Home / Report

Report

取材した大会のレポートを更新。現場からの臨場感あふれるレポートをお届けします。

【速報】ドーハ世界選手権 種目別決勝2日目

2018年11月3日(現地時間)、カタールの首都ドーハにて世界選手権が最終日を迎えた。     この日は男女種目別の後半が行われた。まずは男子跳馬からだ。     優勝候補のリ・セグァン(北朝鮮)が4番手で登場し、予選と同じくリ・セグァン2(前転とび前方屈伸2回宙返りひねり;D6.0)とリ・セグァン(ツカハラ2回宙返り1回ひねり;D6.0)を跳んでどちらも14.933でトップに立つ。   最後から2人目で白井健三(日体大)が登場し、シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり;D5.6)を跳ぶが着地時の頭の位置がやや低く14.750。2本目の …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 種目別決勝1日目

ニナ・ダーワエル

2018年11月2日(現地時間)、世界選手権も佳境に入ったドーハ(カタール)のアスパイアドームで、男女種目別決勝の前半が行われた。     この日は男子のゆか、あん馬、つり輪、女子の跳馬と段違い平行棒が行われた。 男子ゆかには個人総合金メダリストで予選1位通過のアルトゥール・ダラロヤン(ロシア)、日本で体操を学ぶカルロス・ユロ(フィリピン)、日本からは予選2位通過の白井健三(日体大)と予選8位通過の萱和磨(順天堂大)が出場した。     白井の演技順は2人目。予選、団体決勝と同じく抱え込みリ・ジョンソン(G)から始まり3回ひねり(D)で終わる構成。いずれ …

Read More »

【速報】村上茉愛が史上初の個人総合銀メダル 〜 ドーハ世界選手権

村上茉愛

2018年11月1日(現地時間)、カタールのドーハにあるアスパイアドームにて世界選手権の女子個人総合決勝が行われた。     15カ国24名が出場し、昨年の女子個人総合金メダリストのモーガン・ハード(アメリカ)やリオ五輪金メダリストのシモーネ・バイルズ(同)、ロシアのアンジェリーナ・メルニコワ、カナダのエリザベス・ブラック、日本からは村上茉愛(日体大)と寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)が名を連ねた。       村上、バイルズを含む上位6人は正ローテーションで跳馬からスタート。跳馬を得意とする村上は着地で弾んだもののいい跳躍を見せ14 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 男子個人総合決勝

2018年10月31日(現地時間)、世界選手権が連日行われているドーハ(カタール)のアスパイアドームにて、男子個人総合決勝が行われた。     出場したのは予選トップ通過を果たしたシャオ・ルーテン(中国)や2位通過のニキータ・ナゴルニー(ロシア)、3位通過のサミュエル・ミクラック (アメリカ)等の16カ国24名。日本からは白井健三(日体大)と萱和磨(順天堂大)が出場した。     予選6位通過だった白井はルーテン、ナゴルニー、アルツール・ダラロヤン(ロシア)らと共にゆかからの正ローテーション。予選、団体決勝と同じく伸身リ・ジョンソン(H)を抜き、最後に3 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 女子団体決勝

女子団体決勝メダリスト

2018年10月30日(現地時間)、ドーハ(カタール)のアスパイアドームにて世界選手権の女子団体決勝が行われた。     男子と同じく予選の順位により割り振られた2国が1組となり、2国から1人ずつ交互に演技していく。そのため、以前に行われていた、種目ごとに前半と後半で国が入れ替わる方式よりも、その国の現時点での得点がリアルタイムでわかり、順位が把握しやすい。観客にとっても選手にとってもより白熱した試合となる。 日本は予選6位だったため、5位のブラジルと同じ組で平均台からのスタート、1位のアメリカと2位のロシアが跳馬から、3位の中国と4位のカナダが段違い平行棒から、7位のフラ …

Read More »

ドーハ世界選手権 男子団体決勝

男子団体決勝

2018年10月29日、ペルシャ湾を望むドーハ港から車で20分程のアスパイアドーム(ドーハ/カタール)で、世界選手権の男子団体決勝が行われた。     団体決勝は昨年までと異なり、同じ組となった2国の選手が一人ずつ交互に演技する形式で行われる。団体予選3位の日本は予選4位のアメリカと同じ組となるため、開始種目のあん馬では、日本1人目→アメリカ1人目→日本2人目→アメリカ2人目という順序で演技し、種目ごとに最初の演技者が交互に入れ替わる。 その他、予選1位のロシアと予選2位の中国がゆかから、予選5位のイギリスと予選6位のブラジルがつり輪から、予選7位のオランダと予選8位のスイ …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権女子予選2日目

ブラジル代表

2018年10月28日(現地時間)、時折スコールが降るドーハ(カタール)にて、世界選手権の女子予選2日目が行われた。         この日は朝9:30から7班の演技がスタート。まずは中国の登場だ。ルオ・フアンとチェン・イーリを中心に、段違い平行棒でははなれ技、移動技に加えて、大逆手車輪やそのひねり技で難度を積み上げていく。落下が出る種目もあるが、それが連鎖することもなくチーム得点を手堅く取り、全種目を終えた時点で日本を3点程上回った。アメリカに次いで暫定2位につける。       8班では、エリザベス・ブラック率いるカナダ …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権女子予選1日目

ヴァイルズの新技

2018年10月27日(現地時間)、ドーハ(カタール)のアスパイアドームにて、女子予選の1日目が行われた。     午前11時開始の2班に出場した日本女子は正ローテーションの跳馬からスタート。杉原愛子が腰痛により演技ができず、急遽4種目すべてに出場することになった梶田凪(山梨ジュニア/甲斐清和高校)に期待と注目が集まった。     トップバッターの畠田瞳(セントラル目黒/日体荏原)が伸身ユルチェンコ1回半ひねり(D5.0)を、梶田凪が伸身ユルチェンコ1回ひねり(D4.6)をまとめると、寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)がチュソビチナ(前転とび前方 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権男子予選2日目

萱和磨

2018年10月26日(現地時間)、世界選手権男子予選の2日目がドーハ(カタール)のアスパイアドームにて行われた。     朝9時からスタートした6班に日本が登場し、内外の注目を集めた。1ヶ月ほど前に右足首を負傷した内村航平(リンガーハット)は、当初6種目出場を目指していたが、治療が間に合わず、最終的に予選ではつり輪、鉄棒、あん馬の3種目のみに出場することになった。これにより個人総合決勝進出はなくなり、王者への返り咲きは来年までお預けとなった。     国内大会ではあり得ない早朝スタート、つり輪からという演技順、中国製のタイシャンの器具という不慣れな条件 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権男子予選1日目

2018年10月25日(現地時間)、カタールの首都ドーハのアスパイアドームにて、世界選手権が開幕した。この日は男子予選の1日目が行われた。       1班ではロシアが出場した。ゆかでランキン、ナゴルニーの2人が3回宙返り(リューキン;H)を披露するなど、他国を尻目に勢いを見せつけたが、あん馬で複数の選手に落下が出て失速した。それでも団体で暫定1位となり、個人総合でも暫定で上位3人をロシアが占めた。     2班ではオランダが出場し、ゾンダーランドが平行棒と鉄棒の2種目に出場した。平行棒では抑えめの構成で無難にまとめた。鉄棒ではカッシーナ(G) …

Read More »