Home / Tag Archives: 橘汐芽(Shiga Tachibana)

Tag Archives: 橘汐芽(Shiga Tachibana)

GymnasticsNews Radio Show 北澤がモントリオールの様子を現地からお届け

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/9/29を聴く Youtubeで聴く   ●初の国際収録!北澤がモントリオールの様子を現地からお届け ●国際ジュニア取材レポート ●いよいよ世界選手権!海外の選手は誰が出るのか?   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】国際ジュニア体操競技大会 種目別決勝

国際ジュニアの日本勢

2017年9月18日、横浜文化体育館(神奈川県)にて国際ジュニアの2日目、種目別決勝が行われた。       男子ゆかはほとんどの着地をきれいに決めた中国のワイデ・スゥが優勝した。2位に注目のカルロス・ユロ(フィリピン)が入った。日本は村山覚人が3位、安達太一が4位だった。       あん馬はミスがない見事な実施で安達太一が優勝した。また2位に橘汐芽が入り、日本のワンツーフィニッシュとなった。     つり輪はジュニアとは思えない体格のウィリアム・エマード(カナダ)が力強い演技で優勝した。日本は3位の橘汐芽が最高 …

Read More »

【速報】インターハイ予選2日目

ゆかの演技に臨む橘汐芽

2017年8月3日、昨日に引き続きインターハイ予選の2日目が酒田市国体記念体育館(山形県)で行われた。     男子団体では日体大荏原高校(東京都)が予選3位通過となった他、鯖江高校(福井県)が5位で予選通過した。     男子個人総合ではつり輪以外の5種目でバランスよく得点を伸ばした橘汐芽(松蔭高校;東京都)が8位で予選通過した。       予選9位の大久保圭太郎(鯖江高校;福井県)は跳馬でロペス(D5.6)を成功させ、男子予選全演技で唯一の15点台である15.050を叩き出した。またつり輪でも最高得点の14.150を出 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 壁紙プレゼント、支援募集、高校選抜鉄棒の演技解説

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/5/2を聴く   ●クラウドファンディング「GymnasticsNewsサポーター」支援募集   ●ツイッター1000人フォローありがとう壁紙プレゼント。   ●「ゴシマ」の記事のfbリーチ数がすごい   ●3種審判資格いただきました   ●採点規則が届いて早速デジタル化   ●FIGワールドランキングリスト     <海外の大会> ●第7回アジア体操競技選手権大会 ●第14回アジアジュニア体操競技選手権大会     【動画のコーナー …

Read More »

2017高校選抜 橘汐芽の鉄棒

2017高校選抜の個人総合で2位に輝いた橘汐芽(松蔭高校)は体線の美しさに注目したい。常に両足のくるぶしがしっかりと閉じられており、まるで見えない紐で縛られているかのようだ。ここまでしっかりと両脚を締められるようになるまでに相当な練習を要しただろう。   Edit:Sohta Kitazawa Camera、Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

GN Eyes SENBATSU Selection

写真で見る高校選抜2017  Pix of All Japan Invitational High School Gymnastics Competition 2017  

Read More »

【速報】第71回全日本個人総合 会場練習&試合前記者会見

内村航平 会場練習

2017年4月6日(木)青空の下、東京体育館にて2017年全日本個人総合の会場練習と試合前記者会見が行われた。   今シーズン初の大会であり、多くの選手にとって新ルールに臨む初めての試合となる。ほとんどの演技構成が新しくなり不安も期待もある中で、各選手は会場での調整に余念がなかった。   プロとして初の試合となる内村航平(リンガーハット)は平行棒を20分程度サブ会場で行ったのみだった。 記者会見では先日行われたW杯の得点の傾向を分析し、高難度の演技よりも、Dスコアを抑えた演技を減点なく実施した方が高得点につながるとの判断を語った。 まだ疲れがあり体力が戻りきっていない事もあ …

Read More »

高校選抜2017個人総合2位、橘汐芽にインタビュー

2017高校選抜2位の橘汐芽

高校選抜2017松山大会で個人総合2位に輝いた、橘汐芽選手(松蔭高校)に得意種目や今年の目標などをお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 中路紫帆 高校選抜優勝の鍵は?新年度あの人はどこへ

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/31を聴く   ●第33回全国高等学校体操競技選抜の取材報告 ●第71回全日本個人総合:コナミにあの選手が入団!

Read More »

【速報】第33回全国高等学校体操競技選抜大会 結果

優勝した中路紫帆

2017年3月24日、愛媛県総合運動公園体育館(愛媛県松山市)で第33回全国高校選抜大会が行われた。   今年から採用された新ルールに合わせて、新しい演技構成にみなが挑んだ。 各種目ごとに決められた新しい条件に多くの選手が手を焼く中、男子は市立船橋高校2年の鈴木茂斗が、つり輪を除く5種目で13点台後半から14点台中盤を揃えて初優勝した。   2位に6種目全てで13点以上を出した橘汐芽(松蔭高校)が入った。   3位は市立船橋の杉本海誉斗だった。清風高校は8位の三輪哲平が最高順位であった。   女子は平均台とゆかで最高得点を出した中路紫帆(戸田翔陽)が初優 …

Read More »