Home / Report (page 24)

Report

取材した大会のレポートを更新。現場からの臨場感あふれるレポートをお届けします。

体操ニッチトークNEO 2013.12.19収録

今週は・・ 豊田国際を振り返る!!の巻。 愛知県豊田市で開催された豊田国際の熱戦をふりかえりながらお届けしています。

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 ダイジェストムービー 2日目

豊田国際体操競技大会2013 2日目のダイジェストムービーです。

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 2日目

豊田国際体操競技大会 2日目 12月15日に行われた豊田国際2日目は男女とも花形である男子の鉄棒、女子のゆかを含む後半戦だ。開場前から行列ができていたスカイホール豊田には今年最後の演技を見るべく3700人が集まった。 まず観客を沸かせたのは笹田夏実(帝京高校)だ。平均台でG難度の、後方伸身宙返り1回ひねり上がりを成功させた。その後も安定した演技を見せ、12.700で見事優勝。美濃部ゆう(朝日生命)は、14.200で3位となった。オープン選手(得点は出るが順位はつかない)で参加したスマイル体操クラブの内山由綺は2度の落下が響き11.500であった。 最終種目のゆかでは、笹田が12.500で3位、 …

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 ダイジェストムービー 1日目  

豊田国際体操競技大会2013 1日目のダイジェストムービーです。

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 1日目  

2013年は12月14、15日で行われる豊田国際。種目別で争う国際大会であり、今年最後の大会だ。会場となった愛知県のスカイホール豊田は、多くのファンで埋め尽くされ、温かい歓声で包まれる中、14日は男子がゆか、あん馬、つり輪の3種目、女子は跳馬、段違い平行棒の2種目が行われた。 ザネッティ圧巻の演技 その演技は圧巻だった。オリジナル技の「ザネッティ」こそ温存したものの、力で引き上げての中水平には姿勢欠点はなく、振動技からの力静止技でもつり輪は微動だにしない。 下り技の伸身ムーンサルトも着地をピタリと決め、静と動を完全にコントロールした隙の無い演技で、Eスコアにうるさい日本の審判も15.875の高 …

Read More »

カメラマンから見たそれぞれの戦い Vol.1

大会を取材したカメラマンが、ファインダー越しに感じた、様々な選手のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には様々なドラマが進行しています。 その”ドラマ”を伝えるために、厳選した写真の数々を公開いたします。 第1回目は第67回全日本体操種目別選手権のドラマです。 一枚の写真から様々な”ドラマ”を感じてください。

Read More »

第67回全日本体操団体選手権女子2013

Read More »

第67回全日本体操団体選手権男子2013

Read More »

4年振りの優勝を勝ち取った朝日生命の“生命力”

朝日生命は美濃部ゆう、野田咲くら、オクサナ・チュソビチナの3人で勝負に出た。 勝利の決め手は「ミスを出さない演技」だった。 他のチームが段違い平行棒で、平均台で、落下していく中、3人は全種目に出ながらもノーミスで試合を運んでいく。 唯一のミスらしいミスと言えば、最終種目、跳馬で美濃部が低い姿勢の着地になった時だけだった。 しかしそれも、最も若い野田咲くらが雄大な跳躍でカバーし、さらに跳馬の女王チュソビチナが高得点でダメを押す。 終わってみれば優勝候補の日体大も国士舘大も、そして若さで勢いに乗るレジックスポーツも追いつけない位置に立っていた。 かつては常勝チームだった朝日生命も、全日本団体での優 …

Read More »

「失敗しない男」が崩れ落ちた日

内村が「失敗しない強さ」と評する加藤凌平。 「僕と凌平が役割を果たせば勝てる」と言う野々村笙吾。 Wエースが昨年の覇者、順天堂大を引っ張る。狙うは2連覇だ。 しかし崩れたのは加藤凌平だった。 跳馬の高難度技ロペスで着地が取れず崩れ落ちるように失敗。 「体が動きすぎて助走でスピードが出すぎた」と好調をアピールするが、 盤石の体制で首位奪還を狙ってきたコナミによる無言のプレッシャーは無関係ではないだろう。 そして負の連鎖か、野々村笙吾が得意の平行棒で落下。さらに鉄棒の降り技でトップバッターの吉岡が着地で両手をついてしまう。 終わってみれば日体大にも抜かれまさかの3位という結果に。 辛酸をなめた順天 …

Read More »
Translate »