Home / taroken (page 59)

taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link

体操ニッチトークNEO 2013年12月11日更新

今回はBJ不在のためタロケンとちはるの2人でお届け! ○最近の国際大会の日本人選手の結果 ●第31回DTBカップ ●FIGワールドカップ個人総合・ドイツ・シュツットガルト大会 ●2013ボローニンカップ ●FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会 ●メキシコ国際 ○豊田国際 海外選手の発表と国内女子選手の追加 http://www.toyota-taiso.com  【今週の動画】 豊田国際に出場する海外選手 ○ザネッティ:つり輪(2013年世界選手権) https://gymnasticsnews.jp/archives/1806 ○ニューエン:平行棒(2013年ヨーロッパ選手権) http …

Read More »

ニューエン:平行棒(2013年ヨーロッパ選手権)

G難度の下り技「カトウヒロユキ」の他に、入り技も「単棒横向き逆上がり倒立(D)」という珍しい技を行う。

Read More »

ザネッティ:つり輪(2013年世界選手権)

ロンドン五輪、2013年世界選手権のつり輪の金メダリスト。 「ザネッティ(F)」の名がついたオリジナルの力技から演技が始まる。

Read More »
日本体操協会

FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会の結果

日本体操協会のホームページにて12月7日にイギリス・グラスゴーで開催されたFIGワールドカップ個人総合・イギリス大会の結果が発表されています。 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/figワールドカップ個人総合・イギリス大会 FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会結果 日本からは徳州会の 山本雅賢選手、レジックスポーツの寺本明日香選手が出場し山本選手6位、寺本選手4位という結果になっています。

Read More »

FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会ライブ中継

徳州会の 山本雅賢選手、レジックスポーツの寺本明日香選手が出場するFIGワールドカップ個人総合・イギリス大会(グラスゴー)がこちらのページでライブ中継されています。 FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会

Read More »
日本体操協会

ボローニンカップの結果

日本体操協会のホームページにて12月2日〜12月4日にモスクワで開催されたボローニンカップの結果が発表されています。 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/2013ボローニンカップ 2013ボローニンカップ男子結果pdf   ちなみに大会名になっているボローニン選手は鉄棒の離れ技の名前にもなっています。 ヤマワキを屈伸で行うような技でB難度です。 1968年メキシコ五輪、1972年ミュンヘン五輪ではメダルを獲得されています。

Read More »

DTBカップのライブ中継予定

ドイツ・シュツットガルトで行われているDTBカップのライブ中継がこちらのページである模様です。 日本時間12月1日23:30より。 DTBカップ ライブ中継

Read More »

白井健三選手テレビ出演情報

本日11月30日(土)の「嵐にしやがれ」に白井健三選手がテレビ出演します。 録画を忘れずに! 嵐にしやがれ

Read More »

4年振りの優勝を勝ち取った朝日生命の“生命力”

朝日生命は美濃部ゆう、野田咲くら、オクサナ・チュソビチナの3人で勝負に出た。 勝利の決め手は「ミスを出さない演技」だった。 他のチームが段違い平行棒で、平均台で、落下していく中、3人は全種目に出ながらもノーミスで試合を運んでいく。 唯一のミスらしいミスと言えば、最終種目、跳馬で美濃部が低い姿勢の着地になった時だけだった。 しかしそれも、最も若い野田咲くらが雄大な跳躍でカバーし、さらに跳馬の女王チュソビチナが高得点でダメを押す。 終わってみれば優勝候補の日体大も国士舘大も、そして若さで勢いに乗るレジックスポーツも追いつけない位置に立っていた。 かつては常勝チームだった朝日生命も、全日本団体での優 …

Read More »

「失敗しない男」が崩れ落ちた日

内村が「失敗しない強さ」と評する加藤凌平。 「僕と凌平が役割を果たせば勝てる」と言う野々村笙吾。 Wエースが昨年の覇者、順天堂大を引っ張る。狙うは2連覇だ。 しかし崩れたのは加藤凌平だった。 跳馬の高難度技ロペスで着地が取れず崩れ落ちるように失敗。 「体が動きすぎて助走でスピードが出すぎた」と好調をアピールするが、 盤石の体制で首位奪還を狙ってきたコナミによる無言のプレッシャーは無関係ではないだろう。 そして負の連鎖か、野々村笙吾が得意の平行棒で落下。さらに鉄棒の降り技でトップバッターの吉岡が着地で両手をついてしまう。 終わってみれば日体大にも抜かれまさかの3位という結果に。 辛酸をなめた順天 …

Read More »
Translate »