Home / Tag Archives: 跳馬(VT)

Tag Archives: 跳馬(VT)

【速報】全日本体操種目別選手権男子トライアル 結果

20170408亀山耕平 トライアル

2017年4月8日(土)、東京体育館にて全日本種目別男子トライアルが行われた。   種目別トライアルに参加したのは前日の全日本個人総合予選の出場権がないものの、6月に行われる全日本種目別選手権の予選への出場を希望するスペシャリスト達だ。全日本個人総合予選とこの種目別トライアルを合わせた各種目上位24名が全日本種目別予選への出場権を得る。   世界選手権の金メダリスト亀山耕平(徳洲会)がトライアルでその力を爆発させた。抜群の安定感で、前日の個人総合予選を含めてあん馬唯一の15点台である15.250をマークし、種目別予選への切符をしっかりと手にした。     …

Read More »

オーストラリア国際決勝2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝2日目ハイライト。 跳馬で白井健三1位、谷川航3位。平行棒で白井2位。鉄棒で白井1位、齊藤優佑3位。鉄棒では齊藤優佑のカッシーナ(E)〜コバチ(D)の連続が見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

クリスチャン・ベルキ

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝1日目ハイライト。 ゆかで白井健三が優勝、谷川航(順天堂大)が3位。あん馬はベルキ(ハンガリー)が、つり輪は中国が圧倒的な力を見せつけた。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際予選2日目ハイライト

齊藤優佑

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)予選2日目ハイライト。 白井健三が跳馬で新しくシェルボ跳び2回ひねり(ロンダート、1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回ひねり;D5.4)に挑戦している。非常に珍しい跳び方だ。 また齊藤優佑(徳洲会)のコールマン(E)〜抱え込みゲイロード2(D)の連続も見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際予選1日目ハイライト

白井健三

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)1日目ハイライト。 新ルールで行われており白井健三(日体大)がゆかで、山室光史(コナミスポーツ)があん馬で新しい構成にチャレンジしている。

Read More »

GymnasticsNews Radio Show オリンピック、インターハイ、全日本ジュニア振り返り

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/8/27 ●オリンピック振り返り ●インターハイ振り返り ●全日本ジュニア振り返り ●全日本シニア2部(マスターズ)取材に行きます 日程  班編成 会場 エスフォルタアリーナ八王子 ●GymnasticsNewsを手伝ってくれる方、募集 【動画のコーナー】 全日本ジュニア 湯浅賢哉の平行棒 全日本ジュニア 中川将径のゆか Podcast: Download

Read More »

異次元への挑戦2:男子跳馬種目別

シライ/キムヒフン

これまで見た3回宙返りの中で一番驚いたのは大学の頃。 どこかの体育館の片隅で、ごく内輪の宴会のような雰囲気で行われた大会の審判をやらされていた時に、東京の大学帰りという選手が行った鉄棒の3回宙だった。 こんな誰も知らない小さな大会で3回宙が飛び出すとは思ってもみなかった。   体操競技で初めて3回宙返りを行ったのは旧ソ連の故ニコライ・アンドリアノフである。1974年に鉄棒で発表された。その後、つり輪、ゆか、跳馬でも行われるようになり、屈伸やひねりを加えたものまで出てきた。 それでも4回宙は出なかった。旧ソ連だったかロシアだったか、鉄棒の4回宙返りを練習しているという話を遠藤幸雄さん( …

Read More »

異次元への挑戦:女子跳馬種目別

チュソビチナ

男女とも跳馬が他の種目と大きく異なるのは、1演技につき1つの技しか行わない点だ。そのため跳馬では技1つ1つにDスコアが付けられており、難度というものは存在しない。 ではその跳馬の技の中で最もDスコアが高い技は何か? シライ/キムヒフン?いやこの技はD6.0だ。実は今の男子跳馬の技の中では取り立ててDスコアは高くない。 リ・セグァン2?ロペスハーフ?どちらも男子跳馬では最高のD6.4だが、これらは「男女含めて」最高ではない。 実は男女含めてDスコアが最も高い技は女子跳馬のプロドノワ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D7.0)である(日本時間2016年8月15日時点※)。 男子がやるとローチェと …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show オリンピック直前だけどインターハイも、五輪観戦BOOK、田中和仁引退

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/7/29 ●ずいぶん時間がたったけど全日本種目別を振り返る ●リオ五輪 ●リオ五輪観戦BOOK ●田中和仁選手引退 ●インターハイ初取材に行きます   【動画のコーナー】 内村が種目別鉄棒で予定しているはなれ技3連続の3つ目の技 ゲイロード2 ゲイロード Podcast: Download

Read More »

豊田国際1日目 ダイジェスト動画

2015年12月12日、豊田国際体操が愛知県のスカイホール豊田で開催された。 男子ゆかでは白井健三が新技の伸身リ・ジョンソンを披露。ラインオーバーはあったものの15.700で2年ぶりの金メダルを獲得。 女子跳馬ではロシアのマリア・パセカがアマナール(伸身ユルチェンコ2回半ひねり)を決め優勝、村上茉愛は2位となった。 段違い平行棒では先だって行われた世界選手権の種目別で金メダルを獲得したスピリドノワ(ロシア)が実力を発揮し、不安定な着地ながら今回も金メダルの栄誉に輝いた。 つり輪は日本の第一人者、山室光史が見事、金メダルを獲得し存在感を見せた。また2位に小倉佳祐が入った。   Vide …

Read More »