Home / Tag Archives: 井上和佳奈(Wakana Inoue) (page 2)

Tag Archives: 井上和佳奈(Wakana Inoue)

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 予選結果

全日本体操種目別選手権2014

7月5日全日本体操種目別選手権・予選が千葉ポートアリーナで開催された。 種目別はスペシャリストの技と技とのぶつかり合いだ。 得意種目で頂点に立つべく、しのぎを削る。 決勝に残れるのはわずか8人。 失敗のリスクを恐れず攻めるのか、確実な技でミスをなくすのか———。 その駆け引きは予選からもう、始まっている。 さらに、今大会の結果は世界選手権への切符もかかっている。 すでに男女3人ずつが決まっており、残る枠は3つ。そのためには男女とも優勝は最低条件。男子ではそれと同時に各種目の派遣標準得点※を満たすことが条件になる。 プレッシャーのかかる中で、高い難度の技を繰り出し、まずは決勝戦への出場権を獲得す …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.5

第53回NHK杯体操女子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。

Read More »

【速報】第53回NHK杯体操 女子

2014NHK杯女子

第53回NHK杯の女子の競技が6月7日代々木第一体育館で行われた。 4種目全般で安定した演技を見せた笹田夏美(日本体育大学)が、2位の寺本明日香に総合計1.100の点差を付けて連覇を果たすと共に、世界選手権代表の座を手にした。 また3位には、大きなミスを出さずに4種目を乗り切った筑波大学の井上和佳奈が滑り込み、世界選手権代表の座を初めて勝ち取った。 村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)は0.125点差で惜しくも4位となり、世界選手権代表の座を逃した。 NHK杯と兼ねて行われた第2回ユースオリンピック代表選考では、宮川紗江(セインツ体操クラブ)が代表の座に着いた。平均台での落下があったものの跳馬で15 …

Read More »
Translate »