Home / Tag Archives: ワールドカップ(World Cup)

Tag Archives: ワールドカップ(World Cup)

ワールドカップ東京大会2019 杉原愛子のカコミ音声

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

ロペスハーフに「ヨネクラ」の名前が

米倉英信 福岡大学

2月に行われた種目別ワールドカップメルボルン大会で、米倉英信(福岡大)がロペスハーフ(伸身カサマツ2回半ひねり)を成功させたことで、この技に「ヨネクラ」の名前がついたことがFIG公式Youtubeチャンネルで発表された。     ロペスハーフは2014年南寧世界選手権で韓国のヤン・ハクソンが新技申請したが、転倒しヤン・ハクソンの名前はつかなかった。その後、誰の名前もつかないまま採点規則に掲載され、日本国内では小倉佳祐(相好体操クラブ)や大久保圭太郎(順天堂大)らも成功させていたが、国際大会での成功はなかった。 昨年のインカレでGymnasticsNewsが行なったインタビュ …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show W杯結果レポート、W杯種目別代表枠争い訂正、まもなく全日本個人総合

  ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   ●W杯東京大会   ●W杯種目別訂正   ●第73回全日本体操競技個人総合選手権大会   ●朝日生命体操クラブから“移籍”し陽のオーラ全開「ニュー杉原愛子を見て!」     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】ワールドカップ東京大会2019 結果

2019年4月7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)にてワールドカップ個人総合東京大会が行われた。     女子はモーガン・ハード(アメリカ)、エリザベス・ブラック(カナダ)を初め、中国、ドイツ、ロシア、ブラジル等の選手が集結した。日本からは寺本明日香(ミキハウス)と、昨年末に朝日生命を退部し、武庫川女子大体操部所属となった杉原愛子(武庫川女子大短大)が出場した。     跳馬では寺本が質の高いチュソビチナ (前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)を決めて14.600でいきなりトップに立った。前転とび前方伸身宙返り1回ひねり(D5.4 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 日中合同合宿レポート、W杯東京大会の出場選手が決定

  音声ファイル版   ●日中合同合宿   ●W杯東京大会の出場選手   ●個人総合で4人を選出 世界体操女子代表選考   ●五輪の体操団体、パリは5人制に…国際連盟検討   ●2019年度2種3種審判認定講習会 日程等のご案内     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 今年の大会予定を見ていこう。シュツットガルトってどんなとこ?

  音声ファイル版   ●今年の大会予定を見ていこう ●シュツットガルトってどんな所 「シュツットガルト」で見たい絶景10選 ●ドーハ世界選手権報告会チケット残りわずか!親睦会もあるよ。

Read More »

折れぬ心

ジャクソン・ペイン

2018年4月14日に東京体育館で行われたワールドカップ東京大会で、ちょっとした事故が発生した。カナダのジャクソン・ペインがゆかの演技中に、足を負傷したのだ。 ゆかのシリーズの2本目、宙返りの連続で2個目の宙返りの蹴りが斜めの方向に。足から着地したものの、そこで演技は中断。痛そうな足を引きずりながら、スタッフに身体を支えられてポディウムを降りた。ああこの後の演技は無理だ、会場の誰もがそう思った。まだ6種目中1種目が始まったばかりである。 次のあん馬では自分の足で歩き、演技に入ったが、やはり足の痛みが影響するのかウーゴニアン(E)がうまくいかない。3回落下したが、何とかこなして最後まで演技を終え …

Read More »

ワールドカップ東京大会2018 女子結果

村上茉愛

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われ、女子個人総合が争われた。       女子の第一種目、跳馬では1番手に村上茉愛(日体大)が登場。得意の伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)を鮮やかに決め、14.566で波に乗った。ドスサントス(フランス)も同じ技を跳ぶが着地が乱れる。     トーマス(アメリカ)と杉原愛子(朝日生命)は伸身ユルチェンコ1回半ひねり(D5.0)を跳ぶが、やはり着地で1歩2歩、脚が出てしまう。     段違い平行棒で目を引いたのはザイツ(ドイツ)とドスサントスだ。ザイツ …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2018/4/16(音声ファイル版)を聴く 「GymnasticsNews Radio Show <速報版>ワールドカップ東京大会2018結果」(Youtube版)を聴く(チャンネル登録をお願いします!) ワールドカップ東京大会2018   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

ワールドカップ東京大会2018 男子結果

白井健三

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われた。日本でワールドカップが行われるのは2014年以来4年ぶりだ。       男子第一種目のゆかでは、目を惹いたのはやはり白井健三(日体大)だ。伸身リ・ジョンソン(H)の着地姿勢がやや低かったり、最後の4回ひねりで脚が1歩前に出るなど、いつもよりはやや安定感を欠きながらも15.200の高得点でスタートダッシュを決めた。谷川航(順天堂大)も得意の着地をしっかり止めて14.500で白井に続いた。       あん馬では白井が新しく取り入れた、身体の向きを変えながら場端 …

Read More »
Translate »