Home / Tag Archives: あん馬(PH) (page 4)

Tag Archives: あん馬(PH)

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 男子決勝の見所

2014全日本種目別ー植松鉱治

7月5日(土)に行われた全日本種目別予選の結果により、翌日の決勝に出場する選手が決定した。 その見所とは・・・ 6月に行われたNHK杯で植松鉱治(KONAMI)は鉄棒の新しい演技構成を披露した。屈伸コバチ(E)〜かかえ込みコバチ(D)〜コールマン(F)の離れ技3連続を入れた思い切った構成だ。車輪からとび1回半ひねりをするリバルコ(D)で惜しくも落下してしまったが、それでも得点は15.100。 体操では「落下すると1点減点」とよく言われるが、実は減点はそれに留まらない。落下の原因となる技術的なミスに対しても別個に0.1以上減点されるため、実際には最低でも1.1減点されているのだ。逆算すると、植松 …

Read More »

挑む理由 亀山耕平

2013年の世界選手権のあん馬で金メダルを獲得した亀山耕平(徳洲会体操クラブ)は、全日本体操個人総合選手権・予選で81.000の59位と決勝進出はならなかった。 その原因は腰痛だ。 大学4年時にぎっくり腰から始まったその痛みは、たびたび暴走する。 昨年の6月ころから、徐々に悪化していくその痛みは「ジャンプをするのも痛かった」と言うほどになっていた。 その腰痛は今大会への出場も危ぶまれたほどだ。 ケガを押しての出場は、選手生命をも脅かす危険を伴う。 ではなぜ出場を決めたのか――。 世界選手権金メダリストの亀山は、種目別選手権への出場はすでに決定している。 スペシャリストとして生きる道を選んだので …

Read More »

コトブス国際2014決勝速報〜前半

山室つり輪

【あん馬】 ●日本からは亀山耕平選手が決勝進出。山室選手は2度の大過失があったのか?、決勝進出ならず。 <予選> 1位:クリスチャン・ベルキ(ハンガリー) D6.8 E8.800 得点15.600 2位:亀山耕平 D6.6 E8.966 得点15.566 37位:山室光史 D5.9 E5.366 得点11.266 ●決勝では亀山選手にミスがあったのか?2位という結果に。 <決勝> 1位:クリスチャン・ベルキ(ハンガリー) D6.8 E8.750 得点15.550 2位:亀山耕平 D6.6 E8.300 得点14.900 結果PDF   【つり輪】 ●日本からは山室光史選手が決勝進出。 …

Read More »

亀山選手の新しいあん馬の構成(D7.2)

亀山耕平選手のあん馬

投稿 by 徳洲会体操クラブ. 2013年の世界選手権で金メダルを取ったDスコア6.9の演技構成から 正交差倒立(正セア倒立;D)を抜き、代わりにブズナリ(G)を入れてDスコアが7.2に 上がっています。 Tags: あん馬(PH), ブズナリ(Busnari), 亀山耕平(Kohei Kameyama)

Read More »

GymnasticsNewsオリジナル壁紙 第3弾

オリジナル壁紙第3弾です!!。お使いのパソコンの画面サイズに合わせたデータをご利用ください。 2880×1800サイズ 1920×1200サイズ 1680×1050サイズ 1440×900サイズ iPad Retinaサイズ iPadサイズ         壁紙の設定方法は以下を参考にしてください。   ■XP http://support.microsoft.com/kb/880804/ja ■vista http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/change-desktop-background- …

Read More »

2013リューキン国際 あん馬 田浦誠也

Tags: あん馬(PH), リューキン国際(Valeri Liukin Invitational), 田浦誠也(Seiya Taura)

Read More »

2013リューキン国際 あん馬 倉島大地

Tags: あん馬(PH), リューキン国際(Valeri Liukin Invitational), 倉島大地(Daichi Kurashima)

Read More »

『チャレンジャー』として・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.3(最終回)

あん馬のスペシャリストとしての地位を確立させた亀山耕平。 しかし最終目標はあくまでオリンピックだ。 結果を残したことでその気持ちはさらに強くなった。 あん馬とともに戦う覚悟がここで語られる。  「選んだ」のではなく「選ばれた」道 ――11月2、3日には全日本選手権の団体戦がありました。徳洲会体操クラブのチームとしても強くなっていきたいという思いはありますか。 亀山 そうですね。ほんとみんなで競い合って強くなっていきたい。そのために今は、個々として強くなるためにみんなが頭を使って、チームとしての底上げをしながら、よりチームワークを発揮できるように頑張るっていうような段階です。その過程を作っている …

Read More »

チャンピオンの風格 男子あん馬優勝 亀山耕平

これが王者の強さなのか。 世界チャンピオンの亀山耕平(徳洲会体操クラブ)が見事に優勝を果たした。 だがそのすごさは結果だけではわからない、演技からにじみ出る風格と自信なのだろう。 演技序盤のセア倒立で大きくバランスを崩し、倒立が後ろに大きく反った。「落ちる」と誰もが思ったその時、状態を元に戻し、何事もなかったかのように演技を再開。結局最後まで乱れることなく着地を決めた。あん馬は常に回転してなくてはいけないため、一度バランスを崩すとその後の立て直しが難しい。さらに倒立があれほど反ったところから戻すのも普通は不可能だ。試合後に本人も「あれはたまたま。たくさんのお客さんがいたので落ちたくなかった」と …

Read More »

オールラウンダーの意地 男子あん馬2位 加藤凌平

加藤凌平(順天堂大学)は今や日本で内村に次ぐオールラウンダーだ。 そのことをしっかり示して見せた。日本人選手が苦手とするあん馬でスペシャリストの亀山耕平に次ぐ2位でフィニッシュした。あまりに乱れが少ないため、高難度の技は入れていないのではないかと錯覚させるほどだ。 それでもDスコア6.200と11人中3位タイの構成だ。だがEスコアはトップ。オールラウンダーとしての意地を見せた。 TEXT:CHIHARU ABE Tags: あん馬(PH), 加藤凌平(Ryohei Kato), 豊田国際(Toyota International Gymnastics Copetition)

Read More »