Home / Report (page 2)

Report

取材した大会のレポートを更新。現場からの臨場感あふれるレポートをお届けします。

【速報】インカレ1部 種目別決勝

杉野正尭 鹿屋体育大学

2018年8月12日(日)、ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)にてインカレ1部の種目別決勝が行われた。     インカレの種目別は前日の団体・個人総合を予選とし、男子は各種目の上位8名が、女子は上位12名が決勝進出となる。ただし同一校からの決勝出場は3名までとなっている。     男子ゆかは最後のインカレとなる白井健三(日体大)が14.950で優勝した。2位は府殿大佑(日体大)の14.400、3位に14.350の中川将径(順天堂大)が入った。     あん馬はGコンバインなど高難度の技を演技に凝縮した杉野正尭(鹿屋体育大)が14.90 …

Read More »

【速報】インカレ1部団体、個人総合決勝

白井健三 日本体育大学

2018年8月11日(土)、超満員の大観衆が見守る中、ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)でインカレ1部の団体及び個人総合決勝が行われた。     団体は男女共6-6-5制(ただし5名のチームでも可)で行われ、その得点で個人総合決勝の順位が決まると共に個人種目別予選も兼ねる。 男子団体は最終班となるC班で、4連覇がかかっている順天堂大と、それを阻止しようとする日体大が熱い火花を散らした。日体大はあん馬、つり輪、平行棒で順天堂大の後塵を拝したものの、ゆかと跳馬で2点以上の大差をつけ、合計421.800で4年ぶりの優勝を果たした。順天堂大は1.55点差の420.250で2位となっ …

Read More »

【速報】インターハイ2018 決勝

橋本大輝 市立船橋

2018年8月6日(月)、草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ;静岡県)にてインターハイの決勝が行われた。     立ち見が出るほどの観客が見守る中、男子団体は優勝候補の市立船橋と清風がデッドヒートを繰り広げた。劣勢だった清風が得意の鉄棒で盛り返して先に演技を終え、市立船橋の結果を待つ形となった。技に合わせた掛け声と大歓声の中、市立船橋が最終種目のゆかの演技を終えると、電光掲示板にはチーム総合計点と、その後ろに1位を表す(1)が表示された。優勝に沸き立つ市立船橋と、肩を落とす清風陣営。しかしその後に発表された結果は予想外のものだった。 真の結果は何と両チームとも254.7 …

Read More »

【速報】インターハイ2018 予選2日目

畠田瞳 日体大荏原

2018年8月5日(日)、「このはなアリーナ」の愛称がついた草薙総合運動場体育館(静岡県)でインターハイ予選の2日目が行われた。       男子は橘汐芽(松蔭高校)が6種目バランスよく高得点を出し「自分としては良い出来と思う」84.450で予選2位通過となった。ユースオリンピック代表選考で僅差で負けた悔しさをバネに、着地をまとめる練習を積み重ねた成果が出た。     女子は世界選手権代表候補の梶田凪(甲斐清和)と畠田瞳(日体大荏原)が登場し桁違いの強さを見せつけた。個人総合では、得意の段違い平行棒で今大会最高の15.250を出した畠田瞳が58 …

Read More »

【速報】インターハイ2018 予選1日目

松村朱里 大町岳陽

2018年8月4日(土)、静岡県草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ)にてインターハイ予選の初日が行われた。         男子団体は初日から優勝候補が火花を散らした。ダイナミックな鉄棒のはなれ技で会場を沸かした清風高校が暫定1位となっている。市立船橋高校は複数の選手が鉄棒で落下したことが響き、1.5点の僅差で暫定2位となった。暫定3位には関西高校が入っている。       男子個人総合はゆか以外の5種目で14点台を出した三輪哲平(清風)が85.800で暫定1位となった。暫定2位が村山覚人(市立船橋)の83.700、暫定 …

Read More »

【速報】女子体操強化合宿メディア公開

杉原愛子 朝日生命

2018年7月18日(水)、日本全国が猛暑に悲鳴をあげたこの日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて女子体操強化合宿のメディア公開が行われた。     今年のドーハ世界選手権、アジア大会では中国メーカーであるタイシャンの器具が使用されることが決まっている。ナショナルトレーニングセンターにも先日、タイシャンの器具が導入されたばかりで、世界選手権代表候補とアジア大会代表選手たちはこの器具に合わせる練習に取り組んだ。           各自がそれぞれの目標に合わせた練習に取り組みながらも、選手同士で声を掛け合う姿や …

Read More »

【速報】男子体操強化合宿メディア公開

内村 航平 リンガーハット

2018年7月11日(水)、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて、男子体操強化合宿のメディア公開が行われた。     今回この強化合宿に参加したのは世界選手権代表、アジア競技大会代表、ユース五輪代表、特別強化選手だ。それぞれが持ち技の精度向上や新技獲得に取り組んでいた。     内村航平(リンガーハット)はしきりにあん馬の新い動きを確認していた。おそらく最近、実施する選手が増えてきたショーン(一腕上上向き全転向;E)に取り組んでいるものと思われる。     白井健三(日体大)は平行棒でマクーツ(E)の入りの部分を確認して …

Read More »

全日本種目別女子決勝 結果

寺本 明日香 ミキハウス/レジックSP

  2018年7月1日、群馬県の高崎アリーナで全日本体操種目別選手権決勝がおこなわれた。女子は5月のNHK杯で世界選手権の代表候補選手が決まっているため、真のスペシャリストたちの戦いとなった。       跳馬では坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)が高いEスコアで2本ともまとめ優勝した。2位にはならわ体操クラブの文堂日南子、3位には坂谷りんね(戸田市スポーツセンター)と若い選手の台頭が目立つ結果となった。高いDスコアを持ち、前年覇者の宮川紗江(株式会社Rainbow)はケガによる調整不足で2本とも着地に失敗。7位に沈んだ。   段違い平行棒は寺本 …

Read More »

全日本種目別男子決勝 結果

白井 健三 日本体育大学

2018年7月1日、群馬県の高崎アリーナで全日本体操種目別選手権決勝がおこなわれた。男子はこの日の結果も踏まえ、内村航平(リンガーハット)、白井健三(日体大)に続く世界選手権の代表選手が決定する。   ゆかは予選の順位を覆す結果となった。優勝は文句なしで白井。唯一の15点台を叩き出し6連覇を果たした。Eスコアでトップの8.733をマークした谷川航(順天堂大)が2位、予選を7位で通過した加藤凌平(コナミスポーツ)が3位に。期待されていた五島誉博(相好体操クラブ)、トップ通過の南一輝(仙台大)は着地での乱れが響き優勝を逃した。   あん馬ではブスナリ、開脚前後移動などダイナミッ …

Read More »

【速報】全日本種目別男女予選 結果

南 一輝 仙台大学

2018年6月30日(土)、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別選手権の男女予選が行われた。       男子ゆかは南一輝(仙台大学)が前方伸身宙返り3回ひねり(シライ2;F)を始めとした、ひねり技を多く盛り込んだ構成をまとめて14.800で予選トップ通過を果たした。2位は同じ仙台大学出身で相好体操クラブの五島誉博の14.733だった。       全日本個人総合を制した谷川翔(順天堂大)やその兄、谷川航(同)も決勝進出を果たした。     あん馬ではアイヒホルン(E)などダイナミックな開脚旋回で高難度の技を盛り …

Read More »