Home / Tag Archives: 跳馬(VT) (page 4)

Tag Archives: 跳馬(VT)

2013リューキン国際 跳馬 倉島大地

Read More »

プライドをかけて 男子跳馬優勝 キム・ヒフン

キム・ヒフン(Kim Hee Hoon)

白井健三と共にユルチェンコ3回ひねりを発表し、白井健三と共に技に自らの名が付いたキム・ヒフン。 しかし世界選手権種目別では予選敗退と振るわぬ結果に終わった。 一方、白井健三は種目別決勝で4位。 再び白井健三と相まみえる豊田国際は、己の名に代えても負けられない一戦だった。 1本目はヨー2。実施減点も少なく見事な実施。 そして2本目はシライ/キムヒフン。ややつまり気味だが、大過失無く上手くまとめた。 勝利の女神はキム・ヒフンに微笑んだ。白井健三が2本とも跳躍を失敗し、キム・ヒフンの優勝だった。 世界選手権の敗戦を見事に雪辱した一戦だった。 TEXT : MASARU “Taroken& …

Read More »

動き始めた時間 跳馬 山室光史

山室光史(KONAMI)が試合で跳馬を飛んだ。 オリンピックで負傷したその足は、しっかりと着地を決めたのだ。1本目のドリッグスはピタリと止まり、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が上がった。 2本目の前転とび前方伸身宙返り2回ひねりこそ尻もちをついてしまったが、その演技に誰もが笑顔になったはずだ。「復帰を早めたということもあって、痛みを伴いながらの試合だったので精神的にキツイ部分はあった」とその道のりは平坦ではなかったが、世界選手権でもメダルこそ逃したが、結果には満足している。そしてこの日の跳馬の演技にも納得はしている。 復帰を果たした1年を終え、山室は自分の体操を取り戻しつつある。「体も治っ …

Read More »

未来への敗戦 男子跳馬 白井健三

再び訪れた直接対決で白井健三(岸根高校)は敗れた。 世界選手権でその技を成功させたものは2名いる。白井と韓国のキム・ヒフンだ。この時は実施の美しさで白井が勝ったが今回は惨敗だった。 1本目に跳んだシライ/キム・ヒフンで尻もちをつくと2本目のドリッグスでも尻もちをつき13.912で10位。優勝したキム・ヒフンに1点以上の差をつけられてしまった。世界選手権で一躍有名となった白井は練習時間が減り、さらに腰痛も発症。わずかな狂いが命取りとなる体操競技において、その代償は大きかった。 そんな怒涛の1年を振り返り、「今年はゆかと跳馬でいい結果が出た一方で、個人総合でしっかり点数を取るという課題も見つかった …

Read More »

DTBカップ 山本雅賢(徳洲会) 跳馬

Read More »

DTBカップ 岡準平 (日本体育大学) 男子跳馬

Read More »

DTBカップ 池尻俊也(日本体育大学) 跳馬

Read More »

「失敗しない男」が崩れ落ちた日

内村が「失敗しない強さ」と評する加藤凌平。 「僕と凌平が役割を果たせば勝てる」と言う野々村笙吾。 Wエースが昨年の覇者、順天堂大を引っ張る。狙うは2連覇だ。 しかし崩れたのは加藤凌平だった。 跳馬の高難度技ロペスで着地が取れず崩れ落ちるように失敗。 「体が動きすぎて助走でスピードが出すぎた」と好調をアピールするが、 盤石の体制で首位奪還を狙ってきたコナミによる無言のプレッシャーは無関係ではないだろう。 そして負の連鎖か、野々村笙吾が得意の平行棒で落下。さらに鉄棒の降り技でトップバッターの吉岡が着地で両手をついてしまう。 終わってみれば日体大にも抜かれまさかの3位という結果に。 辛酸をなめた順天 …

Read More »

新たな息吹 女子跳馬優勝 村上茉愛

村上茉愛 こんなに着地をキレイに決める女子選手はいただろうか。 女子の着地は、一歩足を出すのが当たり前となっている。それも演技のうちだ、と。 しかし村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)の着地はピタリと止まる。 村上が1本目に行ったユルチェンコ2回ひねりは現在日本女子ができる1番高難度の技だ。 その技を、「成功させる」ではなく「着地を止めに行く」ことを意識して演技できるのはおそらく村上だけだ。2本目の伸身ツカハラとび1回ひねりも成功させると笑顔がこぼれ、跳馬では初めてとなるタイトルを手にした。 TEXT:CHIHARU ABE

Read More »

リ・セグゥアン 種目別 跳馬

Read More »