Home / Tag Archives: モーガン・ハード(Morgan Hurd)

Tag Archives: モーガン・ハード(Morgan Hurd)

GymnasticsNews Radio Show W杯結果レポート、W杯種目別代表枠争い訂正、まもなく全日本個人総合

  ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   ●W杯東京大会   ●W杯種目別訂正   ●第73回全日本体操競技個人総合選手権大会   ●朝日生命体操クラブから“移籍”し陽のオーラ全開「ニュー杉原愛子を見て!」     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】ワールドカップ東京大会2019 結果

2019年4月7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)にてワールドカップ個人総合東京大会が行われた。     女子はモーガン・ハード(アメリカ)、エリザベス・ブラック(カナダ)を初め、中国、ドイツ、ロシア、ブラジル等の選手が集結した。日本からは寺本明日香(ミキハウス)と、昨年末に朝日生命を退部し、武庫川女子大体操部所属となった杉原愛子(武庫川女子大短大)が出場した。     跳馬では寺本が質の高いチュソビチナ (前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)を決めて14.600でいきなりトップに立った。前転とび前方伸身宙返り1回ひねり(D5.4 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 種目別決勝2日目

2018年11月3日(現地時間)、カタールの首都ドーハにて世界選手権が最終日を迎えた。     この日は男女種目別の後半が行われた。まずは男子跳馬からだ。     優勝候補のリ・セグァン(北朝鮮)が4番手で登場し、予選と同じくリ・セグァン2(前転とび前方屈伸2回宙返りひねり;D6.0)とリ・セグァン(ツカハラ2回宙返り1回ひねり;D6.0)を跳んでどちらも14.933でトップに立つ。   最後から2人目で白井健三(日体大)が登場し、シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり;D5.6)を跳ぶが着地時の頭の位置がやや低く14.750。2本目の …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権女子個人総合

  GymnasticsNews Radio Show 2018/11/2(音声ファイル版)を聴く 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権の開催地ドーハの会場からお届け。   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】村上茉愛が史上初の個人総合銀メダル 〜 ドーハ世界選手権

村上茉愛

2018年11月1日(現地時間)、カタールのドーハにあるアスパイアドームにて世界選手権の女子個人総合決勝が行われた。     15カ国24名が出場し、昨年の女子個人総合金メダリストのモーガン・ハード(アメリカ)やリオ五輪金メダリストのシモーネ・バイルズ(同)、ロシアのアンジェリーナ・メルニコワ、カナダのエリザベス・ブラック、日本からは村上茉愛(日体大)と寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)が名を連ねた。       村上、バイルズを含む上位6人は正ローテーションで跳馬からスタート。跳馬を得意とする村上は着地で弾んだもののいい跳躍を見せ14 …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権女子予選1日目

ヴァイルズの新技

2018年10月27日(現地時間)、ドーハ(カタール)のアスパイアドームにて、女子予選の1日目が行われた。     午前11時開始の2班に出場した日本女子は正ローテーションの跳馬からスタート。杉原愛子が腰痛により演技ができず、急遽4種目すべてに出場することになった梶田凪(山梨ジュニア/甲斐清和高校)に期待と注目が集まった。     トップバッターの畠田瞳(セントラル目黒/日体荏原)が伸身ユルチェンコ1回半ひねり(D5.0)を、梶田凪が伸身ユルチェンコ1回ひねり(D4.6)をまとめると、寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)がチュソビチナ(前転とび前方 …

Read More »

【速報】世界選手権 女子個人総合決勝 村上4位 優勝はアメリカ

2017年10月6日、日に日に冷え込みが増すモントリオール(カナダ)のオリンピックスタジアムで、満員の観客が見守る中、世界選手権の女子個人総合決勝が行われた。     予選を通過した24名が4組に分かれて決勝に臨んだ。1組では予選トップ6人が跳馬からスタートするはずだったが、よく見ると予選2位のレーガン・スミスの姿がなく、代わりにリザーブ1の選手が跳馬の組に入っている。レーガン・スミスは決勝直前の練習で足首を痛めてしまい、決勝を棄権していたのだ。     メインキャストを1人欠いた1組では、ほとんどの選手がD5.4の伸身ユルチェンコ2回ひねりを跳ぶが、そ …

Read More »
Translate »