Home / Tag Archives: 梶田凪(Nagi Kajita) (page 3)

Tag Archives: 梶田凪(Nagi Kajita)

高校選抜2017個人総合2位、梶田凪にインタビュー

2017高校選抜2位 梶田凪

2017年高校選抜松山大会で見事2位となった梶田凪選手(甲斐清和)に、今回の試合の振り返りや今後の目標についてお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 中路紫帆 高校選抜優勝の鍵は?新年度あの人はどこへ

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/31を聴く   ●第33回全国高等学校体操競技選抜の取材報告 ●第71回全日本個人総合:コナミにあの選手が入団!

Read More »

【速報】第33回全国高等学校体操競技選抜大会 結果

優勝した中路紫帆

2017年3月24日、愛媛県総合運動公園体育館(愛媛県松山市)で第33回全国高校選抜大会が行われた。   今年から採用された新ルールに合わせて、新しい演技構成にみなが挑んだ。 各種目ごとに決められた新しい条件に多くの選手が手を焼く中、男子は市立船橋高校2年の鈴木茂斗が、つり輪を除く5種目で13点台後半から14点台中盤を揃えて初優勝した。   2位に6種目全てで13点以上を出した橘汐芽(松蔭高校)が入った。   3位は市立船橋の杉本海誉斗だった。清風高校は8位の三輪哲平が最高順位であった。   女子は平均台とゆかで最高得点を出した中路紫帆(戸田翔陽)が初優 …

Read More »

【速報】2016全日本ジュニア選手権1部 結果

谷川翔と梶田凪

2016年8月17日、台風一過の横浜文化体育館(神奈川)で全日本ジュニア体操競技選手権大会1部3日目(最終日)が行われた。     男女ともジュニアトップクラスのチーム・選手が集結し、その力を存分に見せつけた。 男子団体総合ではつり輪と跳馬以外の4種目で最高得点を出した市立船橋高校体操クラブが優勝した。2位は清風体操クラブ、3位は鯖江体操スクールだった。   男子個人総合は白熱の戦いだった。優勝したのはミスなく高得点を積み上げた谷川翔(市立船橋高校)だった。2位の湯浅賢哉(同)とは0.1点差。前年優勝者の湯浅はあん馬のブズナリ(G)で落下したのが順位に響いてしまっ …

Read More »

【速報】インターハイ2016決勝 女子結果

団体総合を制した戸田翔陽

一方、女子の決勝も熾烈を極めた。各チームの各選手が各々の役割を果たし着実に得点を積み重ねていく。   そんな中、団体総合、個人総合とも上位と目された土橋ココ(名経大市邨;愛知)が平均台で痛恨の落下。順位を大きく下げた。   それを尻目に戸田翔陽(埼玉)がミスを抑えた演技で試合を有利に運ぶ。東京学館(千葉)もそれに追いすがる。   最終的に団体総合を制したのは戸田翔陽だった。2位が東京学館、3位に日大高(神奈川)が入った。名経大市邨は4位、四天王寺(大阪)は5位だった。   個人総合は戸田翔陽の小池亜優が制した。2位が畠田瞳、3位に花島なつみが入った。 & …

Read More »

【速報】インターハイ2016予選1日目 結果

湯浅健哉のあん馬

2016年8月3日、島根県立体育館(竹本正男アリーナ)でインターハイ予選第1日目が行われた。インターハイでは団体総合、個人総合、種目別が争われる。本年は8月3日と4日の2日間で予選が行われ、5日が決勝となる。   男子団体は4-4-3方式を取り、上位16チームが5日に行われる決勝に駒を進める。初日に暫定トップに立ったのは市立船橋高校を代表とする千葉県だ。2位に関西高校(岡山県)、3位に鯖江高校(福井県)、4位に埼玉栄高校(埼玉県)が続く。     個人総合は団体総合予選通過者とそれを除いた上位20名が予選通過者となる。1日目終了時点で湯浅健哉が暫定トップ、2位に関 …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.2

2015国際ジュニア男子表彰

国際ジュニア体操競技大会 2015 [Best_Wordpress_Gallery id=”28″ gal_title=”2015 国際ジュニア体操競技大会 個人総合選手権”]

Read More »

【速報】2015国際ジュニア体操競技大会最終日 結果

2015国際ジュニア鉄棒の表彰

2015国際ジュニア体操競技大会の種目別決勝が9月23日、横浜文化体育館で行われた。   男子ゆかはかかえ込みルドルフ(後方2回宙返り2回ひねり;E)などの大技を盛り込んだジャルニ・レジーニ・モーラン(イギリス)が優勝した。2位に個人総合優勝者の中川将径(習志野高体操クラブ)が入った。3位は中国のユエ・マだった。   あん馬は僅差でジンギュアン・ツォウ(中国)の優勝だった。谷川翔(市立船橋高校体操クラブ)は0.05点差で惜しくも2位となった。   つり輪は中国の圧勝だった。シニアでも通用するような構成で14.850を叩き出し優勝したジンギュアン・ツォウを筆頭にワン …

Read More »