Home / Tag Archives: 田中佑典(Yusuke Tanaka) (page 6)

Tag Archives: 田中佑典(Yusuke Tanaka)

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 予選結果

全日本体操種目別選手権2014

7月5日全日本体操種目別選手権・予選が千葉ポートアリーナで開催された。 種目別はスペシャリストの技と技とのぶつかり合いだ。 得意種目で頂点に立つべく、しのぎを削る。 決勝に残れるのはわずか8人。 失敗のリスクを恐れず攻めるのか、確実な技でミスをなくすのか———。 その駆け引きは予選からもう、始まっている。 さらに、今大会の結果は世界選手権への切符もかかっている。 すでに男女3人ずつが決まっており、残る枠は3つ。そのためには男女とも優勝は最低条件。男子ではそれと同時に各種目の派遣標準得点※を満たすことが条件になる。 プレッシャーのかかる中で、高い難度の技を繰り出し、まずは決勝戦への出場権を獲得す …

Read More »

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 男子決勝の見所

2014全日本種目別ー植松鉱治

7月5日(土)に行われた全日本種目別予選の結果により、翌日の決勝に出場する選手が決定した。 その見所とは・・・ 6月に行われたNHK杯で植松鉱治(KONAMI)は鉄棒の新しい演技構成を披露した。屈伸コバチ(E)〜かかえ込みコバチ(D)〜コールマン(F)の離れ技3連続を入れた思い切った構成だ。車輪からとび1回半ひねりをするリバルコ(D)で惜しくも落下してしまったが、それでも得点は15.100。 体操では「落下すると1点減点」とよく言われるが、実は減点はそれに留まらない。落下の原因となる技術的なミスに対しても別個に0.1以上減点されるため、実際には最低でも1.1減点されているのだ。逆算すると、植松 …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.6

野々村笙吾

第53回NHK杯体操男子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。

Read More »

【速報】第53回NHK杯体操 男子

2014NHK杯:野々村笙吾

第53回NHK杯の男子の競技が6月8日代々木第一体育館で行われた。 ゆかの1本目のシリーズでのラインオーバーや、あん馬のフロップでの落下で不調かに見えた内村航平(KONAMI)だったが、つり輪から調子を取り戻して6種目合計で90.450を出し6連覇を果たした。 2位は野々村笙吾、3位は加藤凌平(どちらも順天堂大学)で、それぞれが試合前会見で「現順位維持で世界選手権代表入り」と宣言した通りの結果を出した。 4位は鉄棒で16.000の最高得点を出した田中佑典(KONAMI)だった。 また山室光史(KONAMI)はあん馬のセア倒立での落下や、鉄棒のアドラーでの停滞がひびき14位に終わった。

Read More »

コナミ 全力の圧勝

決勝のオーダーリストが発表された時、勝負はついていたのかも知れない。 予選では今年加入のホープ白井勝太郎と今井裕之をオーダーに入れ、難度も抑え気味の構成で無難にこなし昨年覇者の順天堂大に0.8点差で1位につけた。加藤凌平(順天堂大)からも「想定の範囲内」という言葉が出るほどで、際立つものではなかった。 しかしそれは必勝を誓ったコナミのブラフだったのではないだろうか。 決勝のオーダーリストを見て唖然とした。白井、今井に替わってロンドン五輪代表の田中佑典と重鎮、小林研也を投入。 6種目の演技者3人がいずれもスペシャリストで、さながら個人種目別決勝のようだ。 そしてノーミスの実施。 2種目目のあん馬 …

Read More »