Home / Report / 全日本個人総合選手権2014

全日本個人総合選手権2014

飛躍の1年へ 山室光史

5月11日に行われた全日本体操個人総合選手権で8位となった山室光史(KONAMI)は今、復帰への道を確実に歩んでいる。 2012年のロンドンオリンピックの団体決勝の跳馬で、左足甲を剥離骨折する大ケガを追い、約1年間をリハビリとトレーニングに費やした。昨年にはファンの前に姿を現したが、あん馬やつり輪の足を使わない種目のみでの出場、さらには着地も行わないなど、完治していないことは明らかだった。 昨年は試合に出場する予定ではなかったのだという。それでも、全日本選手権へ出場の望みがあったため、出場を決意。 しかし、それは痛みとの戦いでもあった。 「まだ結構痛みが残っていて、だましだましやっていた部分が …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.4

第68回全日本体操個人総合選手権男子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。 Tags: 亀山耕平(Kohei Kameyama), 全日本個人総合(All Japan All-Around), 内村航平(Kohei Uchimura), 加藤凌平(Ryohei Kato), 山室光史(Koji Yamamuro), 山本雅賢(Masayoshi Yamamoto), 植松鉱治(Koji Uematsu), 白井 …

Read More »

挑む理由 亀山耕平

2013年の世界選手権のあん馬で金メダルを獲得した亀山耕平(徳洲会体操クラブ)は、全日本体操個人総合選手権・予選で81.000の59位と決勝進出はならなかった。 その原因は腰痛だ。 大学4年時にぎっくり腰から始まったその痛みは、たびたび暴走する。 昨年の6月ころから、徐々に悪化していくその痛みは「ジャンプをするのも痛かった」と言うほどになっていた。 その腰痛は今大会への出場も危ぶまれたほどだ。 ケガを押しての出場は、選手生命をも脅かす危険を伴う。 ではなぜ出場を決めたのか――。 世界選手権金メダリストの亀山は、種目別選手権への出場はすでに決定している。 スペシャリストとして生きる道を選んだので …

Read More »

試練 寺本明日香

順位のことを聞かれると、大粒の涙が頬をつたった。 寺本明日香(中京大学)は5月11日に行われた全日本体操個人総合選手権で55.450の2位となった。 オリンピックを経験し、その後の大会でも日本女子を引っ張る活躍、存在感を示してきた寺本は自信を持って今大会に臨んでいた。 「大会前から調子がよく、優勝を狙っていた」と話すように、10日に行われた予選では2位の笹田に0.6点の差をつけて1位通過。 それでも慢心はなかった。 女子の個人総合チャンピオンは2日目の成績で決定するからだ。 前年の同大会では、順位を意識しすぎたことで2日目にミスを連発し、4位となってしまった。だからこそ、予選終了後の会見では「 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2014/05/13

GymnasticsNews Radio Show

今週は・・・ 第68回全日本体操競技選手権大会スペシャル!! 王者 内村航平を追いかけ新たな世代が活躍!!。 激戦を制した女子の女王は?? 内村航平選手の試合後の囲み取材音源を大公開!! Tags: 全日本個人総合(All Japan Individual All-Around), 内村航平(Kohei Uchimura), 笹田夏美(Natsumi Sasada)

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技選手権大会 決勝

2014全日本個人総合決勝:武田一志

第68回全日本体操個人総合選手権の男女決勝が5月11日代々木第一体育館で行われた。 男子は9日に行われた予選の得点と決勝での得点の合計で争われ、女子は決勝の得点のみで優勝者が決定する。 なお、決勝に進出した男子36名と女子24名は、6月8日に行われるNHK杯への出場が決まっている。   男子は内村航平(KONAMI)が優勝し、小野喬と並ぶ最多の7連覇を果たした。跳馬の着地で両手を着くミスが出たものの、その他の種目では怪我を感じさせぬ演技で6種目合計90点台に乗せた。 2位は野々村笙吾(順天堂大学)だった。あん馬で落下があったものの、その他の5種目すべてで15点台という力強い演技だった …

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技選手権大会 女子予選・男子種目別トライアル結果

土橋ココゆか

第68回全日本体操個人総合選手権の男子トライアル・女子予選が5月10日代々木第一体育館で行われた。 第1日目では男子個人総合の予選と種目別選手権の出場をかけた予選もかねていたが、このトライアルでは種目別への出場権をかけた“最後の勝負”へ挑む鼻息の荒い選手が出場している。 その上位24名が7月に行われる全日本種目別選手権へ出場できる。 9日に行われた予選では個人総合だけではなく種目別の予選もかねているということもあり、レベルの高い戦いとなった。 そして今日満を持してスペシャリストたちがプライドをかけて挑む。 また、女子の個人総合予選も行われた。 出場66名のうち24名が明日の決勝へ進出でき、さら …

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技選手権大会 男子予選結果

2014全日本個人総合:予選:長谷川智将

2014年全日本個人総合選手権の男子予選が9日に代々木第一体育館で行われた。 1班では小柄ながら美しい体線と正確な演技を持ち味とする千葉健太(清風高校)が暫定1位で通過、暫定2位には順天堂大学の実力者、今林開人が入った。 暫定3位は昨年の全日本種目別あん馬の覇者であり、1班では唯一あん馬で15点をたたき出した長谷川智将(日本体育大学)だった。 2班では肩の怪我が懸念された内村航平(KONAMI)であったが、6種目トータルで90点台に乗せて予選を1位で通過した。1種目目の跳馬の着地であわやという場面はあったものの大過失には至らず、その後は一部の演技構成を変えた程度で順調に得点を重ねていき、ゆかで …

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技選手権大会 公式練習・記者会見

2014全日本個人総合:試合前会見:寺本明日香

5月9日から11日にかけて代々木第一体育館で争われる2014年全日本個人総合選手権の公式練習および記者会見が8日に行われた。 怪我との戦いに挑む絶対王者 4月のワールドカップでは2位以下を大きく引き離して絶好調をアピールした内村だったが、「体の反応が良すぎて」前日の平行棒の練習中にドミトリエンコで左の僧帽筋を痛めてしまい、試合前から大きなハンデを負ってしまった。 全種目で痛みが出る状態で、Dスコアを落として大会に臨むとのことだ。 実際にその後の公式練習でも鉄棒のカッシーナの後には厳しい表情が見える。 遠目にはやや憔悴しているようにも見える後ろ姿からは、絶対王者のオーラが見えない。 しかし「こん …

Read More »