Home / Tag Archives: 村上茉愛(Mai Murakami)

Tag Archives: 村上茉愛(Mai Murakami)

【速報】村上茉愛がまさかの棄権 〜 NHK杯女子 結果

2019年5月18日(土)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて女子NHK杯が行われた。   試合開始前からニュースが飛んだ。昨年の世界選手権で、個人総合銀メダルに輝いた村上茉愛(日体クラブ)が、腰の痛み(両仙腸関節症)で棄権するというのだ。NHK杯に出場しないということは、4位以内で得られる世界選手権個人総合枠を諦めるということだ。 そしてそれ以外の唯一の選択肢である、種目別貢献度による世界選手権出場枠の獲得にも「NHK杯で12位以内」という条件が付いている。つまりNHK杯に出ないということは、世界選手権に出ないということを意味する。     村上にとっては正に苦渋 …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】波乱の全日本個人総合!その結果

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   【速報】内村予選落ちの大波乱〜全日本個人総合男子予選 結果   【速報】全日本個人総合女子予選 結果   【速報】全日本種目別男子トライアウト 結果   【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】男子は谷川翔の2連覇、女子は寺本 〜 全日本個人総合決勝 結果

谷川翔

10連休2日目の4月28日(日)、高崎アリーナにて全日本個人総合の決勝が行われた。   男子は昨年の優勝者、谷川翔(順天堂大)が連覇を果たした。予選をトップで通過していた谷川翔は1種目目のゆかこそ、最後の後方伸身宙返り3回ひねり(D)で1歩大きく踏み出したものの、2種目目の得意のあん馬で14.800の高得点を出すとこれが決め手となった。     その後の3種目をノーミスで乗り切ると、最後の鉄棒では、先に演技を終えた2位の萱和磨(セントラル)とは約12点台半ばの点差。はなれ技を1つに抑えた手堅い構成で、鉄棒をノーミスで乗り切り優勝を決めた。2位の萱とは得点差は0.9 …

Read More »

【速報】全日本個人総合女子予選 結果

2019年4月26日(金)、高崎駅からほど近い高崎アリーナ(群馬県)にて全日本個人総合予選が行われた。     女子は3班に分けて試合が行われ、夜9時近くまで熱戦が繰り広げられた。激しいトップ争いが行われたのは最終班となる第3班だった。     昨年のドーハ世界選手権代表の村上茉愛(日体クラブ)、寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)、畠田瞳(セントラル)らを始め、この春から大学生となった中路志帆(日体大)や花島なつみ(同)が火花を散らす。また畠田瞳の妹、畠田千愛(セントラル)もここに加わる。 先日のワールドカップ東京大会で好調さを見せつけた寺本は、 …

Read More »

【速報】全日本団体決勝 女子結果

日体大 女子 優勝

3連休の中日となる2018年11月24日(土)、昨晩のスーパーファイナルに続いて、全日本団体の女子決勝が高崎アリーナ(群馬県)にて行われた。     今年も昨年同様FIG方式で試合が進められ、2チームで1組を作り、その組の中で2チームの選手が交互に演技を行う。1チーム6人中3人が演技し、3人全員の得点がチーム得点となる6-3-3制のため、ミスが許されず、常にプレッシャーと戦いながらの演技となった。   1班には以下の8チームが出場した。 ジム・ネット体操教室(松村朱里など) ZERO体操クラブ(森蒼佳など) レジックスポーツ(古山葵など) 日本女子体育大学(杉田し …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権種目別と全体を振り返って

  GymnasticsNews Radio Show 2018/11/15(音声ファイル版)を聴く   帰国報告と世界選手権種目別 ドーハ世界選手権を振り返って   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 種目別決勝2日目

2018年11月3日(現地時間)、カタールの首都ドーハにて世界選手権が最終日を迎えた。     この日は男女種目別の後半が行われた。まずは男子跳馬からだ。     優勝候補のリ・セグァン(北朝鮮)が4番手で登場し、予選と同じくリ・セグァン2(前転とび前方屈伸2回宙返りひねり;D6.0)とリ・セグァン(ツカハラ2回宙返り1回ひねり;D6.0)を跳んでどちらも14.933でトップに立つ。   最後から2人目で白井健三(日体大)が登場し、シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり;D5.6)を跳ぶが着地時の頭の位置がやや低く14.750。2本目の …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権女子個人総合

  GymnasticsNews Radio Show 2018/11/2(音声ファイル版)を聴く 村上茉愛が個人総合が銀メダル! 世界選手権の開催地ドーハの会場からお届け。   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】村上茉愛が史上初の個人総合銀メダル 〜 ドーハ世界選手権

村上茉愛

2018年11月1日(現地時間)、カタールのドーハにあるアスパイアドームにて世界選手権の女子個人総合決勝が行われた。     15カ国24名が出場し、昨年の女子個人総合金メダリストのモーガン・ハード(アメリカ)やリオ五輪金メダリストのシモーネ・バイルズ(同)、ロシアのアンジェリーナ・メルニコワ、カナダのエリザベス・ブラック、日本からは村上茉愛(日体大)と寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)が名を連ねた。       村上、バイルズを含む上位6人は正ローテーションで跳馬からスタート。跳馬を得意とする村上は着地で弾んだもののいい跳躍を見せ14 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権女子団体決勝

  GymnasticsNews Radio Show 2018/11/1(音声ファイル版)を聴く   世界選手権の開催地ドーハで収録。 女子団体決勝直後に会場からお届けします。   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »
Translate »