Home / Tag Archives: 谷川航(Wataru Tanigawa)

Tag Archives: 谷川航(Wataru Tanigawa)

全日本個人総合男子決勝 誰も予想していなかった勝者

谷川翔

2018年4月29日、東京体育館にて全日本個人総合男子決勝が行われた。     予選上位が集まる1組には予選トップ通過の白井健三(日体大)を筆頭に予選2位の谷川翔(順天堂大)、昨年の世界選手権代表で予選4位通過した谷川翔の兄、谷川航(同)ら大学生と、それを追いかける内村航平(リンガーハット)。彼らの演技を見逃すわけにはいかない。     その一方で2組から虎視眈々と代表入りを狙う加藤凌平(コナミスポーツ)やベテラン田中佑典(同)も侮れない。それと同時に女子の演技も行われ、会場ではまさに眼がいくつあっても足りない状況が続いた。     …

Read More »

【速報】全日本個人総合男子予選 結果

内村航平

2018年4月27日(金)、東京体育館にて全日本個人総合男子予選が行われた。     昨年のモントリオール世界選手権で負傷した内村航平(リンガーハット)の国内復帰戦となったこの大会は、内村の11連覇もかかっている。果たして内村が負傷前のような王者の演技を再び見せつけるのか、それとも白井健三(日体大)が世代交代を成し遂げるのか、はたまた世界選手権出場後に個人総合の力をつけてきた谷川航(順天堂大)や、昨年の全日本個人総合予選で内村を抜いてトップに立った千葉健太(同)等、他の選手が白井を出し抜いて見せるのか、その展開が注目される大会となった。     班編成は …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2018/4/16(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!) ワールドカップ東京大会2018   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

ワールドカップ東京大会2018 男子結果

白井健三

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われた。日本でワールドカップが行われるのは2014年以来4年ぶりだ。       男子第一種目のゆかでは、目を惹いたのはやはり白井健三(日体大)だ。伸身リ・ジョンソン(H)の着地姿勢がやや低かったり、最後の4回ひねりで脚が1歩前に出るなど、いつもよりはやや安定感を欠きながらも15.200の高得点でスタートダッシュを決めた。谷川航(順天堂大)も得意の着地をしっかり止めて14.500で白井に続いた。       あん馬では白井が新しく取り入れた、身体の向きを変えながら場端 …

Read More »

2017豊田国際 谷川航の平行棒

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際の結果、日本体操競技・器械運動学会

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/12/23を聴く Youtubeで聴く(チャンネル登録をお願いします!)   ●豊田国際の結果 ●2017ボローニンカップ ●日本体操競技・器械運動学会 ●GymnasticsNews 世界選手権報告会   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

豊田国際2017 2日目男子記者会見

u Tanigawa / Hidetaka Miyachi Toyota International Gymnastics Competition2017 P

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

【速報】豊田国際2日目 結果

平均台表彰

2017年12月10日(日)、スカイホール豊田(愛知県)で豊田国際の2日目が行われた。     この日は男子種目別後半3種目と女子種目別後半2種目が争われた。     男子は跳馬から行われたが、参加した外国人選手と日本の選手の競技力に大きな隔たりがあり、実質的に日本の選手間での戦いとなった。 優勝したのは、世界選手権で金メダルを取った時と同様に、シライ/キムヒフン(D5.6)とドリッグス(D5.2)をほぼミスなく決めて14.750を出した白井健三(日体大)だった。安里圭亮(相好体操クラブ)はリ・セグァン(D6.0)が低い着地になりラインオーバー、ヨー2( …

Read More »

【速報】豊田国際1日目 結果

あん馬の表彰台

2017年12月9日(土)、スカイホール豊田(愛知県)にて豊田国際の1日目が行われた。     豊田国際は種目別のみで争われる。この日は男子前半3種目と女子前半2種目が行われた。     男子ゆかは白井健三(日体大)が15.800を出し、大方の予想通りダントツの1位となった。細かなひねり不足や着地の1歩などはあったものの、伸身リ・ジョンソン(I)、リ・ジョンソン(H)から最後の後方伸身宙返り4回ひねり(F)まで、ほぼ文句の付けようのない実施だった。 2位は谷川航(順天堂大)の14.600だった。またオープン参加のため順位は付かなかったが、得点では佐藤巧( …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 全日本団体レポート、豊田国際、世界選手権報告会の発表

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/12/06を聴く Youtubeで聴く   ●全日本団体の結果 ●豊田国際 ●内村、豊田国際を欠場 ●コトブス国際の結果 梨本隆平 ●来秋の世界選手権NHK杯などで代表決定 ●GymnasticsNews 世界選手権報告会 2018/2/3(土) コワーキングスペース茅場町 Co-Edo 14:30開場、15:00開始 2時間~2時間半くらい 料金:3000 報告会後に親睦会(オプション)2時間程度 ¥2000 軽食、ソフトドリンク、サワー ●GymnasticsNewsサポーター募集中 【動画のコーナー】 …

Read More »