Home / Tag Archives: 永井美津穂(Mizuho Nagai)

Tag Archives: 永井美津穂(Mizuho Nagai)

永井美津穂 次の演技台へ

永井美津穂のゆか

冷え込みが厳しさを増した2015年11月29日夕方、永井美津穂がゆかの演技を終えフロアを降りると、全日本団体選手権は幕を閉じた。 仲間の元へ戻る途中、うっかり躓いて転びそうになった。永井の照れ笑いに場内の温度が少しだけ上がった気がした。 やんちゃな子だった。姉と一緒に近くの公園で逆上がりをしてはよく遊んだ。 それを見た親の勧めで体操を始めた。 それまでできなかったことができるようになった時、体操の楽しさを自分のものにした。 中学3年生の時、全日本種目別跳馬で2位に入り、その年に地元・愛知県で行われた豊田国際にオープン参加。 順位は付けれらないものの、種目別跳馬で実質2位、ゆかで実質3位の結果を …

Read More »

【速報】第69回全日本団体選手権大会2015 男女決勝

日体大が優勝

2015年11月29日(日)、第69回全日本団体選手権大会の男女決勝が東京・代々木第一体育館で行われた。   男子は日本体育大学が5年ぶりの優勝を果たした。2位の順天堂大学とは2点の差をつけた。   3位は徳洲会体操クラブだった。コナミスポーツクラブはあん馬と平行棒での落下が響き、一度もトップに躍り出ることなく4位に終わった。 女子は日本体育大学の2連覇となった。2位は中京大学、3位に戸田市スポーツセンターが入った。   この日が最後の演技となる植松鉱治(コナミスポーツクラブ)は、鉄棒で屈伸コバチ〜コバチ〜コールマンの3連続はなれ技を成功させ、下りで伸身ルドフルを …

Read More »

【速報】第69回全日本団体選手権大会2015 男女予選

鶴見虹子

第69回全日本団体選手権大会の男女予選が、2015年11月28日(土)東京・代々木第一体育館で行われた。   男子はシード4チームを除く10チームが争い、以下の4チームが決勝へと駒を進めた。 1位:朝日生命 2位:鹿屋体育大学 3位:早稲田大学 4位:筑波大学   女子は全16チームが争い、以下の8チームが決勝進出となった。 1位:日本体育大学 2位:中京大学 3位:戸田市スポーツセンター 4位:国士館大学 5位:フジスポーツクラブ 6位:朝日生命 7位:武庫川女子大学 8位:レジックスポーツ   また植松鉱治(KONAMI)、鶴見虹子(日体大)に加えて、永井美津 …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 女子予選&男子種目別トライアル

笹田夏美

昨日に引き続き、第69回全日本体操競技選手権大会の女子予選および男子種目別トライアルが、25日(土)東京・代々木第一体育館で行われた。 女子予選1班では鶴見虹子(日体大)の演技が群を抜いていた。得意の段違い平行棒で14.900の高得点をマークすると、続く平均台でも14.900。他の2種目もミスのない演技で、1班終了時点では暫定2位の桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)に4.0の大差を付けての暫定1位となった。 2班が終わっても鶴見虹子の暫定1位は揺るがないが、暫定2位に内山由綺(スマイル体操クラブ)が入った。平均台のバク宙で落下があったものの、得意の段違い平行棒で鶴見を上回る15.400を叩き出 …

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技団体選手権 予選

大瀧千波

  11月1日に国立代々木競技場・第一体育館で第68回全日本体操団体選手権の予選が行われた。 男子はシード4チーム(KONAMI、徳洲会体操クラブ、日本体育大学、順天堂大学)をのぞく8チーム中上位4チーム、女子は出場12チーム中上位8チームが決勝へと駒を進めることができる。 日本一のチームを決める団体戦。 一人のミスが勝敗を左右することもあれば、一人の演技がチームに勢いをもたらすこともある。 個人戦や種目別とはまた違うプレッシャーの中で最後に笑うのはどのチームになるか。 決勝へ向けた戦いは予選からすでに始まっている。 予選は6人中5人が演技し、上位4人がチーム得点となる6-5-4制で …

Read More »