Home / Report / 2018NHK杯 / 【速報】NHK杯 男子結果

【速報】NHK杯 男子結果

2018年5月20日、各地が人手で賑わう日曜日に、満杯の観客が集まった東京体育館でNHK杯の男子競技が行われた。

 

東京体育館
3階の上の方までお客さんが入った東京体育館。2階は立ち見が出るほどだ。

 

4月に行われた全日本個人総合では谷川翔(順天堂大)が初優勝、白井健三(日体大)が2位、内村航平(リンガーハット)が3位という結果になり、その得点を持ち越して争う今大会で上位2名が世界選手権代表となる。

はたして世代交代が起きるのか、それとも内村が逆転して代表入りを決めるのか。否が応でも注目が集まる大会となった。

 

白井のゆか
ゆかのあと観客席に向かってガッツポーズする白井健三

 

ゆかの後の内村
ゆかを無事に終えた後、ほっとしたような表情を見せた内村航平

 

第一種目のゆかでは予想通り、白井健三が15点台のスタートダッシュを決める。内村もまずまずの出来栄えで谷川翔を上回って見せた。

 

谷川翔のベルキ
今回はバランスを崩したが、国内では他にほとんど使い手がいないベルキ

 

あん馬では谷川翔がベルキ(ポメル上での開脚旋回シュピンデル;E)の直後に危うい場面があったが、持ちこたえてギリギリ14点台に乗せてきた。内村は安定した演技で14.200だ。白井も無難にこなすが13点台に留まる。

この時点では白井がトップ、0.4点差で谷川翔が、さらに0.3点差で内村が追いかける。

 

谷川翔のつり輪
つり輪でトップに躍り出た谷川翔

 

つり輪では内村と谷川翔が共に14点前後、白井はやはり13点台。ここで白井のゆかでの貯金がなくなり、谷川翔がトップに出て、0.2点差で内村と白井が同点となる。

 

白井の跳馬
シライ/キムヒフンで白井が再びトップに。

 

内村の跳馬
着地をピタリと止めた内村のシューフェルト

 

しかし次の跳馬で白井はこれまでの分を取り返しに来る。シライ/キムヒフン(D5.6)で14.833をマーク。内村はシューフェルト(D5.2)、谷川翔はドリッグス(D5.2)を見事に決めるが、白井が再びトップに返り咲いた。0.2点差で谷川翔、さらに0.1点差で内村と僅差の中で目まぐるしく順位が変わる。

 

谷川翔の平行棒
谷川翔の、高さのある爆弾カット(前方宙返り開脚抜き腕支持;D)

 

内村の平行棒
内村の美しいヒーリー(D)

 

次は谷川翔が得意とする平行棒だ。トップバッターでありながら、美しい体線と丁寧な裁きで15.033の高得点を出し、内村と白井にプレッシャーをかける。内村と白井は14点台半ばとなり、谷川翔がトップで最終種目の鉄棒を迎えることとなる。

 

内村のカッシーナ
どのはなれ技もぴったりの位置でキャッチする。この日の内村の鉄棒は神がかっていた。

 

まずは内村が演技。屈伸コバチ(E)、カッシーナ(G)、コールマン(E)をほぼ完璧な位置でキャッチすると、ノーミスのまま着地をピタリと止めて会場がどよめく。審判が時間をかけて出した点は14.966。これに再び会場がどよめく。最近の鉄棒では滅多に見られない高得点だ。

 

白井のコバチ
内村の直後の演技だったが、落ち着いて着地まで決めた白井健三

 

このあと白井もポゴレロフ(伸身イエガー1回ひねり;F)、コバチ(D)、ヤマワキ(D)のあと着地をピタリと止めるが14.066。これで内村の代表入りは決まった。

最後は谷川翔の演技を残すのみだ。アドラー(C)で大逆手になると白井と同じポゴレロフ。鉄棒をキャッチしたかに見えたが、真下に来ると両手がすっぽりと外れた。鉄棒と一緒に、世界選手権代表入りが谷川翔の手から遠のいていった。

 

谷川翔の鉄棒
谷川翔は落下の後もなんとか最後まで力を振り絞って演技した。

 

緊張の糸がプツリと切れたかのように、その後再開した演技でもひねり技で大きくバランスを崩し、着地した後はガックリと項垂れた。本当に悔しい落下だった。

 

谷川翔
鉄棒を終えた後、悔しそうな表情を浮かべる谷川翔

 

この結果、世界選手権代表は1位の内村航平と2位の白井健三に決まった。3位には萱和磨(順天堂大)が入り、谷川翔は4位だった。気がつくと5位に兄の谷川航(順天堂大)が迫っていた。

 

内村NHK杯
全日本個人総合は逃したものの、NHK杯はしっかりと手にした内村航平

 

記者会見
内村が記者会見でこれほど喜びを露わにすることは昨年まではなかった。

 

またNHK杯は内村の10連覇となった。記者会見で内村はこう語った。「やっと自分の場所に戻ってこれたような気がする」

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link

Check Also

世界選手権代表候補

【速報】NHK杯 女子結果

2018年5月19日(土)、東 …