Home / Report / 2018全日本個人総合 / 全日本個人総合女子決勝 鉄壁の優勝

全日本個人総合女子決勝 鉄壁の優勝

都内で夏日を記録した2018年4月29日、東京体育館では屋外にも負けない熱い女子の戦いが繰り広げられていた。

 

全日本個人総合トロフィー
体操女王の座を射止めるのは村上茉愛か、それとも他の選手か?

 

前々日の予選の結果により、上位選手で構成される1組はオリンピック/世界選手権代表経験者の村上茉愛(日体大)、寺本明日香(ミキハウス)、杉原愛子(朝日生命)、宮川紗江(エンジョイ)の4名に、高校生で代表入りを狙う畠田瞳(セントラル目黒)と梶田凪(山梨ジュニア)を加えた6名となった。

 

全日本個人総合のカメラマン
いつにも増して注目度が高い全日本個人総合。撮影エリアはカメラマンで埋め尽くされている。

 

今年の全日本個人総合は予選と決勝の合計点で争われる。予選終了時点で1位の村上茉愛と2位の寺本明日香の点差は0.601、絶好調の村上に対して寺本は足首の怪我を抱えいる。今大会は足首に負担がかからない最低限の構成で臨む。

予選3位で通過した新世代の一人、畠田瞳と村上との差は2点。村上に大過失でも出ない限り、追いつくのは難しい点差だ。

第一種目の跳馬、村上は磨きのかかった伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)で14.800の高得点。さらに難度の高いチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)を跳ぶ宮川紗江が辛うじてそれを上回るものの、他の選手は追いつくことができない。

 

村上茉愛の段違い平行棒
マロニー(D)〜ギンガー(D)、屈伸イエガー(E)、イエガー(D)とはなれ技を畳みかける村上茉愛の段違い平行棒。

 

畠田瞳の段違い平行棒
段違い平行棒を得意としている畠田瞳。村上の得点を上回って見せた。

 

梶田凪のフット伸身トカチェフ
世界でも他にこの技ができるのはロシアのエレナ・エレミナくらいか?梶田凪のフット伸身トカチェフ。

 

第二種目の段違い平行棒、村上にとっては得点源となる種目ではないものの、マロニー(D)〜ギンガー(D)の連続技を成功させると、安定感のある演技で13.766とまずまずの点を出す。この種目を得意とする畠田瞳が13.966と村上を抜いて見せ、梶田凪が世界的にも珍しいフット伸身トカチェフ(G)からパク宙返り(D)の連続を成功させるも、脚の開きなどの減点があり村上の得点には追いつけない。

 

村上茉愛の平均台
村上はジャンプ、ターンも丁寧にこなしノーミスで平均台を切り抜けた。

 

寺本明日香の平均台
足首の負傷に耐えながらも、最後までノーミスで通した寺本明日香の平均台。非常に安定している。

 

梶田凪の平均台
F難度の後方伸身宙返り上がりで上がる梶田凪。この種目に限らないが、梶田の演技からは、難度を上げてトップに食い込もうという意志がひしひしと伝わってくる。

 

第三種目の平均台は、予選で村上がバランスを崩すミスを出した種目だ。また減点が大きく、他の選手にとっても勝負の分かれ目となる。

村上は一人目の演技者となったが、予選のミスも修正し、落ち着いた実施で13.300とこの種目トップの得点を叩き出した。村上以外に13点台に乗せられたのは寺本明日香の13.233のみで、他は12点台以下に留まった。

 

宮川紗江のゆか
伸身ムーンサルト(H)、シリバス(H)とアクロバットの難度では村上に引けを取らない宮川紗江だが、ゆかの世界王者に追いつくのは容易ではない。

 

杉原愛子のゆか
宮川紗江に次いで高得点を出した杉原愛子。

 

あとは村上が世界を取ったゆかを残すのみ。最早、逆転の可能性は微塵もない。宮川紗江が13.766と好得点を出すものの、2位で追いかける寺本明日香が最後の屈伸ダブル(E)で尻餅を次いた時点で勝負あった。

最終演技者となった村上はシリバス(H)、伸身ダブル(F)と高難度のアクロバットを披露しつつ、自信あふれるダンスとジャンプで場内の視線を一身に集める。村上の曲が止まると、もはや得点を見るまでもなく誰もが村上の強さを再認識した。

 

村上茉愛のゆか
村上のゆかが終わった時点で、村上の3連覇は疑いようもなかった。

 

この日の得点だけで2位の寺本との差は3点近く、2日間の合計得点では、さらに順位が下がる毎に1点以上の点差が付いていく。村上の圧勝だった。

試合後の記者会見で村上は「2位以下にどれくらいの点差をつけられるかが課題だった」と語った。

 

女子表彰台
村上が安定の3連覇、2位は寺本明日香、3位に新世代の畠田瞳が入った。

 

5月19日に行われるNHK杯では、ここまでの得点に加えた3試合の合計点で順位が争われ、上位6名が世界選手権の代表候補に選ばれる。しかしそこで話題になるのは、2位以下が誰なのか、ということだろう。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link

Check Also

谷川翔

全日本個人総合男子決勝 誰も予想していなかった勝者

2018年4月29日、東京体育 …