Home / Tag Archives: 平行棒(PB)

Tag Archives: 平行棒(PB)

2017高校選抜 前田楓丞の平行棒

前田楓丞

爪先まで伸びたきれいな体線を維持しつつ、最後まで落ち着いて実施している。また下り技は世界でも最先端の前方かかえ込み2回宙返りひねり(F)を取り入れておりDスコアも高い。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 杉本海誉斗の平行棒

大学生や社会人に引けを取らない高難度の構成だ。3E 4D 3CでDスコアは6.0に達する。細かいミスが多いが、それを難度でカバーしての種目別優勝となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 鈴木茂斗の平行棒

種目別で2位となった鈴木茂斗(市立船橋高校)の平行棒。高校生としては安定感の高い演技である。無理して難度を上げることなく、Eスコアの向上を目指しており、好感が持てる。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際決勝2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝2日目ハイライト。 跳馬で白井健三1位、谷川航3位。平行棒で白井2位。鉄棒で白井1位、齊藤優佑3位。鉄棒では齊藤優佑のカッシーナ(E)〜コバチ(D)の連続が見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/2/18を聴く   ○平成29年度静岡県の審判講習が全日本個人総合と被ってる! ○高校選抜の出場者は誰だ?男子 女子 ○内村航平、カッコイイ鉄棒で新技「ウチムラ」へ意欲   【動画のコーナー】 2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり) 2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)

山室光史の平行棒

山室の平行棒はヤマムロ(棒下マクーツ;G)が入ったことで新たな得点源になった。2017年はこの平行棒を軸に、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても、国内での立ち位置を変えていくのではないだろうか。 Yamamuro (Basket to Makuts) by Koji Yamamuro. This new element made him a high scorer of PB.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒で解説》   Camera:Yasuhiko “NAN …

Read More »

2016インターハイ 北村郁弥の平行棒【スローモーション付】

北村郁弥

北村郁弥(帝京高校)の平行棒は、高校生としてはDスコアが高く、マクーツ(E)を筆頭に大半がD難度以上の技で構成されている。 それでありながら実施の質も高く、日本のトップ選手と比べて引けを取らない、美しさと安定感のある演技だ。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/19で解説》 Podcast: Download

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村プロ転向、谷川翔の演技スロー解説

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/11/4   ・内村がコナミを退社、体操初のプロ転向へ ・オリンピック後のルール改正:日本男子の得点力に関わるゆかと鉄棒のルール変更 ・全日本団体 【動画のコーナー】 2016全日本ジュニア:谷川翔のあん馬【スローモーション付】 2016全日本ジュニア 谷川翔の平行棒【スローモーション付】 TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Podcast: Download

Read More »

2016全日本ジュニア 谷川翔の平行棒【スローモーション付】

バブサー(E)を取り入れたダイナミックかつ安定感のある演技。さらに高いDスコアも狙えそうに思える。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/4で解説》

Read More »

2016全日本ジュニア 湯浅賢哉の平行棒

湯浅賢哉の平行棒

D6.3、E8.950で15.250の演技。 オリンピックの種目別でもやってしまいがちな握り直しもなく、綺麗な体線が出せておりEスコアが高いのも頷ける。

Read More »