Home / Report / 全日本体操競技団体選手権大会2013

全日本体操競技団体選手権大会2013

第67回全日本体操団体選手権女子2013

Read More »

第67回全日本体操団体選手権男子2013

Read More »

4年振りの優勝を勝ち取った朝日生命の“生命力”

朝日生命は美濃部ゆう、野田咲くら、オクサナ・チュソビチナの3人で勝負に出た。 勝利の決め手は「ミスを出さない演技」だった。 他のチームが段違い平行棒で、平均台で、落下していく中、3人は全種目に出ながらもノーミスで試合を運んでいく。 唯一のミスらしいミスと言えば、最終種目、跳馬で美濃部が低い姿勢の着地になった時だけだった。 しかしそれも、最も若い野田咲くらが雄大な跳躍でカバーし、さらに跳馬の女王チュソビチナが高得点でダメを押す。 終わってみれば優勝候補の日体大も国士舘大も、そして若さで勢いに乗るレジックスポーツも追いつけない位置に立っていた。 かつては常勝チームだった朝日生命も、全日本団体での優 …

Read More »

「失敗しない男」が崩れ落ちた日

内村が「失敗しない強さ」と評する加藤凌平。 「僕と凌平が役割を果たせば勝てる」と言う野々村笙吾。 Wエースが昨年の覇者、順天堂大を引っ張る。狙うは2連覇だ。 しかし崩れたのは加藤凌平だった。 跳馬の高難度技ロペスで着地が取れず崩れ落ちるように失敗。 「体が動きすぎて助走でスピードが出すぎた」と好調をアピールするが、 盤石の体制で首位奪還を狙ってきたコナミによる無言のプレッシャーは無関係ではないだろう。 そして負の連鎖か、野々村笙吾が得意の平行棒で落下。さらに鉄棒の降り技でトップバッターの吉岡が着地で両手をついてしまう。 終わってみれば日体大にも抜かれまさかの3位という結果に。 辛酸をなめた順天 …

Read More »

コナミ 全力の圧勝

決勝のオーダーリストが発表された時、勝負はついていたのかも知れない。 予選では今年加入のホープ白井勝太郎と今井裕之をオーダーに入れ、難度も抑え気味の構成で無難にこなし昨年覇者の順天堂大に0.8点差で1位につけた。加藤凌平(順天堂大)からも「想定の範囲内」という言葉が出るほどで、際立つものではなかった。 しかしそれは必勝を誓ったコナミのブラフだったのではないだろうか。 決勝のオーダーリストを見て唖然とした。白井、今井に替わってロンドン五輪代表の田中佑典と重鎮、小林研也を投入。 6種目の演技者3人がいずれもスペシャリストで、さながら個人種目別決勝のようだ。 そしてノーミスの実施。 2種目目のあん馬 …

Read More »

体操ニッチトークNEO 2013年11月05日更新

今週は・・・ タロケンの全日本選手権団体のレポート!! 最後の記者会見音源は内村航平ファン必聴です。

Read More »
Translate »