Home / Tag Archives: 今林開人(Kaito Imabayashi)

Tag Archives: 今林開人(Kaito Imabayashi)

【速報】全日本種目別予選 結果

2019年6月22日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の予選が行われた。       男子ゆかは美しさと難度を兼ね備えた南一輝(仙台大)が14.800でトップ通過を果たした。白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)は、伸身リ・ジョンソン(H)を抜いた構成で14.700を出し2位通過となった。       あん馬はこの種目に特化して取り組んでいる今林開人(セントラル)が14.700でトップ通過を果たした。2位は橋本大輝(市立船橋高)の14.500だった。亀山耕平(徳洲会)は予選通過を狙って難度を落としたD6.2の構成で14.366と …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 予選結果

花島なつみ

2016年6月4日、東京は代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の予選が行われた。     男子はリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)代表の貢献度枠3枠の争いもあり、予選から高レベルの戦いが繰り広げられた。 ゆかは早坂尚人(順天堂大学)が15.600でトップ通過、鳥栖高校から筑波大学に進んだ小畠廉生が昨年同様2位に。コナミの白井勝太郎が3位と続いた。 異常事態になったのは4位で、五島誉博(仙台大)、佐藤巧(徳洲会)、内田龍真(日本体育大学)、山本威吹(関西高校)、小山仁寛(コナミスポーツ)、瀬島龍三(徳洲会)の6人が15.000で並んだ。 そのため決勝進出者が1 …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 男子予選(前半)

今林開人

第69回全日本体操競技選手権大会の男子予選が、24日(金)東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は、前半1班の42名と後半の2班42名を含めた計84名で争い、その内、上位36名が26日(日)の決勝に進出できる。決勝では予選と決勝の合計得点で順位が決まる。 今シーズン初めての大会で試合感が戻っていないためか、あん馬や後半種目でのミスが目立ったが、全員が今持てる力を出し切ってしのぎを削った。   1班終了時点でトップに立ったのは今林開人(順天堂大)だった。あん馬のコンバインでの落下やゆかでのミスはあったものの、他の種目で順調に点を積み上げていった。   暫定2位はセントラルス …

Read More »
Translate »