Home / Report / 2018国体関東ブロック予選 / 【速報】国体2018関東ブロック予選

【速報】国体2018関東ブロック予選

2018年8月25日(土)、日立市池の川さくらアリーナ(茨城県)にて、国体の関東ブロック予選が行われた。

 

国体関東ブロック予選2018 池の川さくらアリーナ
東日本大震災で被災した市民運動公園中央体育館を改築し、2016年に完成したばかりの日立市池の川さくらアリーナ

 

この国体関東ブロック予選には東京都、埼玉県、茨城県、千葉県、群馬県、栃木県、神奈川県、山梨県の代表が出場し、少年男女と成年男女で争われる。成年男子は上位2チーム、成年女子は上位1チーム、少年男子と少年女子はそれぞれ上位6チームが予選通過となる。

団体総合のみが争われ、5-5-4制で行われる。

また成年男女はこれと兼ねて関東体操競技成年選手権大会が実施され、団体総合、個人総合、種目別が争われる。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
千葉県は跳馬からスタート

 

午後から行われた成年男子には、今大会を含めて残り3大会での引退を表明している齊藤優佑(徳洲会体操クラブ)が、千葉県代表として出場した。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
中川将径、湯浅賢哉、前川岳楼(日体大)、鈴木茂斗(順天堂大)とのチームでこの大会に臨む。

 

湯浅賢哉、中川将径(共に順天堂大)らとチームを組み、跳馬から演技を開始した。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
平行棒では手堅い演技でチームに貢献するとともに種目別でも3位に。

 

跳馬は足の怪我で以前のような大技は見せなくなったものの、平行棒ではベテランらしく安定感のある実施で種目別3位の得点を出した。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
得意の鉄棒では、はなれ技を惜しみ無く披露し最高得点をマーク。

 

得意の鉄棒ではカッシーナ(G)、コールマン(E)などの大技を鮮やかに決めて種目別最高得点をマークした。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
あん馬でも手堅く得点を積み重ねる。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
つり輪では若いチームメイトにベテランの力強さを見せつけた。

 

あん馬やつり輪でも着実に得点を積み上げてチームに貢献した。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
普段組むことのない後輩たちとも笑顔を絶やさない。

 

結果的には2位の茨城県に4.100の大差をつけて千葉県が予選トップ通過を果たした。

 

中川将径 順天堂大学 千葉
個人総合でトップに立ったチームメイトの中川将径。

 

湯浅賢哉 順天堂大学 千葉県
個人総合2位となった湯浅賢哉。市立船橋高校出身の齊藤優佑にとっては高校の後輩でもある。

 

前川岳楼 日本体育大学 千葉
日体大出身の齊藤優佑にとって前川岳楼は大学の後輩にあたる。

 

また個人総合でも1位の中川将径、2位の湯浅賢哉についで3位に入った。

 

佐藤巧 徳洲会体操クラブ 茨城県
開催地である茨城県からは盟友、佐藤巧(徳洲会体操クラブ)の姿も。

 

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県
6種目目のつり輪を終えてガッツポーズも飛び出た。

 

次に齊藤優佑の演技が見られるのは9月15日(土)に北九州市立総合体育館で行われる全日本シニア選手権だ。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link