Home / Video (page 10)

Video

スタッフの撮影した動画や、YOUTUBEに投稿されている体操に関する動画のページです。

インターハイ2016予選直後、北村郁弥に独占インタビュー

北村郁弥

インターハイ2016予選を終えた直後の北村郁弥選手(帝京;東京都)に、足の怪我の状態や決勝に向けての意気込み、今後の大会や来年に向けての話などを聞きました。   INTERVIEW : Masaru “TAROKEN” Maeda VIDEO:Sohta Kitazawa Tags: インターハイ(Inter High School Competition), 北村郁弥(Fumiya Kitamura)

Read More »

インターハイ2016予選直後、花島なつみに独占インタビュー

インターハイ2016予選を終えた直後の花島なつみ選手(東京学館;千葉県)に決勝に向けての意気込みや、来年の世界選手権を見据えた取り組みを聞きました。   INTERVIEW : Masaru “TAROKEN” Maeda VIDEO:Sohta Kitazawa Tags: インターハイ(Inter High School Competition), 花島なつみ(Natsumi Hanashima)

Read More »

ゲイロード

gaylord

コバチ系の放れ技が流行する前に、このゲイロードがトップ選手の必須技だった時代があった。かかえ込みまたは開脚屈伸でD難度、閉脚屈伸でE難度となる。 流行した当時は大逆手車輪から閉脚屈伸で行うところまで発展したが、その後コバチ(D)の流行とともに表舞台からは遠ざかった技である。 Tags: ゲイロード(Gaylord), 鉄棒(HB)

Read More »

ゲイロード2

gaylord2

内村が鉄棒の種目別用に用意したカッシーナ(G)〜コールマン(F)〜ゲイロード2(E)の3連続の中で難度は最も低いが、行われる頻度も最も少ない。 技自体の難易度よりも鉄棒を掴んだ後の処理が難しいことが、避けられる要因だろう。 Tags: ゲイロード2(Gaylord 2), 内村航平(Kohei Uchimura), 鉄棒(HB)

Read More »

世界レベルのつり輪演技集

とあるファンが個人的な好みでまとめた過去から現在のつり輪のスペシャリスト達。 今の日本人選手ではなかなか見られない力の表現に圧倒される。 Tags: つり輪(RS)

Read More »

加藤凌平の鉄棒

2016 AT&T アメリカンカップの加藤凌平の鉄棒の演技。 おそらく2016年度の加藤凌平の鉄棒としては最高難度の構成になるのではないかと思われるDスコア6.9の構成。 G難度のカッシーナを入れたことで2015年度よりも得点力が大幅にアップした。 Tags: 加藤凌平(Ryohei Kato), 鉄棒(HB)

Read More »

小池亜優のゆか:2014イエーゾロ杯

小池亜優のゆか

中学3年の時に出場したイタリアのイエーゾロ杯でのゆかの演技。 宙返りの高さ、ひねりの正確さ、表現力のいずれも質の高い演技である。 No tags for this post.

Read More »

前田航輝の鉄棒:2016ヒューストン国際ジュニア大会

前田航輝の鉄棒

ヒューストン国際の種目別決勝の演技。 難度を落としていたり、アドラーひねりの角度や軸ブレが目につくといった点はあるものの、最後の着地をぴたりと止めてまとめている。 No tags for this post.

Read More »

Jossimar Calvo Morenoの平行棒の棒端ムーンサルト

今やレア技になった平行棒の棒端懸垂後方宙返り下り。世界選手権クラスではこのジョシマール・カルボ・モレノのみだろう。 彼は2年前の世界選手権から2年連続で棒端懸垂かかえ込み新月面の新技申請をしているものの、2回とも実施せずに終わっている。今年のオリンピックで3度目の正直なるか、注目である。 Tags: ジョシマール・カルボ・モレノ(Jossimar Calvo Moreno), 平行棒(PB), 棒端懸垂下り

Read More »

2016アメリカンカップ ミクラックの平行棒

爆弾カットから直接懸垂するリー・チョルホン/ササキ(E)、前方抱え込み2回宙返り下り(E)など先進的な構成である。 リー・チョルホン/ササキのように、腕支持だとD難度になる技から直接懸垂することでE難度を取れる技は今後、流行しそうな気配がある。 Tags: アメリカンカップ(American Cup), サミュエル・ミクラック(Samuel Mikulak), 平行棒(PB)

Read More »