Home / Tag Archives: 笹田夏美(Natsumi Sasada)

Tag Archives: 笹田夏美(Natsumi Sasada)

【速報】全日本団体 女子決勝

日本体育大学

2017年11月25日(土)、高崎駅から程近い高崎アリーナ(群馬県)で全日本団体の女子決勝が行われた。     今大会は本年の全日本ジュニア(1部)上位7チーム、インカレ団体(1部・2部)上位7チーム、そして先日行われた全日本シニア上位2チームの合計16チームによって争われる。 1チーム6名の内、各種目を3人が演技し、その3人全員の得点がチームの得点となる6-3-3制だ。そのため失敗は即チーム得点に影響する。     また今回、初めて世界選手権やオリンピックに合わせたFIG決勝方式が導入され、2チームが1組となり、その2チームの選手が交互に演技を行った。 …

Read More »

【速報】全日本団体会場練習&記者会見

全日本団体の会場練習

2017年11月24日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本団体選手権の試合前会場練習と記者会見が行われた。     「体操のために作った」と言われる会場にはポディウムも設置され、選手は試合と全く同じ環境で本番に向けて、それぞれ確認や調整に勤しんだ。       試合前記者会見では、世界選手権代表の谷川航が男子前年度優勝チームの順天堂大学を代表して出席し、チームの調子の良さをアピール。「結果にこだわって、昨年のような0.05点差ではなくはっきりとした点差で優勝を狙いたい」と語った。     女子前年度優勝チーム、日本体育大学の村 …

Read More »

【速報】インカレ1部 団体・個人総合 結果

2017年8月9日、富山市総合体育館で第71回全日本学生体操競技選手権の1部校団体・個人総合選手権が行われた。     男子団体は順天堂大学が3連覇を果たした。2位は日本体育大学、3位が鹿屋体育大学だった。 男子の最終班に当たるC班は仙台大学、福岡大学、順天堂大学、鹿屋体育大学、筑波大学、日本体育大学の6校が6-6-5制で争う。     最初に勢いに乗ったかに見えたのは鉄棒スタートの日体大だった。次々と着地をピタリと止め、応援席ものっけから最高潮の盛り上がりを見せる。さらに次のゆかでは白井健三が伸身リ・ジョンソン(H)から始まる世界レベルのD7.2の演技 …

Read More »

【速報】リオ五輪代表合宿 女子代表が決定

リオ五輪代表はこの5人

2016年6月25日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われたリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)強化合宿で2回目の試技会が行われた。   跳馬の着地でのお手つきや、平均台での落下など一部にミスはあったものの、2週間前の試技会の時よりは全ての演技に安定感が感じられた。 結果的に試技会の上位5名も代表候補選出時と同じとなり、その5名がリオ五輪代表に選ばれた。   代表に決定したのは以下の5名である。 寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ) 村上茉愛(日本体育大学) 杉原愛子(梅花高校/朝日生命) 宮川紗江(セインツ体操クラブ) 内山由綺(スマイル …

Read More »

リオ五輪代表合宿 女子1回目試技会レポート

NTC

2016年6月12日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の女子代表候補選手による1回目の試技会が行われた。     すでにリオ五輪代表が決まっている男子とは異なり、女子は強化合宿と2回の試技会を通して7人の代表候補から5人の代表に絞り込まれる。 「基本的には競技会で発揮できた力を重視する(塚原千恵子本部長)」とは言うものの、演技の仕上がりや怪我の具合によってはそれもひっくり返りかねない。     そのため貢献度上位で選ばれながら足首の怪我が懸念される宮川紗江(セインツ体操クラブ)や、段違い平行棒 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 決勝結果

山室光史

2016年6月5日、前日に引き続き代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の決勝が行われた。   男子ゆかは白井健三(日本体育大学)の圧勝だった。かかえ込みリ・ジョンソン(G)や後方宙返り4回ひねり(シライ/キムヒフン;F)を取り入れたD7.6の構成でEスコア9点を超え、16.650の高得点を叩き出した。     あん馬は昨年同様、亀山耕平(徳洲会)を0.1点差で抑えて萱和磨(順天堂大学)が15.900で優勝した。     つり輪では神本雄也(日本体育大学)、山室光史(コナミスポーツ)が着地で崩れる中、安定感のある演技を見せた武田一志(徳洲会) …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 予選結果

花島なつみ

2016年6月4日、東京は代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の予選が行われた。     男子はリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)代表の貢献度枠3枠の争いもあり、予選から高レベルの戦いが繰り広げられた。 ゆかは早坂尚人(順天堂大学)が15.600でトップ通過、鳥栖高校から筑波大学に進んだ小畠廉生が昨年同様2位に。コナミの白井勝太郎が3位と続いた。 異常事態になったのは4位で、五島誉博(仙台大)、佐藤巧(徳洲会)、内田龍真(日本体育大学)、山本威吹(関西高校)、小山仁寛(コナミスポーツ)、瀬島龍三(徳洲会)の6人が15.000で並んだ。 そのため決勝進出者が1 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show NHK杯の結果は?男子リオ代表5人目の男に最も近いのは誰だ?

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/5/20   ●NHK杯の結果 ●第70回全日本体操種目別選手権大会 日テレG+で翌日に10時間連続放送!完全視聴者はメールください 第70回全日本体操種目別選手権大会出場有資格者一覧 Podcast: Download

Read More »

【速報】第55回NHK杯2016女子 結果

2016年5月4日、東京・代々木第一体育館で第55回NHK杯女子競技が行われた。   この大会はリオデジャネイロ・オリンピックの代表選考も兼ねており、女子は上位3人の代表入りが決定する。   優勝したのは1ヶ月前の全日本個人総合で0.1点差で涙を飲んだ寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ)だった。一時は練習するのも嫌になったという寺本だが、精神的な谷間を克服し、また一回り成長したように見えた。   寺本は4種目ノーミスの上に、しばらく封印していた平均台の3回ひねり下り(F)も解禁し圧巻の優勝だった。     2位は先日の全日本個人総合で初優勝 …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.3

【第54回NHK杯2015】 2015年4月17日、東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は内村航平(コナミスポーツ)が余裕の7連覇を果たした他、2位の田中佑典(同)や3位の加藤凌平(順天堂大)が世界選手権代表入りを決めた。 女子は杉原愛子(梅花高校)が初優勝を果たした。2位に笹田夏実(日体大)が入り、全日本個人総合で初優勝を果たした寺本明日香(中京大)は3位だった。

Read More »