Home / Report / 2018全日本団体選手権 / 【速報】全日本団体決勝 男子結果

【速報】全日本団体決勝 男子結果

3連休の最終日となる2018年11月25日(日)、高崎アリーナ(群馬県)にて、全日本団体の男子決勝が行われた。

 

全日本団体
今年も高崎アリーナで全日本団体の男子決勝が行われた。

 

試合は女子と同様に2チームが1組となるFIG方式で行われ、6-3-3制で争われた。

 

安里圭亮
1班には昨年の世界選手権代表である安里圭亮(相好体操クラブ)が登場し、跳馬でリ・セグァン(D6.0)を披露した。

 

1班には以下の8チームが出場した。

相好体操クラブ(安里圭亮など)

仙台大学(南一輝など)

筑波大学(小畠廉生など)

福岡大学(内田隼人など)

清風高校(三輪哲平など)

市立船橋高校(村山覚人など)

関西高校(土井陵輔など)

ジュニア選抜(橘汐芽など)

1班終了時点でトップに立ったのは相好体操クラブだった。

 

岡慎之助
中学3年生ながら、ジュニア選抜の一員として出場した岡慎之助(おかやまジュニア)

 

2班には以下の8チームが出場した。

日本体育大学(白井健三など)

順天堂大学(萱和磨など)

鹿屋体育大学(杉野正尭など)

早稲田大学(高橋一矢など)

コナミスポーツ体操競技部(加藤凌平など)

徳洲会体操クラブ(武田一志など)

セントラルスポーツ(野々村笙吾など)

朝日生命(山本翔一など)

 

白井健三
世界選手権から1ヶ月も経っていないにも関わらず、新しい構成でゆかに望んだ白井健三。

 

4連覇がかかっている順天堂大と、インカレでその順天堂大に勝った日体大が熱い戦いを繰り広げた。

同じ組となった2チームであったが、後方伸身宙返り1回半ひねり(C)〜前方宙返り3回ひねり(F)〜前方伸身宙返り1回ひねり(C)の3連続を入れた新構成で15.200を出した白井健三を擁する日体大が、1種目目のゆかでトップに立った。

 

萱和磨
得意のあん馬で高得点をマークした萱和磨は観客席に向かってガッツポーズ。

 

鈴木茂斗
あん馬のスペシャリスト萱と共に高得点を叩き出した鈴木茂斗。

 

しかしあん馬を得意とする順天堂大は萱和磨と鈴木茂斗の2人が14.533、千葉健太も14.166で3人ともノーミスの14点台を出して早くも逆転。日体大はつり輪でもわずかながら順天堂大にリードを許す。

 

春木三憲
2年生の春木三憲がつり輪で14.000を出すが、それでも順天堂大との点差は縮まらなかった。

 

その後も跳馬で谷川航がブラニク(D5.6)で14.966、大久保健太郎がロペス (D5.6)で14.933を出すなど得意種目で高得点を連発し、追いすがる日体大を寄せ付けない。

 

谷川航
得意のブラニクで高得点をマークした谷川航。

 

大久保圭太郎
1年生ながら決めるべきところで決め、チームに貢献した大久保圭太郎。

 

さらに得意の平行棒では千葉健太の15.000を筆頭に、3人全員が14点半ば以上と隙を見せない。

 

千葉健太
平行棒で15点を叩き出し、観客席をざわつかせた千葉健太。

 

杉本海誉斗
1年生の杉本海誉斗が14.866を出すが、それでも順天堂大にはあと一歩及ばない。

 

そして迎えた最終種目の鉄棒。これまで順天堂大は全員ノーミスで来ていた。キャプテンの萱和磨が着地をピタリと止めた瞬間、勝負は決まった。最終演技者の白井健三が着地を決め、日体大がやや上回ったものの、時すでに遅し。チーム得点合計258.993で、順天堂大の優勝が決まった。日体大も18演技ノーミスだったもののチーム得点合計は255.795。得点力に差が出た。

 

野々村笙吾
野々村は得意のつり輪で14.500の高得点。

 

垣谷拓斗
垣谷拓斗は平行棒で今大会最高となる15.033をマークした。

 

早坂尚人
早坂尚人は最終種目のゆかで、白井に次ぐ14.966を出しチームに大きく貢献した。

 

3位は252.660のセントラルスポーツだった。

 

萱和磨、谷川航、千葉健太、白井健三は来年3月をもって大学を卒業するが、この戦いは次の世代に引き継がれていくことだろう。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link

Check Also

日体大 女子 優勝

【速報】全日本団体決勝 女子結果

3連休の中日となる2018年1 …