Home / Tag Archives: NHK杯(NHK Trophy)

Tag Archives: NHK杯(NHK Trophy)

【速報】NHK杯 男子結果

記者会見

2018年5月20日、各地が人手で賑わう日曜日に、満杯の観客が集まった東京体育館でNHK杯の男子競技が行われた。     4月に行われた全日本個人総合では谷川翔(順天堂大)が初優勝、白井健三(日体大)が2位、内村航平(リンガーハット)が3位という結果になり、その得点を持ち越して争う今大会で上位2名が世界選手権代表となる。 はたして世代交代が起きるのか、それとも内村が逆転して代表入りを決めるのか。否が応でも注目が集まる大会となった。       第一種目のゆかでは予想通り、白井健三が15点台のスタートダッシュを決める。内村もまずまずの出来栄えで谷 …

Read More »

【速報】NHK杯 女子結果

世界選手権代表候補

2018年5月19日(土)、東京体育館でNHK杯女子競技が行われた。     これまでの全日本個人総合予選/決勝の得点にNHK杯の得点を加えた合計点の上位6名が、今年10月にドーハ(カタール)で行われる世界選手権の代表候補に選ばれる。そのため、上位選手でも全く気が抜けない、ピリピリした緊張感の中で試合は進められた。 特に上位6名で構成される1組では、出だしの跳馬から0.1を競う戦いとなり、みなが着地を狙ってくるという極限の勝負となった。       跳馬は各々が持てる技をしっかりと決めて、2種目目の段違い平行棒に駒を進めた。   &n …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show どうなるNHK杯?タロケンは2種審判に。北澤はSONYプロ会員に

畠田瞳

GymnasticsNews Radio Show 2018/5/17(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show どうなるNHK杯?タロケンは2種審判に。北澤はSONYプロ会員に」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!)   ●どうなるNHK杯 ●第15回アジアジュニア体操、男女とも団体2位 第15回アジアジュニア体操種目別決勝、橋本が2冠 ●タロケンの審判資格が2種になりました。 ●北澤がソニーのプロカメラマン会員になりました。   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitaza …

Read More »

【速報】NHK杯 試合前会見&会場練習

内村会見

2018年5月18日、翌日のNHK杯を控えた東京体育館で会場練習と試合前記者会見が行われた。     会場では、日本のトップ選手達が思い思いに練習に取り組む姿が見られた。           男子記者会見では、現在トップを走る谷川翔は「追われる立場ではあるが挑戦者の気持ちを忘れずに試合に臨みたい。世界選手権の代表に入りたい気持ちはあるが、それよりも自分のいい演技を出したい。」と語った。 また現在3位の内村航平(リンガーハット)は「NHK杯の連覇に拘らず、2位でもいいので世界選手権の代表入りを果たしたい」と代表入りへの強い意欲 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show NHK杯結果、高校選抜の平行棒を解説

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/6/10を聴く   ●第56回NHK杯の結果 ●知念侑李、世界体操のプレゼンター 父はバルセロナ五輪の銅メダリスト   知念孝   ●インターハイ手伝ってくれる方募集   ●GymnasticsNewsサポーター募集   ●タロケンの初?審判 静岡県選手権     【動画のコーナー】   2017高校選抜:鈴木茂斗の平行棒 14.150 5D 3C 2A 2.0+0.9+0.2+2.0=D5.1 E9.050   2017高校選抜:杉本海誉斗の …

Read More »

内村圧勝の陰に潜む危機感と希望

NHK杯は内村航平(リンガーハット)の9連覇で幕を閉じた。体調が万全ではなく、全体的に難度を下げて臨みながらも、ミスのない演技で連覇を果たしたその姿は、まさしく王者だった。2位、白井健三(日体大)との差はわずかに0.350。だが、「小さな点差の中に大きな壁を感じている」という白井の言葉どおり、内村と白井の間には簡単には埋まらない差があるように感じた。また、3位、田中佑典(コナミスポーツ体操競技部)と白井との差が0.750。田中佑がミスのない演技をしていれば、この順位は変わっていたのではないかとも思える。2位以下の選手たちは、1つ1つのミスが命取りとなるが、内村に関しては自身の持つ技を出すことが …

Read More »

【速報】2017NHK杯 男子結果

5月21日、前日の女子に続き、男子のNHK杯が東京体育館で行われた。 連覇を目論む内村航平(リンガーハット)とそれを阻止し、さらに世界選手権への切符をつかもうと、田中佑典(コナミスポーツ体操競技部)、白井健三(日体大)らが熱い戦いを繰り広げた。   決着がついたのは最終種目。内村が逆転で白井を下し、NHK杯9連覇を果たした。「6種目で集中力を切らさずに、全日本後からやってきたことができた」と納得の表情。そんな内村と対照的だったのは、3位の田中佑だ。持ち点で2位につけた田中佑だったが、「反応良く動く体を制御し切れなかった」と第一種目のゆかで13.500と出遅れ、徐々に調子を戻すも、後半 …

Read More »

【速報】2017NHK杯 女子結果

2017年5月20日、東京体育館で女子NHK杯が行われた。     4月に行われた全日本時個人総合の得点を持ち点とし、この日行われた大会との合計点でNHK杯の順位が決まる。また上位2名は今年、カナダのモントリオールで行われる世界選手権の代表となる。     スタート時点の持ち点で2位の杉原愛子(朝日生命)に2点の差をつけている村上茉愛(日体大)は、今大会でもその盤石ぶりを見せつけた。 第一種目の跳馬では伸身ユルチェンコ2回半ひねり(D5.8)こそ温存し2回ひねり(D5.4)に留めたものの、14.700の好発進で波に乗る。そしてそのまま最終種目のゆかまで、 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show NHK杯の見どころ解説、亀山耕平オフィシャルサイト開設!

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/5/17を聴く   ●第56回NHK杯   ●亀山耕平オフィシャルサイト   ●インターハイ手伝ってくれる方募集       【動画のコーナー】   2017高校選抜:梶田凪の跳馬   2017高校選抜:梶田凪の段違い平行棒     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】第55回NHK杯2016男子 結果

加藤凌平の鉄棒

2016年5月5日、東京・代々木第一体育館で第55回NHK杯の男子競技が行われた。     優勝は内村航平(コナミスポーツ)で、NHK杯8連覇となった。内村は4月の全日本個人総合での不調を払拭する圧巻の演技を披露。最終種目の鉄棒では大観衆が見守る中、完璧な着地を見せ今大会トータル93.350、全日本個人総合との総合計184.650で圧勝となった。     熾烈を極めたのはリオデジャネイロ・オリンピック代表入りがかかっている2位争いだった。     全日本個人総合で加藤凌平(コナミスポーツ)を抜いて2位に躍り出た白井健三(日体大)が2種 …

Read More »