Home / Tag Archives: 松村朱里(Akari Matsumura)

Tag Archives: 松村朱里(Akari Matsumura)

【GymnasticsNews Radio Show】世界選手権代表の練習公開レポート、ワールドカップ東京五輪出場枠

  音声ファイル版 ★気に入っていただけましたらチャンネル登録、高評価をお願いします! ●世界選手権代表の練習公開レポート 男子 女子 ●ワールドカップ東京五輪出場枠について 2019年度第3回常務理事会ニュース ●世界選手権のクラウドファンディング支援者募集中   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】女子世界選手権代表選手 練習メディア公開

2019年7月18日(木)、前日の男子に引き続き、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて女子世界選手権代表の練習風景がメディア向けに公開された。     ミスを減らし、Eスコアを上げるための通し練習や熟練度を上げる練習と、新しい技や構成への挑戦の、両方が見られた練習だった。 一番目を引いたのは、杉原愛子(武庫川女子大)が平均台の下りで行なった、ダイビングダブル(後ろとびひねり前方かかえ込み2回宙返り下り;G)だ。元々は月面宙返り下り(G)を考えていたが、かかえ込みでのひねりがうまくいかず、逆にダイビングが得意なことと難度が同じこともあり、切り替えたという。 &n …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】全日本種目別の結果レポート

      音声ファイル版 ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします ●全日本種目別の結果 男子決勝 女子決勝 ●東京オリンピックのチケット結果 ●アジア選手権種目別, 花島ゆかで金 Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】全日本種目別女子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の女子決勝が行われた。   跳馬では唯一の14点台をマークした村上茉愛(日体クラブ)が14.116で優勝を果たした。予選と同じユルチェンコ2回ひねり(D5.4)と伸身ツカハラ1回ひねり(D4.8)を実施。腰の痛みが残る中、着地までこらえながらもまとめた。2位には13.583の青木梨奈(JGC/東京学館)、3位は13.499で鈴木音々(ZERO体操クラブ)となった。跳馬での優勝は2013年以来となった村上。ケガにより世界選手権の代表からは漏れたが、悔しさと課題を持って来年の東京オリンピックに向け、新たなスタートを切った。 &n …

Read More »

【速報】全日本種目別予選 結果

2019年6月22日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の予選が行われた。       男子ゆかは美しさと難度を兼ね備えた南一輝(仙台大)が14.800でトップ通過を果たした。白井健三(日体大大学院/鶴見ジュニア)は、伸身リ・ジョンソン(H)を抜いた構成で14.700を出し2位通過となった。       あん馬はこの種目に特化して取り組んでいる今林開人(セントラル)が14.700でトップ通過を果たした。2位は橋本大輝(市立船橋高)の14.500だった。亀山耕平(徳洲会)は予選通過を狙って難度を落としたD6.2の構成で14.366と …

Read More »

【速報】村上茉愛がまさかの棄権 〜 NHK杯女子 結果

2019年5月18日(土)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて女子NHK杯が行われた。   試合開始前からニュースが飛んだ。昨年の世界選手権で、個人総合銀メダルに輝いた村上茉愛(日体クラブ)が、腰の痛み(両仙腸関節症)で棄権するというのだ。NHK杯に出場しないということは、4位以内で得られる世界選手権個人総合枠を諦めるということだ。 そしてそれ以外の唯一の選択肢である、種目別貢献度による世界選手権出場枠の獲得にも「NHK杯で12位以内」という条件が付いている。つまりNHK杯に出ないということは、世界選手権に出ないということを意味する。     村上にとっては正に苦渋 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 全日本ジュニアレポート、花島なつみインタビュー

村山覚人 市立船橋高校体操クラブ

  GymnasticsNews Radio Show 2018/8/22(音声ファイル版)を聴く ●全日本ジュニア 全日本個人総合出場資格 ●国体関東ブロック予選に取材に行きます 日立市池の川さくらアリーナ ●不祥事 体操、五島がW杯代表から除外 宮川紗江選手に暴力行為、コーチを無期限抹消処分 体操宮川紗江「パワハラない」コーチ暴力処分に反論 ●世界選手権のクラウドファンディング公開中 ●新しいGNサポーターを公開中 旧GNサポーターは8月末をもって閉鎖   ●花島なつみインタビュー音声   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta …

Read More »

【速報】全日本ジュニア2018 1部最終日

花島なつみ フジスポーツクラブ

2018年8月17日(金)、横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア1部が最終日を迎えた。     男子は優勝候補と目される市立船橋高校体操クラブ(千葉県)と清風体操クラブ(大阪府)が、最終班で火花を散らした。       あん馬、つり輪、平行棒では清風体操クラブが市立船橋高校体操クラブを上回ったが、最終的には0.05という僅差で市立船橋高校体操クラブが団体総合1位に輝いた。3位は関西(岡山県)だった。     個人総合は、あん馬で落下がありながらも、ゆか、平行棒、鉄棒でそれをカバーした清風体操クラブの北園丈琉(高校1年) …

Read More »

【速報】全日本ジュニア2018 1部2日目

新田いずみ 中京ジムナスティッククラブ

2018年8月16日(木)、横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア1部の2日目が行われた。     2日目を迎えたこの日、男子は第2班から第4班が出場した。     男子個人総合は習志野高校体操クラブ(千葉県)の髙橋靜波(高校2年)が暫定1位となり、暫定2位に中学3年ながら、おかやまジュニア体操スクール(岡山県)の岡慎之助が入った。岡田卓海(新田クラブ;高校3年)は暫定3位となった。 団体では新田クラブ(愛媛県)が暫定1位を維持し、暫定2位に相好体操クラブ(三重県)が、暫定3位に明成高校体操クラブ(宮城県)が入った。     女子 …

Read More »

【速報】インターハイ2018 決勝

橋本大輝 市立船橋

2018年8月6日(月)、草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ;静岡県)にてインターハイの決勝が行われた。     立ち見が出るほどの観客が見守る中、男子団体は優勝候補の市立船橋と清風がデッドヒートを繰り広げた。劣勢だった清風が得意の鉄棒で盛り返して先に演技を終え、市立船橋の結果を待つ形となった。技に合わせた掛け声と大歓声の中、市立船橋が最終種目のゆかの演技を終えると、電光掲示板にはチーム総合計点と、その後ろに1位を表す(1)が表示された。優勝に沸き立つ市立船橋と、肩を落とす清風陣営。しかしその後に発表された結果は予想外のものだった。 真の結果は何と両チームとも254.7 …

Read More »
Translate »