Home / Tag Archives: 田中佑典(Yusuke Tanaka) (page 4)

Tag Archives: 田中佑典(Yusuke Tanaka)

豊田国際2日目 ダイジェスト動画

コモワ平均台

2015年12月13日、豊田国際体操2日目が愛知県のスカイホール豊田で開催された。 平均台ではビクトリア・コモワ(ロシア)が貫禄の優勝 男子跳馬では安定した跳躍を2本見せた白井健三が優勝、期待された小倉佳祐は1本目に転倒があり5位という結果に。 平行棒では実力者、田中佑典が優勝し加藤凌平も銅メダルに輝いた。 女子ゆかの優勝はアファナセワ、前宙1回ひねりからの前方かかえ込み2回宙返りを見せた宮川紗江は0.05点差で銀メダルとなった。 鉄棒はスペシャリスト田中佑典が堂々の金メダルに輝いた。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo TEXT : Masaru “TA …

Read More »

【速報】豊田国際2日目

ファン・ティ・ハ・タインのゆか

2015年12月13日、昨日に引き続き豊田国際体操2日目が愛知県・スカイホール豊田で開催された。   最終日の2日目は男子跳馬、平行棒、鉄棒及び女子平均台、ゆかの種目別が行われた。 男子では日本から跳馬に白井健三(日本体育大学)、小倉佳祐(早稲田大学)が、平行棒と鉄棒には田中佑典(コナミスポーツクラブ)と加藤凌平(順天堂大学)が出場した。   跳馬は2本ともEスコアで高得点をマークした白井健三が優勝した。2位はベトナムのレ・タイン・トンだった。小倉佳祐は1本目のロペスで着地マットの外に飛び出てしまい転倒、2本目はまとめたものの5位に終わった。 平行棒は田中佑典の優勝だったが …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/10/29公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2015/10/29   世界選手権、男子団体決勝を見ながらのライブ配信の模様をお届けします。  

Read More »

【速報】第6回アジア選手権種目別決勝〜男子

山室のつり輪

8月2日(日)、広島グリーンアリーナで第6回アジア体操競技選手権の最終戦である男女種目別決勝が行われた。 男女とも、予選を勝ち抜いた各種目上位8名がその妙技を競い合った。 これまでとは違い、会場内で演技を行うのは常に一人。全観客と全カメラマンが注目する中での演技には技術だけではなく、心の強さも求められる。   そんな張り詰めたムードの中でまずは行われた男子ゆかでは、大方の予想通り白井健三(日本体育大)が金メダルを勝ち取った。2位の早坂尚人(順天堂大)に0.8の大差をつける16.450だった。   あん馬では僅差ながらシャオ・ルオテン(中国)を抑えた萱和磨(順天堂大)が、ほぼ …

Read More »

【速報】第6回アジア選手権男子団体・個人総合

日本男子団体金メダル

昨日から広島グリーンアリーナで行われている第6回アジア体操競技選手権で、8月1日(土)、男子団体・個人総合が行われた。   1班は団体・個人総合・種目別予選で台湾、シンガポール、香港、イランが、個人総合・種目別予選でインド、ヨルダン、カタール、インドネシアが争った。   また2班では団体・個人総合・種目別予選で中国、韓国、ベトナム、タイ、カザフスタン、日本が、個人総合・種目別予選でマレーシア、ウズベキスタンがアジアのメダルを競った。   団体総合は2位の中国に16.200の大差をつけて、日本が金メダルを勝ち取った。3位は韓国だった。   中国はつり輪と鉄 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1公開

GymnasticsNews

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1   ○全日本種目別の結果 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第69回全日本体操種目別選手権大会 ○第6回アジア体操競技選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第6回アジア体操競技選手権大会 【選手の生声のコーナー】 男子代表記者会見(内村、白井健三、長谷川智将、萱和磨) ・あの人の一言が、長谷川智将を代表の座に導いた!?  

Read More »

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜男子

2015年世界選手権代表メンバー

6月21日(日)、昨日の予選に引き続き、全日本種目別選手権の決勝が代々木第一体育館で行われた。   男子ゆかは予選をシードされていた白井健三(日本体育大)が、2位の谷川航(順天堂大)に1.0の大差をつけた16.450で圧勝した。 Dスコア7.6という世界でも類を見ない高難度の構成ながら非常に質の高い実施で、Eスコア8.85を叩き出した。   あん馬では萱和磨(順天堂大)が15.650で初優勝した。2013年世界選手権種目別あん馬の金メダリスト亀山耕平(徳洲会)を0.1の僅差で上回った。 このあん馬での高得点が大きく影響し、世界選手権代表入りが決まった。   &nb …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/6/11公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2015/6/11   ○NHK杯の結果と世界選手権代表選手決定 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第54回nhk杯  ○まもなく全日本種目別選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第69回全日本体操種目別選手権大会 ○第6回アジア体操競技選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第6回アジア体操競技選手権大会 【NHK杯女子記者会見音声】 【動画のコーナー】 ○長谷川智将のあん馬の新構成  

Read More »

【速報】第54回NHK杯2015

  4月17日に国立代々木競技場・第一体育館で第54回NHK杯が行われた。 NHK杯は、この日の点数に全日本個人総合選手権の2日間の合計の1/2の点数を加えた総合点で争われる。 また男子はすでに内定している内村航平をのぞく上位2名、女子は上位5名が10月に行われる世界体操選手権の代表となる。   緊張感が漂う中、日本のトップ選手たちによるハイレベルな戦いが繰り広げられた。       男子は内村航平(KONAMI)が2位の田中佑典(同)に大差をつけ、余裕の7連覇を果たした。 他の種目では難度を落とした構成ながらも、跳馬ではリー・シャオペンを成功 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/5/16公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2015/5/16   ○今週末はいよいよNHK杯 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第54回nhk杯  【動画のコーナー】 ○早坂尚人のゆか http://gymnasticsnews.jp/archives/4019  ○杉原愛子のゆか http://gymnasticsnews.jp/archives/4023  

Read More »