Home / Video (page 12)

Video

スタッフの撮影した動画や、YOUTUBEに投稿されている体操に関する動画のページです。

前田航輝の鉄棒:2016ヒューストン国際ジュニア大会

前田航輝の鉄棒

ヒューストン国際の種目別決勝の演技。 難度を落としていたり、アドラーひねりの角度や軸ブレが目につくといった点はあるものの、最後の着地をぴたりと止めてまとめている。

Read More »

Jossimar Calvo Morenoの平行棒の棒端ムーンサルト

今やレア技になった平行棒の棒端懸垂後方宙返り下り。世界選手権クラスではこのジョシマール・カルボ・モレノのみだろう。 彼は2年前の世界選手権から2年連続で棒端懸垂かかえ込み新月面の新技申請をしているものの、2回とも実施せずに終わっている。今年のオリンピックで3度目の正直なるか、注目である。

Read More »

2016アメリカンカップ ミクラックの平行棒

爆弾カットから直接懸垂するリー・チョルホン/ササキ(E)、前方抱え込み2回宙返り下り(E)など先進的な構成である。 リー・チョルホン/ササキのように、腕支持だとD難度になる技から直接懸垂することでE難度を取れる技は今後、流行しそうな気配がある。

Read More »

【アゼルバイジャン国際】萱和磨の平行棒

萱和磨 2016 アゼルバイジャン国際

平行棒で銅メダルに輝いた萱和磨(順天堂大)の演技。 トップ選手を含めてほとんどの選手の下り技がD難度の屈伸ダブルを占める日本体操界でいち早く前方系の下り技に取り組み、F難度の前方抱え込み2回宙返りひねりを成功させている。 おそらく日本人トップ選手の中でこの技を取り入れたのは白井健三(日体大)に次いで2人目であろう。技の捌きやフォームが白井健三のそれと酷似している。

Read More »

【アゼルバイジャン国際】長谷川智将のあん馬

長谷川智将 2016 アゼルバイジャン国際

あん馬で優勝した長谷川智将(日体大)の演技。 ほとんどの選手が使うフロップ、コンバインといったワンポメル上で旋回を繰り返す技を敢えて抜き、代わりに開脚旋回と馬端から馬端への移動を多く取り入れたダイナミックかつ個性的な構成である。 今春から社会人として徳洲会に加わる長谷川は、昨年の世界選手権で悔しい思いを経験しているだけに、なお一層の期待が高まる。

Read More »

豊田国際2日目記者会見 ダイジェスト動画

豊田国際2日目記者会見のダイジェスト動画です。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo

Read More »

豊田国際2日目 ダイジェスト動画

コモワ平均台

2015年12月13日、豊田国際体操2日目が愛知県のスカイホール豊田で開催された。 平均台ではビクトリア・コモワ(ロシア)が貫禄の優勝 男子跳馬では安定した跳躍を2本見せた白井健三が優勝、期待された小倉佳祐は1本目に転倒があり5位という結果に。 平行棒では実力者、田中佑典が優勝し加藤凌平も銅メダルに輝いた。 女子ゆかの優勝はアファナセワ、前宙1回ひねりからの前方かかえ込み2回宙返りを見せた宮川紗江は0.05点差で銀メダルとなった。 鉄棒はスペシャリスト田中佑典が堂々の金メダルに輝いた。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo TEXT : Masaru “TA …

Read More »

豊田国際1日目記者会見 ダイジェスト動画

豊田国際1日目記者会見のダイジェスト動画です。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo

Read More »

豊田国際1日目 ダイジェスト動画

2015年12月12日、豊田国際体操が愛知県のスカイホール豊田で開催された。 男子ゆかでは白井健三が新技の伸身リ・ジョンソンを披露。ラインオーバーはあったものの15.700で2年ぶりの金メダルを獲得。 女子跳馬ではロシアのマリア・パセカがアマナール(伸身ユルチェンコ2回半ひねり)を決め優勝、村上茉愛は2位となった。 段違い平行棒では先だって行われた世界選手権の種目別で金メダルを獲得したスピリドノワ(ロシア)が実力を発揮し、不安定な着地ながら今回も金メダルの栄誉に輝いた。 つり輪は日本の第一人者、山室光史が見事、金メダルを獲得し存在感を見せた。また2位に小倉佳祐が入った。   Vide …

Read More »

ヤミレットのプロドノワ(跳馬の3回宙返り)

ヤミレット(ドミニカ)のプロドノワ(前転とび前方かかえ込み2回宙返り;D7.0) 開きが早く尻もちになってしまっているが、跳躍としては悪くない。今後は跳馬戦線に絡んでくる可能性が高い。    

Read More »
Translate »