Home / Tag Archives: 珍しい技・組合せ(Rare and Unique Skills)

Tag Archives: 珍しい技・組合せ(Rare and Unique Skills)

アメリカ男子体操チーム日本合宿ダイジェスト動画

2018年6月23日、市立船橋高校(千葉県)で行われたアメリカ男子体操チームの東京オリンピック事前合宿の模様のダイジェスト動画。 サム・ミクラック が後方伸身宙返り2回半ひねり(D) 〜前方かかえ込み2回宙返りひねり(E)の連続にトライしているほか、マービン・キンブルはトカチェフ10回連続を披露した。   Camera / Edit:Sohta Kitazawa Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

【速報】全日本個人総合男子予選 結果

内村航平

2018年4月27日(金)、東京体育館にて全日本個人総合男子予選が行われた。     昨年のモントリオール世界選手権で負傷した内村航平(リンガーハット)の国内復帰戦となったこの大会は、内村の11連覇もかかっている。果たして内村が負傷前のような王者の演技を再び見せつけるのか、それとも白井健三(日体大)が世代交代を成し遂げるのか、はたまた世界選手権出場後に個人総合の力をつけてきた谷川航(順天堂大)や、昨年の全日本個人総合予選で内村を抜いてトップに立った千葉健太(同)等、他の選手が白井を出し抜いて見せるのか、その展開が注目される大会となった。     班編成は …

Read More »

2017豊田国際 白井健三のゆか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

2017全日本マスターズ 市場俊之のゆか

市場俊之のゆか

59歳で24回目の出場、2006年にはマスターズ表彰も受けている市場俊之(小金井クラブ)のゆか。 そのほとんどが昔の規定演技から取り入れたものや、昔よく見られた技と動きで構成されており、技の博物館とも言える演技となっている。 両手屈腕上水平や片脚旋回、ヒーリー、頭を着いた十字倒立などいずれもかつての難度表には掲載されていたが、今ではこれらの技が演技中に見られる機会は滅多にない。 マスターズの中でも取り分け貴重な演技である。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

ゆかの新技「ゴシマ」

20160402五島誉博

五島誉博(仙台大学)のオリジナル技、ゆかの前方伸身宙返り3回半ひねりに「ゴシマ」の名前がついた。G難度。   2017年3月17日〜18日にドイツのシュツットガルトで行われたDTBチームカップに五島が出場し、そこでこの技を成功させたことからFIGに新技として認定された。   日本国内では以前から行っていた前方伸身宙返り3回半ひねりだが、新技に選手の名前がつく国際大会で成功させたのは今回が初めてだ。五島はFIGの公式ニュースに「日本シニア選手のニューカマー」として紹介されており、今後は国際大会でも注目を浴びることになるだろう。 またゆかの1回宙返りでG難度を取れるのは現在この …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 波乱の全日本個人総合!あの選手の名前がついに新技に

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/4/15を聴く   ●波乱の全日本個人総合!その流れは? 種目別トライアルであの選手が全日本種目別出場を決めた! ●プロとして見た内村航平 ●ついにあの技にあの選手の名前がついた! Eight new elements named, added to the Men’s Gymnastics Code of Points 【動画のコーナー】 2017高校選抜:中路紫帆のゆか 2017高校選抜:中路紫帆の平均台 TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

オーストラリア国際予選2日目ハイライト

齊藤優佑

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)予選2日目ハイライト。 白井健三が跳馬で新しくシェルボ跳び2回ひねり(ロンダート、1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回ひねり;D5.4)に挑戦している。非常に珍しい跳び方だ。 また齊藤優佑(徳洲会)のコールマン(E)〜抱え込みゲイロード2(D)の連続も見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)

山室光史の平行棒

山室の平行棒はヤマムロ(棒下マクーツ;G)が入ったことで新たな得点源になった。2017年はこの平行棒を軸に、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても、国内での立ち位置を変えていくのではないだろうか。 Yamamuro (Basket to Makuts) by Koji Yamamuro. This new element made him a high scorer of PB.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒で解説》   Camera:Yasuhiko “NAN …

Read More »

2016豊田国際 神本雄也のつり輪(スローあり)

神本雄也の中水平

多くの選手がスタミナのある前半に力技をやり、後半は振動系中心となる構成をとる。それに対して神本雄也選手の構成は力技と振動技がバランスよくミックスされており、つり輪の構成としては理想形のそれになっている。 またつり輪では組み合わせ加点はないものの、おそらく世界唯一と思われるオニール(伸身グチョギー;E)からほん転逆上がり中水平(E)の連続を取り入れ、難度を超えたオリジナリティーをアピールする構成となっている。 Yuya Kamoto Succeeded Rare & Unique Skills on SR in Toyota International Gymnastics Compet …

Read More »

2016豊田国際 村上茉愛のゆか(スローあり)

村上茉愛

アクロバットの難度が高いだけでなく、表現力が豊かで動きにキレがある。Dスコア、Eスコアとも2位を上回っており、優勝に相応わしい質の高い演技だ。 Mai Murakami has 2 H Skills on FX. She performed one of them, “Silivas” on this routine.   《GymnasticsNews Radio Show モントリオールへの道はけわしい?で解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru …

Read More »