Home / Tag Archives: 全日本種目別(All Japan Event Finals) (page 2)

Tag Archives: 全日本種目別(All Japan Event Finals)

GymnasticsNews Radio Show 種目別の見どころ。モントリオールをどうするか?

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/6/23を聴く   ●第71回全日本体操競技種目別選手権大会 去年の種目別は? ●緊急会議!モントリオールをどうするか? ●タロケンの初審判はどうだったのか? 次の審判は静岡県ジュニア選手権 【動画のコーナー】 2017高校選抜:松村朱里の段違い平行棒 2017高校選抜:河崎真理菜の平均台   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: 世界選手権(World Gymnastics Championships), 全日本種目別(All Jap …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権女子予選 結果

2017年6月24日(土)、高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権女子の予選が行われた。       女子跳馬は宮川紗江(セインツ体操クラブ)がトップ通過、2位は村上茉愛(日体大)だった。3位には文堂日南子(ならわ体操クラブ)が入った。     文堂日南子の他、5位の塙颯香(フジスポーツ)など予選通過者8名のうち4名が世界選手権に出場可能な年齢に達しておらず、女子跳馬におけるジュニアの台頭が目立った。 段違い平行棒は畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原)がトップ通過、2位に寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学)と内山由綺(早稲田大学/スマイ …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子予選 結果

大久保圭太郎

2017年6月24日(土)、群馬県高崎市に今春オープンした高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権の男子予選が行われた。       男子ゆかでは白井健三(日体大)が唯一の15点台でトップ通過した他、自身の名前が付いた技を持つ五島誉博(仙台大学)が3位通過、順天堂大学1年生の中川将径が6位通過となった。       あん馬は千葉健太(順天堂大)が14.750でトップ通過、2位には同じく順天堂大の萱和磨が続いた。内村航平(リンガーハット)は新しい構成をまとめ4位で予選通過となった。         …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 決勝結果

山室光史

2016年6月5日、前日に引き続き代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の決勝が行われた。   男子ゆかは白井健三(日本体育大学)の圧勝だった。かかえ込みリ・ジョンソン(G)や後方宙返り4回ひねり(シライ/キムヒフン;F)を取り入れたD7.6の構成でEスコア9点を超え、16.650の高得点を叩き出した。     あん馬は昨年同様、亀山耕平(徳洲会)を0.1点差で抑えて萱和磨(順天堂大学)が15.900で優勝した。     つり輪では神本雄也(日本体育大学)、山室光史(コナミスポーツ)が着地で崩れる中、安定感のある演技を見せた武田一志(徳洲会) …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 予選結果

花島なつみ

2016年6月4日、東京は代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の予選が行われた。     男子はリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)代表の貢献度枠3枠の争いもあり、予選から高レベルの戦いが繰り広げられた。 ゆかは早坂尚人(順天堂大学)が15.600でトップ通過、鳥栖高校から筑波大学に進んだ小畠廉生が昨年同様2位に。コナミの白井勝太郎が3位と続いた。 異常事態になったのは4位で、五島誉博(仙台大)、佐藤巧(徳洲会)、内田龍真(日本体育大学)、山本威吹(関西高校)、小山仁寛(コナミスポーツ)、瀬島龍三(徳洲会)の6人が15.000で並んだ。 そのため決勝進出者が1 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操種目別選手権トライアル 結果

佐藤巧

2016年4月2日、東京・代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権トライアルが行われた。 種目別トライアルは全日本個人総合にエントリーしていない男子選手が、6月25日に行われる全日本種目別選手権予選への出場権を得るための大会である。 各種目ごとのエントリーのため選手数にはばらつきがあり、最も多いゆかで70名弱、最も少ないつり輪では30名弱がその妙技を争った。   大会中、最も注目を浴びたのは佐藤巧(徳洲会)だ。右手首に怪我を抱えながらもゆか、つり輪、跳馬の3種目にエントリーした佐藤巧はゆかで屈伸前宙ダブル(E)や後方宙返り4回ひねり(F)などの大技を次々と繰り出しながら、着地もほとん …

Read More »

植松鉱治 放物線の軌跡

植松鉱治

植松鉱治がコバチをできるようになったのは中学3年の時。 コールマンを覚えたのが高校2年の時だった。 誰も試合でやったことがないことをやりたかった。 「できたらかっこええやん」 そんな思いから取り組み始めたコバチ〜コールマンの連続。見ている人に楽しんでもらいたい、その気持ちがチャレンジへの原動力となった。   初めて試合で使ったのは2005年、大学1年の全日本種目別選手権。先生には「試合前の練習で持てなかったらやるな」と言われて必死でつかんだ。 試合でも成功はしたものの、前年のアテネオリンピック団体金の立役者、冨田に僅差で敗れた。 社会人となり5年目、2013年の全日本種目別決勝でもコ …

Read More »

TBS「バース・デイ」で植松鉱治の密着取材

2013年全日本種目別で優勝した植松鉱治

7月11日(土)17:00より、TBS系列で放送の「バース・デイ」で植松鉱治選手(KONAMI)の密着取材が放送されます。   先日の、世界選手権代表入りがかかった全日本種目別の密着取材のようです。 TBS系列放送 バース・デイ TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA Tags: 全日本種目別(All Japan Event Finals), 植松鉱治(Koji Uematsu)

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1公開

GymnasticsNews

GymnasticsNews Radio Show 2015/7/1   ○全日本種目別の結果 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第69回全日本体操種目別選手権大会 ○第6回アジア体操競技選手権大会 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/第6回アジア体操競技選手権大会 【選手の生声のコーナー】 男子代表記者会見(内村、白井健三、長谷川智将、萱和磨) ・あの人の一言が、長谷川智将を代表の座に導いた!?   Tags: 世界選手権(World Gymnastics Championships), 亀山耕平(Kohe …

Read More »

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜女子

世界選手権女子代表メンバー

6月21日(日)に代々木第一体育館で行われた全日本種目別決勝女子では、各種目の女王に加えて、新たな世界選手権代表メンバーが決まった。   跳馬は前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり(6.2)とユルチェンコ2回ひねり(5.8)を成功させた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が決定点14.925で優勝した。 2位は桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)だった。ユルチェンコ2回ひねりと伸身ツカハラ1回ひねり(5.2)で決定点14.375となった。 村上茉愛(日本体育大)は桒嶋姫子と同じ跳躍で決定点14.275。3位という結果に終わった。   段違い平行棒は、NHK杯優勝者の杉原愛子(梅花高校 …

Read More »