Home / Tag Archives: 萱和磨(Kazuma Kaya)

Tag Archives: 萱和磨(Kazuma Kaya)

内村の10連覇を阻もうとした大学生四銃士

千葉健太 鉄棒

「4人がかりでも上2人を倒せなかったですね」 全日本個人総合決勝が終わった後、ミックスゾーンで谷川航(順天堂大)はこう話していた。 上2人とは1位の内村航平(リンガーハット)と田中佑典(コナミスポーツ)、4人とは内村・田中と同じ1組で回った白井健三、萱和磨、谷川航、千葉健太の大学生4人のことである。         白井健三はもはや体操界のみならず一般のお茶の間でも知られた存在で、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックを始め数多くの世界の舞台で活躍している。自身の名前がつく技を世界一多く持っている。 萱和磨は2015年世界選手権代表にもなり、種目別あん馬で …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒

GymnasticsNews Radio Show 2017/2/18を聴く   ○平成29年度静岡県の審判講習が全日本個人総合と被ってる! ○高校選抜の出場者は誰だ?男子 女子 ○内村航平、カッコイイ鉄棒で新技「ウチムラ」へ意欲   【動画のコーナー】 2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり) 2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり)

萱和磨のあん馬

やや安定性を欠く部分があるものの、Dスコア7.0を通し切るところは流石だ。ベルキの雄大なスイングや、亀山耕平の顔上げなど難度を超えたアピールポイントが加わるとさらに評価が上がるのではないだろうか。 Kazuma Kaya succeeded in his PH routine of D 7.0 in Toyota International Gymnastics Competition 2016 despite a little lack of stability.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱の …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show モントリオールへの道はけわしい?

GymnasticsNews Radio Show 2017/1/22を聴く   ○2016リューキン国際招待 ○ボローニンカップ ○モントリオールへの道はけわしい? 2017モントリオール世界選手権公式ホームページ(英語版) 【動画のコーナー】 2016豊田国際 イグナチェフの鉄棒 2016豊田国際:村上茉愛のゆか TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

王者ベルキがあん馬を制す。つり輪は神本が初優勝 ー 2016豊田国際1日目 結果

つり輪で優勝した神本雄也

2016年12月10日(土)、愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で豊田国際1日目が行われた。     この日、男子はゆか、あん馬、つり輪の種目別が争われた。 ゆかは白井健三(日体大)がH難度の伸身リ・ジョンソンを入れたD7.7の構成で16.375を出し、2連覇を果たした。2位の加藤凌平(コナミスポーツ)に1.150の大差をつける圧勝だった。     2013年の世界選手権で白井と共に後方宙返り4回ひねりを成功させたニュエン・トゥアン・ダット(ベトナム)は4回ひねりを行わず、14.300で3位となった。 また昨年の豊田国際で白井と共に伸身リ・ジョン …

Read More »

順天堂大が優勝!0.05の僅差 ー 2016全日本団体男子 結果

谷川航

2016年11月13日(日)、前日に引き続き東京・代々木第一体育館にて男子の全日本団体選手権が行われた。   オリンピックに合わせて6-3-3制で行われた今大会、一人のミスで順位が変わるほどの大混戦で、最後の最後まで予断を許さないギリギリの戦いが繰り広げられた。       それはまるでうまく作られたスポーツマンガのクライマックスのようだった。正ローテーションのゆかスタートで上位発進となった徳洲会と順天堂大。あん馬スタートで下位スタートとなったコナミスポーツと日体大。その間に割って入ったのはもう一つの社会人チーム、朝日生命だった。   &nbs …

Read More »

【速報】リオ五輪 男子団体予選を想定した試技会を実施

平行棒の準備

2016年7月9日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の男子代表が試技会を行った。     この日行われたのは団体予選を想定した試技会である。団体予選で日本は8月6日午前10:30(現地時間)試合開始となっており、体操の大会としては異例の午前スタートだ。 それに体を慣らすため、今回の試技会は午前10:30から行われた。選手はこの時間に体が動くよう早朝5時に起床したという。 開始種目も本番と同じあん馬から、演技順も本番を想定したオーダーで行われた。     王者内村(コナミスポーツ)は6種目をノー …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 決勝結果

山室光史

2016年6月5日、前日に引き続き代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の決勝が行われた。   男子ゆかは白井健三(日本体育大学)の圧勝だった。かかえ込みリ・ジョンソン(G)や後方宙返り4回ひねり(シライ/キムヒフン;F)を取り入れたD7.6の構成でEスコア9点を超え、16.650の高得点を叩き出した。     あん馬は昨年同様、亀山耕平(徳洲会)を0.1点差で抑えて萱和磨(順天堂大学)が15.900で優勝した。     つり輪では神本雄也(日本体育大学)、山室光史(コナミスポーツ)が着地で崩れる中、安定感のある演技を見せた武田一志(徳洲会) …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.3

【第54回NHK杯2015】 2015年4月17日、東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は内村航平(コナミスポーツ)が余裕の7連覇を果たした他、2位の田中佑典(同)や3位の加藤凌平(順天堂大)が世界選手権代表入りを決めた。 女子は杉原愛子(梅花高校)が初優勝を果たした。2位に笹田夏実(日体大)が入り、全日本個人総合で初優勝を果たした寺本明日香(中京大)は3位だった。

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 平行棒の下り技が気になる。すっかり忘れてた高校選抜。

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/2/25 ○新技「シライ3」がH難度認定=G難度「ヤマムロ」も ○すっかり忘れてた高校選抜 ○2016アゼルバイジャン国際 ○年間プレミアムシートがもう完売   【動画のコーナー】 長谷川智将のあん馬(種目別優勝) 萱和磨(種目別銅メダル)  Podcast: Download

Read More »