Home / Tag Archives: 北村郁弥(Fumiya Kitamura)

Tag Archives: 北村郁弥(Fumiya Kitamura)

GymnasticsNews Radio Show モントリオールへの道はけわしい?

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/1/22を聴く   ○2016リューキン国際招待 ○ボローニンカップ ○モントリオールへの道はけわしい? 2017モントリオール世界選手権公式ホームページ(英語版) 【動画のコーナー】 2016豊田国際 イグナチェフの鉄棒 2016豊田国際:村上茉愛のゆか TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Tags: ニキータ・イグナチェフ(Ignatyev Nikita), ボローニンカップ(Voronin Cup), ゆか(FX), リューキン国際(Valeri Liukin I …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 全日本団体レポート、内村プロ転向周囲の受け止め方は?北村郁弥、春木三憲の演技解説

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2016/11/19   ●個人総合トライアル&全日本団体 男子は接戦、女子は小6が通過! ー 全日本個人総合トライアル 日体大が3連覇、3位にフジスポーツ ー 2016全日本団体女子 結果 順天堂大が優勝!0.05の僅差 ー 2016全日本団体男子 結果 ●プロ内村トレセン使い放題へ 日本体操協会から特別許可  ●内村プロ転向、周りの受け止め方は? ●体操ニッポン2016エキシビション 静岡大会の取材に行ってきます。 【動画のコーナー】 2016インターハイ:北村郁弥の平行棒【スローモーション付】 2016全日本ジュニア:春木三憲 …

Read More »

2016インターハイ 北村郁弥の平行棒【スローモーション付】

北村郁弥

北村郁弥(帝京高校)の平行棒は、高校生としてはDスコアが高く、マクーツ(E)を筆頭に大半がD難度以上の技で構成されている。 それでありながら実施の質も高く、日本のトップ選手と比べて引けを取らない、美しさと安定感のある演技だ。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/19で解説》 Podcast: Download Tags: 北村郁弥(Fumiya Kitamura), 平行棒(PB)

Read More »

2016全日本ジュニア選手権エレガント賞

2016全日本ジュニアエレガント賞

2016年全日本ジュニア選手権のエレガント賞には北村郁弥(大泉スワロー体育クラブ)と中路紫帆(戸田市スポーツセンター)が輝いた。   北村郁弥は個人総合4位、中路紫帆は個人総合3位に加え団体総合1位にも大きく寄与した。 両選手とも多くの選手がひしめく会場の中ですぐに目に付く存在だ。   北村郁弥は帝京高校3年生。来年の大学進学でさらに実力も魅力もパワーアップした北村郁弥が見られるのが楽しみだ。     中路紫帆は高校1年生ながらスラッとした体線の出る演技で、ジュニアの選手の中では目を引く存在だ。   TEXT : Masaru “TAROKEN …

Read More »

【速報】インターハイ2016予選2日目 結果

2016年8月4日、島根県立体育館(竹本正男アリーナ)でインターハイ予選第2日目が行われた。   男子は午後の7班に清風高校(大阪府)が登場するとずば抜けた高難度の演技で会場を沸かせた。山根直記は今大会で初のG難度であるカッシーナを鉄棒で成功させた。その後のコールマン(F)で惜しくも落下し得点は伸びなかったものの、つり輪では国内トップ選手顔負けの力技を連発、他の4種目でも力強い演技で高校生の可能性を見せつけた。   また春木三憲はつり輪で今大会最高得点の15.400を出すと、次の跳馬では質の高いロペス(D6.0)を決めるなどシニアでも通用する演技を披露し、湯浅賢也(市船橋) …

Read More »

インターハイ2016予選直後、北村郁弥に独占インタビュー

北村郁弥

インターハイ2016予選を終えた直後の北村郁弥選手(帝京;東京都)に、足の怪我の状態や決勝に向けての意気込み、今後の大会や来年に向けての話などを聞きました。   INTERVIEW : Masaru “TAROKEN” Maeda VIDEO:Sohta Kitazawa Tags: インターハイ(Inter High School Competition), 北村郁弥(Fumiya Kitamura)

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.2

2015国際ジュニア男子表彰

国際ジュニア体操競技大会 2015 Tags: アナスタシア・イリアンコヴァ(Anastasia Iliankova), アンソニー・タウフィック(Anthony Tawfik), エメリー・ホワイトヘッド(Emily Whitehead), エレーナ・エレミナ(Elena Eremina), カリーナ・クリョル(Carina Kroell), サミュエル・ザカットニー(Samuel Zakutney), ジェイド・クロボック(Jade Chrobok), ジャズミン・フォーバーク(Jazmyn Foberg), ジンギュアン・ツォウ(Jingyuan Zou), セジョン・イェオ(Seoje …

Read More »

【速報】2015国際ジュニア体操競技大会最終日 結果

2015国際ジュニア鉄棒の表彰

2015国際ジュニア体操競技大会の種目別決勝が9月23日、横浜文化体育館で行われた。   男子ゆかはかかえ込みルドルフ(後方2回宙返り2回ひねり;E)などの大技を盛り込んだジャルニ・レジーニ・モーラン(イギリス)が優勝した。2位に個人総合優勝者の中川将径(習志野高体操クラブ)が入った。3位は中国のユエ・マだった。   あん馬は僅差でジンギュアン・ツォウ(中国)の優勝だった。谷川翔(市立船橋高校体操クラブ)は0.05点差で惜しくも2位となった。   つり輪は中国の圧勝だった。シニアでも通用するような構成で14.850を叩き出し優勝したジンギュアン・ツォウを筆頭にワン …

Read More »

国際大会の派遣情報まとめ

古谷嘉章(仙台大学)

○2014スイスカップ(スイス・チューリッヒ) 11月2日 男女ペア競技 白井健三(鶴見ジュニア体操クラブ)、村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部) ○2014コロンビア国際(コロンビア・メデジン) 11月7日 男女種目別予選 11月8日 種目別前半決勝 11月9日 種目別後半決勝 早坂尚人(順天堂大学)、池尻俊弥(日本体育大学)、川本稜馬(順天堂大学)、千葉健太(清風高) ○第32回DTBカップ・チームチャレンジ(ドイツ・シュツットガルト) 11月28日 男女団体総合予選 11月29日 男子団体決勝 11月30日 女子団体決勝 古谷嘉章(仙台大学)、藤原昇平(早稲田大学)、星野力維(筑波大学)、鈴木 …

Read More »

【速報】第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会

2014ユースオリンピック代表選考会:湯浅賢哉

女子NHKが終わった代々木第一体育館で、引き続き第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会が行われた。 それまでトップだった荒屋敷響貴(鯖江高校)を最終種目の平行棒で逆転した湯浅賢哉(市立船橋高校)が83.050で優勝し、ユースオリンピック代表の座を勝ち取った。 2位の荒屋敷響貴は82.650、3位の北村郁弥(池谷幸雄体操倶楽部)は82.200だった。 また加藤凌平(順天堂大学)の弟、加藤裕斗(埼玉栄高校)はゆかのミスやあん馬での落下がひびき、80.750で6位に終わった。 TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA, PHOTO MASAYA “Hansuke” SAKA …

Read More »