Home / Tag Archives: 佐藤巧(Takumi Sato) (page 2)

Tag Archives: 佐藤巧(Takumi Sato)

【速報】全日本種目別選手権男子予選 結果

大久保圭太郎

2017年6月24日(土)、群馬県高崎市に今春オープンした高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権の男子予選が行われた。       男子ゆかでは白井健三(日体大)が唯一の15点台でトップ通過した他、自身の名前が付いた技を持つ五島誉博(仙台大学)が3位通過、順天堂大学1年生の中川将径が6位通過となった。       あん馬は千葉健太(順天堂大)が14.750でトップ通過、2位には同じく順天堂大の萱和磨が続いた。内村航平(リンガーハット)は新しい構成をまとめ4位で予選通過となった。         …

Read More »

【速報】全日本体操種目別選手権男子トライアル 結果

20170408亀山耕平 トライアル

2017年4月8日(土)、東京体育館にて全日本種目別男子トライアルが行われた。   種目別トライアルに参加したのは前日の全日本個人総合予選の出場権がないものの、6月に行われる全日本種目別選手権の予選への出場を希望するスペシャリスト達だ。全日本個人総合予選とこの種目別トライアルを合わせた各種目上位24名が全日本種目別予選への出場権を得る。   世界選手権の金メダリスト亀山耕平(徳洲会)がトライアルでその力を爆発させた。抜群の安定感で、前日の個人総合予選を含めてあん馬唯一の15点台である15.250をマークし、種目別予選への切符をしっかりと手にした。     …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 予選結果

花島なつみ

2016年6月4日、東京は代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の予選が行われた。     男子はリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)代表の貢献度枠3枠の争いもあり、予選から高レベルの戦いが繰り広げられた。 ゆかは早坂尚人(順天堂大学)が15.600でトップ通過、鳥栖高校から筑波大学に進んだ小畠廉生が昨年同様2位に。コナミの白井勝太郎が3位と続いた。 異常事態になったのは4位で、五島誉博(仙台大)、佐藤巧(徳洲会)、内田龍真(日本体育大学)、山本威吹(関西高校)、小山仁寛(コナミスポーツ)、瀬島龍三(徳洲会)の6人が15.000で並んだ。 そのため決勝進出者が1 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権トライアル 結果

佐藤巧

2016年4月2日、東京・代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権トライアルが行われた。 種目別トライアルは全日本個人総合にエントリーしていない男子選手が、6月25日に行われる全日本種目別選手権予選への出場権を得るための大会である。 各種目ごとのエントリーのため選手数にはばらつきがあり、最も多いゆかで70名弱、最も少ないつり輪では30名弱がその妙技を争った。   大会中、最も注目を浴びたのは佐藤巧(徳洲会)だ。右手首に怪我を抱えながらもゆか、つり輪、跳馬の3種目にエントリーした佐藤巧はゆかで屈伸前宙ダブル(E)や後方宙返り4回ひねり(F)などの大技を次々と繰り出しながら、着地もほとん …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1公開

GymnasticsNews

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1   ○全日本種目別の結果 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第69回全日本体操種目別選手権大会 ○第6回アジア体操競技選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第6回アジア体操競技選手権大会 【選手の生声のコーナー】 男子代表記者会見(内村、白井健三、長谷川智将、萱和磨) ・あの人の一言が、長谷川智将を代表の座に導いた!?  

Read More »

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜男子

2015年世界選手権代表メンバー

6月21日(日)、昨日の予選に引き続き、全日本種目別選手権の決勝が代々木第一体育館で行われた。   男子ゆかは予選をシードされていた白井健三(日本体育大)が、2位の谷川航(順天堂大)に1.0の大差をつけた16.450で圧勝した。 Dスコア7.6という世界でも類を見ない高難度の構成ながら非常に質の高い実施で、Eスコア8.85を叩き出した。   あん馬では萱和磨(順天堂大)が15.650で初優勝した。2013年世界選手権種目別あん馬の金メダリスト亀山耕平(徳洲会)を0.1の僅差で上回った。 このあん馬での高得点が大きく影響し、世界選手権代表入りが決まった。   &nb …

Read More »

【速報】第69回全日本種目別予選2015〜男子

小倉佳祐の跳馬

6月20日(土)、全日本種目別選手権の予選が国立代々木第一体育館で行われた。 数多くのスペシャリストが翌日の決勝に進むべく、その技を競った。   男子ゆかでは、ゆかを得意とする早坂尚人(順天堂大)が15.500でトップ通過を果たした。 NHK杯で新技、前方宙返り3回半ひねり(G)を披露した五島誉博(仙台大)は、今回も旨く演技をまとめて5位で予選を通過した。   あん馬では萱和磨(順天堂大)がブズナリ(G)を入れながらもミスのない演技で15.500でトップ通過を果たした。   亀山耕平(徳洲会)は脚が開く危うい場面を持ちこたえ、15.100で3位通過となった。また2 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/6/11公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2015/6/11   ○NHK杯の結果と世界選手権代表選手決定 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第54回nhk杯  ○まもなく全日本種目別選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第69回全日本体操種目別選手権大会 ○第6回アジア体操競技選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第6回アジア体操競技選手権大会 【NHK杯女子記者会見音声】 【動画のコーナー】 ○長谷川智将のあん馬の新構成  

Read More »

【速報】第68回全日本体操競技団体選手権 決勝

内村航平

全日本体操団体選手権の決勝が11月2日国立代々木競技場・第一体育館で行われた。 前日の予選を通過した8チーム(男子は4チームがシード)による戦いは6人登録のうち3人が演技し、その3人の得点で争われる6−3−3制だ。 そのため出場する選手一人ひとりにかかるプレッシャーは予選よりも大きくなる。 団体戦は個人の強さとチーム力が試される戦いである。   男子はKONAMIが18演技をすべてノーミスでこなし、2位に4.400の大差を付け圧勝した。 連戦が続く内村航平には若干の疲れが見えたものの、世界選手権個人総合で銅メダルを獲得した田中佑典が出場した4種目全てで15点台をマークした。 山室が跳 …

Read More »
Translate »