Home / Tag Archives: 跳馬(VT) (page 3)

Tag Archives: 跳馬(VT)

カルマカルのプロドノワ(跳馬の3回宙返り)

カルマカル(インド)のプロドノワ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D7.0) やや突っ込み気味で着手してしまい、高さ不足になっているが、それでも回転不足にはならず足から着地しているところが素晴らしい。    

Read More »

チュソビチナのプロドノワ(跳馬の3回宙返り)

チュソビチナ(ウズベキスタン・朝日生命)のプロドノワ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D7.0) 尻もちになってしまっているものの、着手の際に身体がしっかり伸びている。    

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/8/14公開

GymnasticsNews Radio Show 2015/8/14 ○アジア選手権の結果 ○インターハイの結果 ○世界選手権の予定、演技順   【動画のコーナー】 ○山室の棒下マクーツ ○マクーツ ○カルマカル:女子跳馬のローチェ  

Read More »

ディパ・カルマカル(インド)女子跳馬のローチェ

女子の跳馬のローチェ(3回宙=前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D7.0)は、採点規則に掲載されているものの、世界選手権やオリンピックでもほぼ実施されることがない幻の技である。 種目別跳馬では2本の平均点が得点になるが、もう1本が伸身ツカハラ1回ひねり(D5.2)と、得点力が弱いのが非常に惜しい。 もう1本の難度が上がれば、世界選手権などでのメダルも考えられる。    

Read More »

跳馬:ヨー2とリー・シャオペン

リー・シャオペン

第2空中局面の動作が同じであるため、現在の種目別のルールではこの2本を跳ぶと減点になるが、当時はその制限はなかった。 ヨー2、リー・シャオペンのどちらも素晴らしい実施である。 (Gymnastics News RadioShow 2014/09/05公開で紹介)

Read More »

GymnasticsNewsオリジナル壁紙【跳馬】

GymnasticsNewsをスタートさせて以来、愛用のMacで編集作業などをやるんですが、 ふと・・・・”GymnasticsNewsオリジナル壁紙”が欲しいなぁと思いつきました(笑。 そこで、カメラマンのきたざわ君にお願いして、写真をピックアップしてもらい、”GymnasticsNewsオリジナル壁紙”をつくっちゃいました!!。 折角のなので新年のお年玉としてGymnasticsNewsを楽しみにしてくださっている皆さんにプレゼントいたしますので、是非、ご愛用のパソコンに使ってみてください。 第1弾は”跳馬”。 肖像権の問題などがあるので選手の写真は難しいですが、少しでも体操の雰囲気を感じ …

Read More »

2013リューキン国際 跳馬 田浦誠也

Read More »

2013リューキン国際 跳馬 倉島大地

Read More »

プライドをかけて 男子跳馬優勝 キム・ヒフン

キム・ヒフン(Kim Hee Hoon)

白井健三と共にユルチェンコ3回ひねりを発表し、白井健三と共に技に自らの名が付いたキム・ヒフン。 しかし世界選手権種目別では予選敗退と振るわぬ結果に終わった。 一方、白井健三は種目別決勝で4位。 再び白井健三と相まみえる豊田国際は、己の名に代えても負けられない一戦だった。 1本目はヨー2。実施減点も少なく見事な実施。 そして2本目はシライ/キムヒフン。ややつまり気味だが、大過失無く上手くまとめた。 勝利の女神はキム・ヒフンに微笑んだ。白井健三が2本とも跳躍を失敗し、キム・ヒフンの優勝だった。 世界選手権の敗戦を見事に雪辱した一戦だった。 TEXT : MASARU “Taroken& …

Read More »

動き始めた時間 跳馬 山室光史

山室光史(KONAMI)が試合で跳馬を飛んだ。 オリンピックで負傷したその足は、しっかりと着地を決めたのだ。1本目のドリッグスはピタリと止まり、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が上がった。 2本目の前転とび前方伸身宙返り2回ひねりこそ尻もちをついてしまったが、その演技に誰もが笑顔になったはずだ。「復帰を早めたということもあって、痛みを伴いながらの試合だったので精神的にキツイ部分はあった」とその道のりは平坦ではなかったが、世界選手権でもメダルこそ逃したが、結果には満足している。そしてこの日の跳馬の演技にも納得はしている。 復帰を果たした1年を終え、山室は自分の体操を取り戻しつつある。「体も治っ …

Read More »