Home / Tag Archives: 杉原愛子(Aiko Sugihara) (page 5)

Tag Archives: 杉原愛子(Aiko Sugihara)

【速報】全日本シニア体操競技選手権 女子

杉原愛子

2016年10月14日(金)、東京体育館で全日本シニア体操競技選手権の1日目が行われた。     女子はこの1日で全日程が行われ、リオ五輪代表の杉原愛子、オクサナ・チュソビチナを擁する朝日生命が連覇を果たした。       リオ五輪後、代表選手の体調不良による欠場やペースダウンが目立つ中、いち早く杉原愛子は全種目のDスコアアップに取り組んできた。段違い平行棒では車輪を全て排除した構成でおり技でも組み合わせ加点を取る。     弱点だった跳馬でも、今や世界標準となった伸身ユルチェンコ2回ひねりに挑戦し、ゆかと並んで今大会最高の …

Read More »

【速報】リオ五輪代表合宿 女子代表が決定

リオ五輪代表はこの5人

2016年6月25日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われたリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)強化合宿で2回目の試技会が行われた。   跳馬の着地でのお手つきや、平均台での落下など一部にミスはあったものの、2週間前の試技会の時よりは全ての演技に安定感が感じられた。 結果的に試技会の上位5名も代表候補選出時と同じとなり、その5名がリオ五輪代表に選ばれた。   代表に決定したのは以下の5名である。 寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ) 村上茉愛(日本体育大学) 杉原愛子(梅花高校/朝日生命) 宮川紗江(セインツ体操クラブ) 内山由綺(スマイル …

Read More »

リオ五輪代表合宿 女子1回目試技会レポート

NTC

2016年6月12日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の女子代表候補選手による1回目の試技会が行われた。     すでにリオ五輪代表が決まっている男子とは異なり、女子は強化合宿と2回の試技会を通して7人の代表候補から5人の代表に絞り込まれる。 「基本的には競技会で発揮できた力を重視する(塚原千恵子本部長)」とは言うものの、演技の仕上がりや怪我の具合によってはそれもひっくり返りかねない。     そのため貢献度上位で選ばれながら足首の怪我が懸念される宮川紗江(セインツ体操クラブ)や、段違い平行棒 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show NHK杯の結果は?男子リオ代表5人目の男に最も近いのは誰だ?

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/5/20   ●NHK杯の結果 ●第70回全日本体操種目別選手権大会 日テレG+で翌日に10時間連続放送!完全視聴者はメールください 第70回全日本体操種目別選手権大会出場有資格者一覧 Podcast: Download

Read More »

【速報】第55回NHK杯2016女子 結果

2016年5月4日、東京・代々木第一体育館で第55回NHK杯女子競技が行われた。   この大会はリオデジャネイロ・オリンピックの代表選考も兼ねており、女子は上位3人の代表入りが決定する。   優勝したのは1ヶ月前の全日本個人総合で0.1点差で涙を飲んだ寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ)だった。一時は練習するのも嫌になったという寺本だが、精神的な谷間を克服し、また一回り成長したように見えた。   寺本は4種目ノーミスの上に、しばらく封印していた平均台の3回ひねり下り(F)も解禁し圧巻の優勝だった。     2位は先日の全日本個人総合で初優勝 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016決勝 結果

白井健三

2016年4月3日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女決勝が行われた。   男子は内村航平(コナミスポーツ)が9連覇を果たした。決して好調とは言えず、跳馬のリー・シャオペンでは両手を突くミス。さらに平行棒でマクーツの際にバーに足をぶつけ動きが止まりかける。   しかし最後の鉄棒では全観客が見守る中、着地まで含めて完璧な実施。拍手と歓声の中で試合を締めて見せた。   2位争いは波乱の展開だった。田中佑典(コナミスポーツ)が2種目目のあん馬で早くも落下し、得意の平行棒と鉄棒で共に16点台を出すなど猛追したが届かず6位に終わる。   予選で90点台を出 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016 予選結果

予選を2位で通過した杉原愛子

2016年4月1日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女予選が行われた。   男子は加藤凌平(コナミスポーツ)が唯一の90点台である90.150を出し、追いすがる田中佑典(同)を振り切って予選1位通過を果たした。田中は平行棒でヤマムロ、マクーツを成功させ16.000、鉄棒で15.550と加藤に迫ったが89.800とわずかに届かなかった。 3位は野々村笙吾(セントラル)、4位は神本雄也(日体大)だった。   亀山耕平(徳洲会)は得意のあん馬で15.700の最高得点を出し、他の5種目も無難にまとめて28位で決勝進出を決めた。 山室光史(コナミスポーツ)は跳馬でロペス(D6 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 新年度あの選手はどこに?高校選抜〜金沢ってうどんなの?

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/3/29 ○高校選抜結果 ○全日本個人総合 ○新年度、あの選手はどこに? ○セントラルスポーツ体操競技部が発足…野々村笙吾と今林開人が加入 ○塚原直也が引退会見 【動画のコーナー】 前田航輝の鉄棒:2016ヒューストン国際ジュニア大会(1/15-16) 小池亜優のゆか:2014イエーゾロ杯 Podcast: Download

Read More »

【速報】第32回全国高等学校体操競技選抜大会2016結果

湯浅賢哉と土橋ココ

2016年3月21日、石川県は金沢市総合体育館で第32回高校選抜大会が行われた。   毎年、3年生が卒業した後の時期に行われるこの大会は1・2年生のみのフレッシュな顔ぶれで行われる。しかしながら男子に関しては2週間後に行われる全日本個人総合の出場権もかかっているだけに、この試合にかかる熱量は計り知れない。   熱戦を制したのは湯浅賢哉(市立船橋高校)だった。持ち前の安定感を発揮し、つり輪以外の5種目で14点台を揃えての優勝だった。 2位は0.3点差で谷川翔(同)だった。3位にはつり輪と跳馬でこの日の最高点を出した春木三憲(清風高校)が入った。 4位は山田元大(市立船橋高校) …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.3

【第54回NHK杯2015】 2015年4月17日、東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は内村航平(コナミスポーツ)が余裕の7連覇を果たした他、2位の田中佑典(同)や3位の加藤凌平(順天堂大)が世界選手権代表入りを決めた。 女子は杉原愛子(梅花高校)が初優勝を果たした。2位に笹田夏実(日体大)が入り、全日本個人総合で初優勝を果たした寺本明日香(中京大)は3位だった。 [Best_Wordpress_Gallery id=”35″ gal_title=”第54回NHK杯 2015″]

Read More »