymnix Junior Cup 平岩優奈選手の平均台

平岩優奈 平均台

脚の線が美しく、安定感のある演技。 オノディ(D)、羊とび(D)など高さのある実施をしている。

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技選手権大会 決勝

2014全日本個人総合決勝:武田一志

第68回全日本体操個人総合選手権の男女決勝が5月11日代々木第一体育館で行われた。 男子は9日に行われた予選の得点と決勝での得点の合計で争われ、女子は決勝の得点のみで優勝者が決定する。 なお、決勝に進出した男子36名と女子24名は、6月8日に行われるNHK杯への出場が決まっている。   男子は内村航平(KONAMI)が優勝し、小野喬と並ぶ最多の7連覇を果たした。跳馬の着地で両手を着くミスが出たものの、その他の種目では怪我を感じさせぬ演技で6種目合計90点台に乗せた。 2位は野々村笙吾(順天堂大学)だった。あん馬で落下があったものの、その他の5種目すべてで15点台という力強い演技だった …

Read More »