Home / taroken (page 32)

taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link
梶田凪の段違い平行棒

2017高校選抜 梶田凪の段違い平行棒

演技中、常に足首から爪先までがまっすぐに伸びており、足先の割れも最小限に抑えられている。倒立位置からのずれもほとんどなく、非常に美しい演技となっている。   Camera、Edit:Sohta Kitazawa Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
梶田凪の跳馬

2017高校選抜 梶田凪の跳馬

最近、国内でも増えてきた伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)。伸身ユルチェンコ1回ひねりと比べてDスコアで0.8上がるため、4種目しかない女子の中ではこの跳馬のDスコアによって4種目の合計点が大きく左右される。 この実施ではひねり始めが早すぎて宙返りの高さが出ず、そのため頭が低い着地になってしまっているが、それでも着地で大きく乱れることなくまとめているのはさすがである。   Edit:Sohta Kitazawa Camera、Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュール追加

2017年(度)大会スケジュールを更新しました。   以下の日程を追加しました。 8月8日~10日 第71回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ) 富山市総合体育館 11月11日〜11月12日 第12回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会 山梨・緑が丘スポーツ公園体育館 12月9日〜10日 豊田国際体操競技大会 愛知・豊田市総合体育館 2018年3月25日 第34回全国高校体操競技選抜大会 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 2018年3月27日 第18回全国体操小学生大会 大洗町総合運動公園体育館       Text : Masaru “T …

Read More »

新世代の挑戦

全日本個人総合で開幕した2017年の日本体操界。 男子はプロ転向後初の試合となる内村航平(リンガーハット)の10連覇が注目を集めたが、女子では新世代の台頭が著しい。 中でも今年度から高校2年生になった梶田凪(山梨ジュニア体操クラブ)、中路紫帆(戸田市スポーツセンター)、花島なつみ(フジスポーツ/東京学館)の高2トリオが目を引く。         梶田凪は和風の面立ちと美しい体線を武器に、すでにトップ選手のムードを醸し出す。 中路紫帆は高校生らしかぬ、すらっとしたシルエットと大人っぽい雰囲気が魅力だ。 花島なつみは4種目でのバランスの取れた得点力と、他の選 …

Read More »
作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 壁紙プレゼント、支援募集、高校選抜鉄棒の演技解説

GymnasticsNews Radio Show 2017/5/2を聴く   ●クラウドファンディング「GymnasticsNewsサポーター」支援募集   ●ツイッター1000人フォローありがとう壁紙プレゼント。   ●「ゴシマ」の記事のfbリーチ数がすごい   ●3種審判資格いただきました   ●採点規則が届いて早速デジタル化   ●FIGワールドランキングリスト     <海外の大会> ●第7回アジア体操競技選手権大会 ●第14回アジアジュニア体操競技選手権大会     【動画のコーナー …

Read More »

2017高校選抜 橘汐芽の鉄棒

2017高校選抜の個人総合で2位に輝いた橘汐芽(松蔭高校)は体線の美しさに注目したい。常に両足のくるぶしがしっかりと閉じられており、まるで見えない紐で縛られているかのようだ。ここまでしっかりと両脚を締められるようになるまでに相当な練習を要しただろう。   Edit:Sohta Kitazawa Camera、Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 鈴木茂斗の鉄棒

2017高校選抜の個人総合で優勝した鈴木茂斗(市立船橋)は鉄棒でも2位に輝いている。その丁寧で減点をさせない演技は社会人でもなかなか出来ない。   Camera、Edit:Sohta Kitazawa Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
フォロワー1000人突破記念PC用壁紙

Twitterフォロワー1000人突破記念壁紙プレゼント

GymnasticsNews公式Twitterアカウント@gymnewsjpのフォロワーが1000人を突破しました。 感謝の気持ちを込めて特製壁紙をプレゼントさせていただきます。 パソコン用とスマートフォン・タブレット用をご用意させていただきましたので、是非ダウンロードしてご利用ください。   パソコンで画像をクリックして拡大表示した後に、右クリックで「別名で保存」「ダウンロードする」などを選択するとダウンロードしていただけます。 【パソコン用】             【スマートフォン・タブレット用】   &nb …

Read More »
20160402五島誉博

ゆかの新技「ゴシマ」

五島誉博(仙台大学)のオリジナル技、ゆかの前方伸身宙返り3回半ひねりに「ゴシマ」の名前がついた。G難度。   2017年3月17日〜18日にドイツのシュツットガルトで行われたDTBチームカップに五島が出場し、そこでこの技を成功させたことからFIGに新技として認定された。   日本国内では以前から行っていた前方伸身宙返り3回半ひねりだが、新技に選手の名前がつく国際大会で成功させたのは今回が初めてだ。五島はFIGの公式ニュースに「日本シニア選手のニューカマー」として紹介されており、今後は国際大会でも注目を浴びることになるだろう。 またゆかの1回宙返りでG難度を取れるのは現在この …

Read More »
千葉健太 鉄棒

内村の10連覇を阻もうとした大学生四銃士

「4人がかりでも上2人を倒せなかったですね」 全日本個人総合決勝が終わった後、ミックスゾーンで谷川航(順天堂大)はこう話していた。 上2人とは1位の内村航平(リンガーハット)と田中佑典(コナミスポーツ)、4人とは内村・田中と同じ1組で回った白井健三、萱和磨、谷川航、千葉健太の大学生4人のことである。         白井健三はもはや体操界のみならず一般のお茶の間でも知られた存在で、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックを始め数多くの世界の舞台で活躍している。自身の名前がつく技を世界一多く持っている。 萱和磨は2015年世界選手権代表にもなり、種目別あん馬で …

Read More »
Translate »