Home / Tag Archives: 豊田国際(Toyota International Gymnastics Competition) (page 3)

Tag Archives: 豊田国際(Toyota International Gymnastics Competition)

GymnasticsNews Radio Show 全日本団体レポート、豊田国際、世界選手権報告会の発表

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/12/06を聴く Youtubeで聴く   ●全日本団体の結果 ●豊田国際 ●内村、豊田国際を欠場 ●コトブス国際の結果 梨本隆平 ●来秋の世界選手権NHK杯などで代表決定 ●GymnasticsNews 世界選手権報告会 2018/2/3(土) コワーキングスペース茅場町 Co-Edo 14:30開場、15:00開始 2時間~2時間半くらい 料金:3000 報告会後に親睦会(オプション)2時間程度 ¥2000 軽食、ソフトドリンク、サワー ●GymnasticsNewsサポーター募集中 【動画のコーナー】 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show まもなく全日本団体。マスターズ動画の詳細解説

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/11/23を聴く Youtubeで聴く   ●全日本団体 ●豊田国際 ●コトブス国際 コトブス国際公式サイト ●体操の内村航平が日本人初の「ロンジン」アンバサダーに就任 【動画のコーナー】 ●2017全日本マスターズ 駒田孝光のゆか ●2017全日本マスターズ 市場俊之のゆか   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2016豊田国際 山室光史のつり輪

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

2016豊田国際 メルニコワのゆか

メルニコワ・アンジェリーナ

バク転で加速し、それを上手く宙返りの高さに変えている。着地で跳ね返されているが、いずれもラインオーバー手前で止めている調整力も見事だ。   《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 メルニコワの平均台

バランスを崩しかけているところが幾つかあるものの、閉脚スワンからのジャンプや切れのあるターンなど他の選手には見られない安定感がある。   《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 イグナチェフのつり輪

ニキータ・イグナチェフ

パワフルな力技を盛り込んだ上で、下り技にF難度の伸身新月面を持ってくるという質の高い演技である。 《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)

山室光史の平行棒

山室の平行棒はヤマムロ(棒下マクーツ;G)が入ったことで新たな得点源になった。2017年はこの平行棒を軸に、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても、国内での立ち位置を変えていくのではないだろうか。 Yamamuro (Basket to Makuts) by Koji Yamamuro. This new element made him a high scorer of PB.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒で解説》   Camera:Yasuhiko “NAN …

Read More »

2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり)

萱和磨のあん馬

やや安定性を欠く部分があるものの、Dスコア7.0を通し切るところは流石だ。ベルキの雄大なスイングや、亀山耕平の顔上げなど難度を超えたアピールポイントが加わるとさらに評価が上がるのではないだろうか。 Kazuma Kaya succeeded in his PH routine of D 7.0 in Toyota International Gymnastics Competition 2016 despite a little lack of stability.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱の …

Read More »

2016豊田国際 村上茉愛の平均台(スローあり)

村上茉愛の平均台

村上茉愛は当初、平均台の出場予定はなかったが、寺本明日香が足を負傷したため急遽、演技することとなった。しかしながら屈伸前宙(E)やスワンの連続など難度を上げた構成で見事に優勝した。フラついている部分もあるものの、全体的には安定感のある演技となっている。 Mai Murakami New Routine on Balance Beam in 2016 Toyota International Gymnastics Competition   《GymnasticsNews Radio Show 松山で飲み会する?神本雄也のつり輪&村上茉愛の平均台の演技解説で解説》   Cam …

Read More »

2016豊田国際 神本雄也のつり輪(スローあり)

神本雄也の中水平

多くの選手がスタミナのある前半に力技をやり、後半は振動系中心となる構成をとる。それに対して神本雄也選手の構成は力技と振動技がバランスよくミックスされており、つり輪の構成としては理想形のそれになっている。 またつり輪では組み合わせ加点はないものの、おそらく世界唯一と思われるオニール(伸身グチョギー;E)からほん転逆上がり中水平(E)の連続を取り入れ、難度を超えたオリジナリティーをアピールする構成となっている。 Yuya Kamoto Succeeded Rare & Unique Skills on SR in Toyota International Gymnastics Compet …

Read More »