Home / Tag Archives: ゆか(FX)

Tag Archives: ゆか(FX)

【速報】全日本種目別男子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の男子決勝が行われた。世界選手権の代表2枠の争いでもあるが、技と技をぶつけあうスペシャリストたちの戦いは、持っているものをすべて出す舞台でもある。個人総合とはまた違った緊張感の中、大会は進んだ。 世界選手権の代表に内定している谷川翔(順天堂大)がコンディション不良のため決勝を棄権。ゆか、あん馬はそれぞれリザーブの橋本大輝(市立船橋高)、長﨑柊人(筑波大)が出場することとなった。     ゆかは予選トップ通過の南一輝(仙台大)がDスコア6.4と難度の高い構成と、安定感のある着地で15.033を出し優勝を果たした。トッ …

Read More »

【速報】全日本種目別女子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の女子決勝が行われた。   跳馬では唯一の14点台をマークした村上茉愛(日体クラブ)が14.116で優勝を果たした。予選と同じユルチェンコ2回ひねり(D5.4)と伸身ツカハラ1回ひねり(D4.8)を実施。腰の痛みが残る中、着地までこらえながらもまとめた。2位には13.583の青木梨奈(JGC/東京学館)、3位は13.499で鈴木音々(ZERO体操クラブ)となった。跳馬での優勝は2013年以来となった村上。ケガにより世界選手権の代表からは漏れたが、悔しさと課題を持って来年の東京オリンピックに向け、新たなスタートを切った。 &n …

Read More »

【GN演技解説】佐藤巧のゆか(全日本シニア2018)

【GymnasticsNews演技解説】佐藤巧のゆか(全日本シニア2018) 全日本シニア選手権2018での佐藤巧(徳洲会)のゆかの技名テロップ付き演技解説 Dスコア算出計算付きです。

Read More »

王者vsトップスペシャリスト 究極対談 世界を舞台に活躍するふたりの本音トーク 後編

  前編から読む 得意種目と好きな種目は違う!? 内村の好きな種目は実は… 年齢の壁、そしてケガを乗り越え、いよいよ東京五輪に向け最終調整に入っていこうとしている内村。重圧の中で戦っていながらその演技はいつも自由だ。10年近く日本のトップを走ってきた男がなぜこれほど自然体でいられるのか。体操を知る者同士が語るからこそ見えてきた内村の「遊ぶ力」。植松も知らなかった事実が明かされる。   植松 オレの現役時代は鉄棒のイメージが強いと思うし、好きな種目は鉄棒やったけど、実際に多くの結果を残したのは平行棒やったんよね。体操選手は好きな種目と得意種目に違いがある人が多いと思うんだけど …

Read More »

王者vsトップスペシャリスト 究極対談 世界を舞台に活躍するふたりの本音トーク 前編

  お互いの第一印象は「すごく練習するなあ」 シンクロした思いは練習へのモチベーションに 植松鉱治と内村航平はかつて社会人クラブでともに汗を流したチームメートだ。植松は現役時代、難度の高い鉄棒のはなれ技を4連続で成功させるなど、世界でも類を見ないダイナミックな演技でファンを魅了した。そして現在はアメリカで体操を教えながら語学を学び、アメリカの大学院進学を目指している。一方の内村は世界選手権個人総合6連覇など世界王者として体操界に君臨し、30歳を迎える今も現役として活躍。来年へと迫った東京五輪へ向け練習に励んでいる。 進むべき道は変わったが、世界を舞台に戦い、学生時代からライバルとして …

Read More »

2018豊田国際 白井健三のゆか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

2018豊田国際 寺本明日香のゆか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の男子記者会見

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権女子個人総合

  GymnasticsNews Radio Show 2018/11/2(音声ファイル版)を聴く 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権の開催地ドーハの会場からお届け。   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

全日本種目別女子決勝 結果

寺本 明日香 ミキハウス/レジックSP

  2018年7月1日、群馬県の高崎アリーナで全日本体操種目別選手権決勝がおこなわれた。女子は5月のNHK杯で世界選手権の代表候補選手が決まっているため、真のスペシャリストたちの戦いとなった。       跳馬では坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)が高いEスコアで2本ともまとめ優勝した。2位にはならわ体操クラブの文堂日南子、3位には坂谷りんね(戸田市スポーツセンター)と若い選手の台頭が目立つ結果となった。高いDスコアを持ち、前年覇者の宮川紗江(株式会社Rainbow)はケガによる調整不足で2本とも着地に失敗。7位に沈んだ。   段違い平行棒は寺本 …

Read More »
Translate »