Home / Report / 2018全日本ジュニア体操競技選手権

2018全日本ジュニア体操競技選手権

【速報】全日本ジュニア2018 1部最終日

花島なつみ フジスポーツクラブ

2018年8月17日(金)、横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア1部が最終日を迎えた。     男子は優勝候補と目される市立船橋高校体操クラブ(千葉県)と清風体操クラブ(大阪府)が、最終班で火花を散らした。       あん馬、つり輪、平行棒では清風体操クラブが市立船橋高校体操クラブを上回ったが、最終的には0.05という僅差で市立船橋高校体操クラブが団体総合1位に輝いた。3位は関西(岡山県)だった。     個人総合は、あん馬で落下がありながらも、ゆか、平行棒、鉄棒でそれをカバーした清風体操クラブの北園丈琉(高校1年) …

Read More »

【速報】全日本ジュニア2018 1部2日目

新田いずみ 中京ジムナスティッククラブ

2018年8月16日(木)、横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア1部の2日目が行われた。     2日目を迎えたこの日、男子は第2班から第4班が出場した。     男子個人総合は習志野高校体操クラブ(千葉県)の髙橋靜波(高校2年)が暫定1位となり、暫定2位に中学3年ながら、おかやまジュニア体操スクール(岡山県)の岡慎之助が入った。岡田卓海(新田クラブ;高校3年)は暫定3位となった。 団体では新田クラブ(愛媛県)が暫定1位を維持し、暫定2位に相好体操クラブ(三重県)が、暫定3位に明成高校体操クラブ(宮城県)が入った。     女子 …

Read More »

【速報】全日本ジュニア2018 1部1日目

藤崎江里子 徳洲会体操クラブ

2018年8月15日(水)、横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア1部の1日目が行われた。     全日本ジュニア選手権は全日本ジュニア体操クラブ連盟が主催しており、体操クラブ単位で争われる。男子1部は中学2年生から高校3年生までに出場資格が与えられ、1クラブあたり1チーム(4名)+個人2名の計6名までが出場できる。団体総合は4-4-3で争われる。 女子1部は小学6年生から高校3年生までに出場資格が与えられ、1クラブあたり最大6名までが出場できる。団体総合は6-6-5で争われるが、1クラブ5名でも団体総合を争う資格を得られる。個人出場の場合は1クラブにつき最大4名までが …

Read More »