Home / Tag Archives: 千葉健太(Kenta Chiba)

Tag Archives: 千葉健太(Kenta Chiba)

【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果

4月26日(金)、小雨が降り冷え込んだ高崎アリーナ(群馬県)で、全日本個人総合の予選が行われた。     男子は試合開始前から波乱含みの展開だった。試合前の記者会見で絶対王者、内村航平(リンガーハット)は両肩に痛みを抱えていることを明かし、満身創痍の状態。練習も十分にこなせていない状態でこの日を迎えた。 10月にドイツのシュツットガルトで行われる世界選手権。個人総合の成績でこの世界大会の代表入りを果たすには、この日の全日本個人総合予選で30位以内に入り決勝戦への出場権を手にするとともに、同時に出場権が与えられる5月のNHK杯でも好成績を収める必要がある。 全日本個人総合の予 …

Read More »

新世代のスター誕生 スーパーファイナル 結果

3連休の初日となる11月23日(金)、高崎アリーナ(群馬県)にて、来年のワールドカップ出場者を決める初めての大会、スーパーファイナルが行われた。     スーパーファイナルは、2019年から2020年のワールドカップの成績を元に、東京五輪への個人出場枠が獲得できるようになったことから設けられた、新しい大会である。 内村航平(リンガーハット)と田中佑典(コナミスポーツ)を除いたNHK杯12位までの選手と、男子強化本部長推薦選手を合わせた12名で争われた。推薦選手にはインターハイ優勝者の三輪哲平(清風高校3年)と、ユースオリンピック個人総合金メダリストで全日本ジュニア王者でもあ …

Read More »

【速報】全日本団体決勝 男子結果

3連休の最終日となる2018年11月25日(日)、高崎アリーナ(群馬県)にて、全日本団体の男子決勝が行われた。     試合は女子と同様に2チームが1組となるFIG方式で行われ、6-3-3制で争われた。     1班には以下の8チームが出場した。 相好体操クラブ(安里圭亮など) 仙台大学(南一輝など) 筑波大学(小畠廉生など) 福岡大学(内田隼人など) 清風高校(三輪哲平など) 市立船橋高校(村山覚人など) 関西高校(土井陵輔など) ジュニア選抜(橘汐芽など) 1班終了時点でトップに立ったのは相好体操クラブだった。     2班には以 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 齊藤優佑選手を追いかけて茨城へ、パワハラ問題補足

齊藤優佑 徳洲会体操クラブ 千葉県

  GymnasticsNews Radio Show 2018/9/6(音声ファイル版)を聴く   ●国体関東ブロック予選結果 ●アジア大会 ●全日本シニア・マスターズ取材 ●体操女子パワハラ問題の補足 内村航平、村上茉愛ら育てた小林隆氏が死去 51歳 ●世界選手権のクラウドファンディングお礼 ●新しいGNサポーターを公開中 旧GNサポーターは8月末をもって閉鎖 ●平成30年度体操競技男子1種公認審判員認定講習会 兼 体操競技男子1種審判員カテゴリー認定試験 【動画のコーナー】 亀山耕平が大幅に構成を変更。Gコンバインも。   Talk : Masaru “TA …

Read More »

【速報】男子体操強化合宿メディア公開

内村 航平 リンガーハット

2018年7月11日(水)、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて、男子体操強化合宿のメディア公開が行われた。     今回この強化合宿に参加したのは世界選手権代表、アジア競技大会代表、ユース五輪代表、特別強化選手だ。それぞれが持ち技の精度向上や新技獲得に取り組んでいた。     内村航平(リンガーハット)はしきりにあん馬の新い動きを確認していた。おそらく最近、実施する選手が増えてきたショーン(一腕上上向き全転向;E)に取り組んでいるものと思われる。     白井健三(日体大)は平行棒でマクーツ(E)の入りの部分を確認して …

Read More »

全日本種目別男子決勝 結果

白井 健三 日本体育大学

2018年7月1日、群馬県の高崎アリーナで全日本体操種目別選手権決勝がおこなわれた。男子はこの日の結果も踏まえ、内村航平(リンガーハット)、白井健三(日体大)に続く世界選手権の代表選手が決定する。   ゆかは予選の順位を覆す結果となった。優勝は文句なしで白井。唯一の15点台を叩き出し6連覇を果たした。Eスコアでトップの8.733をマークした谷川航(順天堂大)が2位、予選を7位で通過した加藤凌平(コナミスポーツ)が3位に。期待されていた五島誉博(相好体操クラブ)、トップ通過の南一輝(仙台大)は着地での乱れが響き優勝を逃した。   あん馬ではブスナリ、開脚前後移動などダイナミッ …

Read More »

全日本個人総合男子決勝 誰も予想していなかった勝者

谷川翔

2018年4月29日、東京体育館にて全日本個人総合男子決勝が行われた。     予選上位が集まる1組には予選トップ通過の白井健三(日体大)を筆頭に予選2位の谷川翔(順天堂大)、昨年の世界選手権代表で予選4位通過した谷川翔の兄、谷川航(同)ら大学生と、それを追いかける内村航平(リンガーハット)。彼らの演技を見逃すわけにはいかない。     その一方で2組から虎視眈々と代表入りを狙う加藤凌平(コナミスポーツ)やベテラン田中佑典(同)も侮れない。それと同時に女子の演技も行われ、会場ではまさに眼がいくつあっても足りない状況が続いた。     …

Read More »

【速報】全日本団体 男子決勝

全日本団体2017

2017年11月26日(日)、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本団体の男子決勝が行われた。     男子団体はインターハイの上位2チーム、全日本ジュニア選手権(1部)1チーム、インカレ団体(1部・2部)と全日本シニアの2大会の得点を順に並べた上位12チーム、ジュニアナショナル選手の選抜チーム1チームの合計16チームで争われる。 前日に行われた女子決勝と同じく、1チーム6名の内、各種目を3人が演技する。そしてその3人全員の得点がチームの得点となる6-3-3制だ。2チームが1組となり、その2チームの選手が交互に演技を行うFIG決勝方式を採用する点も同様だ。   &nbs …

Read More »

【速報】インカレ1部 団体・個人総合 結果

2017年8月9日、富山市総合体育館で第71回全日本学生体操競技選手権の1部校団体・個人総合選手権が行われた。     男子団体は順天堂大学が3連覇を果たした。2位は日本体育大学、3位が鹿屋体育大学だった。 男子の最終班に当たるC班は仙台大学、福岡大学、順天堂大学、鹿屋体育大学、筑波大学、日本体育大学の6校が6-6-5制で争う。     最初に勢いに乗ったかに見えたのは鉄棒スタートの日体大だった。次々と着地をピタリと止め、応援席ものっけから最高潮の盛り上がりを見せる。さらに次のゆかでは白井健三が伸身リ・ジョンソン(H)から始まる世界レベルのD7.2の演技 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権取材クラウドファンディング開始!取材地獄も開始。

作戦会議ロゴ

  GymnasticsNews Radio Show 2017/8/1を聴く   ●モントリオール世界選手権:クラウドファンディングで資金募集 ●インカレも動画OK 全日本学生体操連盟ホームページ  ●全日本ジュニア選手権 手伝ってくれる方募集 ●インターハイに向かってるかな? ●2017年度体操競技ナショナル選手 男子歴代ナショナル選手 女子歴代ナショナル選手 ●亀山耕平のぶろぐ

Read More »
Translate »