Home / taroken (page 6)

taroken

タロケン:GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。HP:タロケン.link

豊田国際2018 2日目、試合後の女子記者会見

Read More »

豊田国際2018 2日目、試合後の男子記者会見

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の女子記者会見

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の男子記者会見

Read More »
明名亜希子

日本体操競技・器械運動学会第32回大会(2018)

2018年12月16日(日)、東京がすっかり冷え込んだこの日、日本体操競技・器械運動学会第32回大会が駒澤大学深澤キャンパス(東京都)にて行われた。     大会は器械運動と体操競技のシンポジウムから進められた。器械運動のシンポジウム「開脚とびを改めて考える ~現場からのアプローチ~」では、跳び箱を斜めに置いて、横から跳び越させることで、自然と肩が前に出るようになるという新しい指導法が豊田泰代氏(貞静学園短期大学)より紹介された。この方法では小学生から大人まで、年齢層に関係なく、跳び箱に苦手意識がある者も短期間で跳び箱を跳ぶことができるようになったという。   & …

Read More »

ドーハ世界選手権報告会のチケット販売開始

ドーハ世界選手権をご支援いただいた方向けに開催する報告会ですが、席に若干の余裕があるため、チケットを販売します。 チケットはPeatixからご購入ください。予定数が終了次第、販売停止となります。   【出演】 タロケン、北澤カメラマン 【日程・場所】 イベント名:GymnasticsNews ドーハ世界選手権報告会 開催日:2019年1月19日(土) 13:00開場、13:30開演 17:30頃終演予定 場所:コワーキングスペース茅場町 Co-Edo® 東京メトロ東西線/日比谷線 茅場町から徒歩2分 入場料:¥3000 販売数:若干数 ★オプションで終演後に懇親会を予定しています。会 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際レポート

    GymnasticsNews Radio Show 2018/12/12(音声ファイル版)を聴く   ●豊田国際レポート ●ドーハ世界選手権報告会チケットまもなく発売 ●2018年度体操競技男子ルールクリニック 開催のご案内   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »
豊田国際

【速報】豊田国際2日目

2018年12月9日(日)、厳しい寒さにも関わらず3200人の観客を集めたスカイホール豊田(愛知県)で、豊田国際の2日目が開催された。     この日は男子の跳馬、平行棒、鉄棒と女子の平均台、ゆかが種目別にて争われた。 男子跳馬は有力選手が次々と大過失を出す、波乱の展開だった。タロック(イギリス)がローチェ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D5.2)で両手をつくと、2本目のルー・ユーフ(屈伸ツカハラ2回宙返り;D5.6)では助走の足が合わず、屈伸ツカハラになり後ろに転倒してしまう。     谷川航(順天堂大)もブラニク(前転とび前方屈伸2回宙返り;D5 …

Read More »
長谷川智将

【速報】豊田国際1日目

2018年12月8日(土)、スカイホール豊田(愛知県)に2500人の観客を集めて、豊田国際体操競技大会(以下、豊田国際)が開催された。     豊田国際は毎年、この時期に同会場で行われ、世界各国から招待された選手が2日間に亘って種目別選手権を争う。 初日は男子のゆか、あん馬、つり輪と女子の跳馬、段違い平行棒が行われた。     男子ゆかはオープン参加の2名を含めた16人が演技し、唯一の15点台である15.300で白井健三(日体大)が優勝した。白井は伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり=シライ3;H)を皮切りに、前方宙返り3回ひねり(シライ2; …

Read More »

新世代のスター誕生 スーパーファイナル 結果

3連休の初日となる11月23日(金)、高崎アリーナ(群馬県)にて、来年のワールドカップ出場者を決める初めての大会、スーパーファイナルが行われた。     スーパーファイナルは、2019年から2020年のワールドカップの成績を元に、東京五輪への個人出場枠が獲得できるようになったことから設けられた、新しい大会である。 内村航平(リンガーハット)と田中佑典(コナミスポーツ)を除いたNHK杯12位までの選手と、男子強化本部長推薦選手を合わせた12名で争われた。推薦選手にはインターハイ優勝者の三輪哲平(清風高校3年)と、ユースオリンピック個人総合金メダリストで全日本ジュニア王者でもあ …

Read More »
Translate »