Home / Tag Archives: サミュエル・ミクラック(Samuel Mikulak)

Tag Archives: サミュエル・ミクラック(Samuel Mikulak)

【速報】ワールドカップ東京大会2019 結果

2019年4月7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)にてワールドカップ個人総合東京大会が行われた。     女子はモーガン・ハード(アメリカ)、エリザベス・ブラック(カナダ)を初め、中国、ドイツ、ロシア、ブラジル等の選手が集結した。日本からは寺本明日香(ミキハウス)と、昨年末に朝日生命を退部し、武庫川女子大体操部所属となった杉原愛子(武庫川女子大短大)が出場した。     跳馬では寺本が質の高いチュソビチナ (前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)を決めて14.600でいきなりトップに立った。前転とび前方伸身宙返り1回ひねり(D5.4 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 男子個人総合決勝

2018年10月31日(現地時間)、世界選手権が連日行われているドーハ(カタール)のアスパイアドームにて、男子個人総合決勝が行われた。     出場したのは予選トップ通過を果たしたシャオ・ルーテン(中国)や2位通過のニキータ・ナゴルニー(ロシア)、3位通過のサミュエル・ミクラック (アメリカ)等の16カ国24名。日本からは白井健三(日体大)と萱和磨(順天堂大)が出場した。     予選6位通過だった白井はルーテン、ナゴルニー、アルツール・ダラロヤン(ロシア)らと共にゆかからの正ローテーション。予選、団体決勝と同じく伸身リ・ジョンソン(H)を抜き、最後に3 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2018/4/16(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!) ワールドカップ東京大会2018   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

ワールドカップ東京大会2018 男子結果

白井健三

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われた。日本でワールドカップが行われるのは2014年以来4年ぶりだ。       男子第一種目のゆかでは、目を惹いたのはやはり白井健三(日体大)だ。伸身リ・ジョンソン(H)の着地姿勢がやや低かったり、最後の4回ひねりで脚が1歩前に出るなど、いつもよりはやや安定感を欠きながらも15.200の高得点でスタートダッシュを決めた。谷川航(順天堂大)も得意の着地をしっかり止めて14.500で白井に続いた。       あん馬では白井が新しく取り入れた、身体の向きを変えながら場端 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップ加藤凌平が優勝。今年流行りそうなムーブ

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/3/12 ○2016アメリカンカップ 公式動画  ○2016ワールドカップ・イギリス大会 ○2016環太平洋選手権大会 ○告知:READYFOR 「滞在時間はたった3分!北海道新幹線で東京~札幌日帰り電車旅」 ○3/22 出張しずMac:金沢近辺募集 10:30~16:00くらい? 【動画のコーナー】 2016アメリカンカップ ミクラックの平行棒 リー・チョルホン/ササキ Jossimar Calvo Morenoの平行棒の棒端ムーンサルト

Read More »

2016アメリカンカップ ミクラックの平行棒

爆弾カットから直接懸垂するリー・チョルホン/ササキ(E)、前方抱え込み2回宙返り下り(E)など先進的な構成である。 リー・チョルホン/ササキのように、腕支持だとD難度になる技から直接懸垂することでE難度を取れる技は今後、流行しそうな気配がある。

Read More »
Translate »