Home / Tag Archives: 豊田国際(Toyota International Gymnastics Copetition)

Tag Archives: 豊田国際(Toyota International Gymnastics Copetition)

2017年(度)大会スケジュール追加

2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュールを更新しました。   以下の日程を追加しました。 8月8日~10日 第71回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ) 富山市総合体育館 11月11日〜11月12日 第12回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会 山梨・緑が丘スポーツ公園体育館 12月9日〜10日 豊田国際体操競技大会 愛知・豊田市総合体育館 2018年3月25日 第34回全国高校体操競技選抜大会 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 2018年3月27日 第18回全国体操小学生大会 大洗町総合運動公園体育館       Text : Masaru “T …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 松山で飲み会する?神本雄也のつり輪&村上茉愛の平均台の演技解説

GymnasticsNews Radio Show 2017/2/3を聴く   ○海外大会情報 ヒューストン国際ジュニア大会 オーストラリア国際 スタンフォード大対抗戦 アメリカンカップ   ○全日本学生体操連盟の平成29年度の計画が発表 ○高校選抜:松山で飲み会する? 松山市公式観光WEBサイト   【動画のコーナー】 2016豊田国際:神本雄也のつり輪 2016豊田国際:村上茉愛の平均台   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2016豊田国際 杉原愛子の平均台

杉原愛子の平均台

多少バランスを崩しかけているところはあるものの、全体的に安定感が高い実施となっている。新技の脚持ち2回ターン(E)に留まらず新しい技をどんどん取り入れており来シーズンが楽しみだ。   《GymnasticsNews Radio Show 体操をサッカーと同等に!?新FIG会長渡辺氏の構想とは。で解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa

Read More »

王者の風格 〜 クリスチャン・ベルキ

王者ベルキ (berki krisztián)

全ての観客と選手及び関係者、報道陣が見つめる中、王者ベルキは雄大な開脚スイングから演技を開始した。       最初のセア倒立で片手がポメルから落ちてしまったが、落ち着いて戻し、振り下ろして身体を回し始める。     クリスチャン・ベルキは身長178cm。体操のトップ選手としては異例の体格ながら、2010年から2012年と2014年のオリンピック及び世界選手権で4度あん馬の金メダルに輝いている。 2015年の肩の手術後しばらくトップ戦線から離れていたが、やっと我々の前に戻ってきてくれた。     ベルキのあん馬はその長い手足 …

Read More »

2016豊田国際 クリスチャン・ベルキのあん馬

ベルキのあん馬

178cmの長身ながら正確な技さばきと美しい体線を最後まで維持している。 まさにあん馬の王者に相応しい演技だ。   【コラム】王者の風格 〜 クリスチャン・ベルキ 《GymnasticsNews Radio Show 体操をサッカーと同等に!?新FIG会長渡辺氏の構想とは。で解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙

GymnasticsNews Radio Show 2016/12/16を聴く ○豊田国際 ○日本体操競技・器械運動学会   【動画のコーナー】 2016豊田国際:ゆかの3回宙返り 2016豊田国際:つり輪の3回宙返り下り   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Podcast: Download

Read More »

2016豊田国際 つり輪の3回宙返り下り【スローモーション付】

クレッシンク・ニック

  2016年豊田国際でクレッシンク・ニック(ドイツ)が行ったつり輪の後方かかえ込み3回宙返り下り(F)。 着地で片足が後ろに1歩出てしまっているが、実施されることが少ないつり輪の3回宙返り下りとしては比較的まとまっている。来年から採用される新ルールでは全般的に3回宙返りの難度が上がるため、今後は見られる機会が増えるかもしれない。   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa 《GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙で解説》

Read More »

2016豊田国際 ゆかの3回宙返り【スローモーション付】

ランキン・ドミトリー

  2016豊田国際でランキン・ドミトリー(ロシア)が行なったゆかの後方かかえ込み3回宙返り(リューキン;G)。 ゆかの3回宙自体めったに見ることができないが、それをバク転を挟まずロンダートのみで行なっている点が非常に珍しい。残念ながら着地の際の体の開きが早すぎて両手を着いてしまっているが、着地を取れるだけの高さは十分ある。 Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa   《GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙で解説》

Read More »

村上茉愛が2種目で優勝!平行棒は山室 ー 2016豊田国際2日目 結果

村上茉愛

2016年12月11日(日)、前日に引き続き愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で豊田国際の2日目が行われた。     女子は平均台とゆかの2種目が行われ、いずれも村上茉愛(日体大)が制した。     平均台では前方屈伸宙返り(E)と、後転跳び(B)〜スワン(C)〜スワンの3連続を入れた構成に挑戦した。これまで練習でも成功したことがなかったが、本番で初成功し、平均台で唯一の14点台を出しての優勝となった。     杉原愛子(朝日生命)は初めて取り入れた後方伸身宙返り上がり(E)での落下が響き、4位に終わった。   &n …

Read More »

王者ベルキがあん馬を制す。つり輪は神本が初優勝 ー 2016豊田国際1日目 結果

つり輪で優勝した神本雄也

2016年12月10日(土)、愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で豊田国際1日目が行われた。     この日、男子はゆか、あん馬、つり輪の種目別が争われた。 ゆかは白井健三(日体大)がH難度の伸身リ・ジョンソンを入れたD7.7の構成で16.375を出し、2連覇を果たした。2位の加藤凌平(コナミスポーツ)に1.150の大差をつける圧勝だった。     2013年の世界選手権で白井と共に後方宙返り4回ひねりを成功させたニュエン・トゥアン・ダット(ベトナム)は4回ひねりを行わず、14.300で3位となった。 また昨年の豊田国際で白井と共に伸身リ・ジョン …

Read More »