Home / Tag Archives: 山室光史(Koji Yamamuro) (page 5)

Tag Archives: 山室光史(Koji Yamamuro)

【速報】第53回NHK杯体操 男子公式練習・会見

2014NHK杯公式練習:武田一志

第53回NHK杯の男子公式練習・会見が6月6日代々木第一体育館で行われた。 すでに世界選手権代表の座を手にしている内村航平(KONAMI)を含めた36人の選手が、それぞれのペース配分ややり方で最後の調整に取り組んだ。 一見、和気藹々としたリラックスムードを醸しだしながらも、時折見せる鋭い目線は、戦いの始まりを感じさせる公式練習だった。 記者会見では、持ち点2位の野々村笙吾と3位の加藤凌平(共に順天堂大学)が、共に世界選手権代表の座を第一に掲げ、難度構成を落としてでも現在の順位を死守する姿勢を見せた。 また僧帽筋の痛みを「半分、気合いで治した」内村航平は、「世界選手権でやりたい構成ができないのは …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.4

第68回全日本体操個人総合選手権男子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。 Tags: 亀山耕平(Kohei Kameyama), 全日本個人総合(All Japan All-Around), 内村航平(Kohei Uchimura), 加藤凌平(Ryohei Kato), 山室光史(Koji Yamamuro), 山本雅賢(Masayoshi Yamamoto), 植松鉱治(Koji Uematsu), 白井 …

Read More »

コトブス国際2014決勝速報〜後半

植松鉱治の笑顔

【平行棒】 ●植松鉱治選手が決勝進出。吉岡知紘選手は決勝進出ならず。 <予選> 1位:オレグ・ベルニアイエフ(ウクライナ) D6.9 E8.866 得点15.766 2位:Mitja PETKOVSEK(スロバキア) D6.2 E9.100 得点15.300 3位:ハミルトン・サボー(フランス) D6.7 E8.500 得点15.200 4位:ヴァリジオス・ツォラキディス(ギリシャ) D6.5 E8.633 得点15.133 5位:植松鉱治 D6.5 E8.566 得点15.066 13位:吉岡知紘 D6.2 E8.066 得点14.266 ●決勝では植松選手が優勝! <決勝> 1位:植松鉱治 …

Read More »

コトブス国際2014決勝速報〜前半

山室つり輪

【あん馬】 ●日本からは亀山耕平選手が決勝進出。山室選手は2度の大過失があったのか?、決勝進出ならず。 <予選> 1位:クリスチャン・ベルキ(ハンガリー) D6.8 E8.800 得点15.600 2位:亀山耕平 D6.6 E8.966 得点15.566 37位:山室光史 D5.9 E5.366 得点11.266 ●決勝では亀山選手にミスがあったのか?2位という結果に。 <決勝> 1位:クリスチャン・ベルキ(ハンガリー) D6.8 E8.750 得点15.550 2位:亀山耕平 D6.6 E8.300 得点14.900 結果PDF   【つり輪】 ●日本からは山室光史選手が決勝進出。 …

Read More »

豊田国際体操競技大会2013

Tags: 山室光史(Koji Yamamuro), 豊田国際(Toyota International Gymnastics Copetition)

Read More »

体操ニッチトークNEO 2013.12.31 最終回

今週は・・・ 2013年最後の配信はななななんと”体操ニッチトークNEO”の最終回となりました。 とはいえ、番組名を変えて体操番組は続けるけどね(笑。 2013年を振り返って今年はどんな年だった?? 山室選手、亀山選手、内村選手の豊田国際終了後にお話をお伺いしたカコミ音源を大公開!!。 リラックスムードの3選手の話はファン必聴です!!。 来年1月13日から新番組がスタートしますのでお楽しみに!!。 Tags: 亀山耕平(Kohei Kameyama), 内村航平(Kohei Uchimura), 山室光史(Koji Yamamuro)

Read More »

成功も失敗も・・・ 鉄棒 山室光史

最終種目でまさかの展開だ。山室光史(KONAMI)は序盤の伸身コールマンで落下。 気持ちを切り替えたかのように見えたが、続くコールマンでも落下してしまう。 6位タイという結果に「散々な感じだったが、新たな課題としてしっかり受け止めたい」と話したが、この2日間で見せた演技は確実に山室の復帰の兆しだ。 成功も失敗も来年への助走となったに違いない。来年はさらに高く跳んでくれるはずだ。 TEXT:CHIHARU ABE Tags: 山室光史(Koji Yamamuro), 豊田国際(Toyota International Gymnastics Copetition), 鉄棒(HB)

Read More »

動き始めた時間 跳馬 山室光史

山室光史(KONAMI)が試合で跳馬を飛んだ。 オリンピックで負傷したその足は、しっかりと着地を決めたのだ。1本目のドリッグスはピタリと止まり、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が上がった。 2本目の前転とび前方伸身宙返り2回ひねりこそ尻もちをついてしまったが、その演技に誰もが笑顔になったはずだ。「復帰を早めたということもあって、痛みを伴いながらの試合だったので精神的にキツイ部分はあった」とその道のりは平坦ではなかったが、世界選手権でもメダルこそ逃したが、結果には満足している。そしてこの日の跳馬の演技にも納得はしている。 復帰を果たした1年を終え、山室は自分の体操を取り戻しつつある。「体も治っ …

Read More »

誰もが待ち望んだ復活 男子つり輪2位 山室光史

笑顔の山室光史(KONAMI)が帰ってきた。つり輪の力強さは今年1番だった。 姿勢、静止時間はもちろんその表情には余裕が見られた。丁寧に技をこなし、着地をピタリと決めると会場は沸いた。 その復帰を待ち望んでいた歓声と拍手は温かかった。調子は良くなかったという山室だが、つり輪にぶら下がった瞬間に「いける」と思ったという。 その理由を聞くと「経験です」と表情が緩んだ。ケガ、悔しさ、思うように体を動かせないもどかしさ、すべてを糧としてこの場所に戻ってきた。本当の笑顔が戻ってきた。 TEXT:CHIHARU ABE Tags: つり輪(RS), 山室光史(Koji Yamamuro), 豊田国際(To …

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 1日目  

2013年は12月14、15日で行われる豊田国際。種目別で争う国際大会であり、今年最後の大会だ。会場となった愛知県のスカイホール豊田は、多くのファンで埋め尽くされ、温かい歓声で包まれる中、14日は男子がゆか、あん馬、つり輪の3種目、女子は跳馬、段違い平行棒の2種目が行われた。 ザネッティ圧巻の演技 その演技は圧巻だった。オリジナル技の「ザネッティ」こそ温存したものの、力で引き上げての中水平には姿勢欠点はなく、振動技からの力静止技でもつり輪は微動だにしない。 下り技の伸身ムーンサルトも着地をピタリと決め、静と動を完全にコントロールした隙の無い演技で、Eスコアにうるさい日本の審判も15.875の高 …

Read More »