Home / Tag Archives: 梶田凪(Nagi Kajita)

Tag Archives: 梶田凪(Nagi Kajita)

【速報】女子世界選手権代表選手 練習メディア公開

2019年7月18日(木)、前日の男子に引き続き、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都)にて女子世界選手権代表の練習風景がメディア向けに公開された。     ミスを減らし、Eスコアを上げるための通し練習や熟練度を上げる練習と、新しい技や構成への挑戦の、両方が見られた練習だった。 一番目を引いたのは、杉原愛子(武庫川女子大)が平均台の下りで行なった、ダイビングダブル(後ろとびひねり前方かかえ込み2回宙返り下り;G)だ。元々は月面宙返り下り(G)を考えていたが、かかえ込みでのひねりがうまくいかず、逆にダイビングが得意なことと難度が同じこともあり、切り替えたという。 &n …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】全日本種目別の結果レポート

      音声ファイル版 ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします ●全日本種目別の結果 男子決勝 女子決勝 ●東京オリンピックのチケット結果 ●アジア選手権種目別, 花島ゆかで金 Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】全日本種目別女子決勝 結果

2019年6月23日、高崎アリーナ(群馬県)にて全日本種目別の女子決勝が行われた。   跳馬では唯一の14点台をマークした村上茉愛(日体クラブ)が14.116で優勝を果たした。予選と同じユルチェンコ2回ひねり(D5.4)と伸身ツカハラ1回ひねり(D4.8)を実施。腰の痛みが残る中、着地までこらえながらもまとめた。2位には13.583の青木梨奈(JGC/東京学館)、3位は13.499で鈴木音々(ZERO体操クラブ)となった。跳馬での優勝は2013年以来となった村上。ケガにより世界選手権の代表からは漏れたが、悔しさと課題を持って来年の東京オリンピックに向け、新たなスタートを切った。 &n …

Read More »

【GymnasticsNews Radio Show】またも波乱!NHK杯取材レポート

    ★Youtubeのチャンネル登録、高評価をお願いします! 音声ファイル版   NHK女子レポート NHK杯男子レポート    Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa  

Read More »

【速報】村上茉愛がまさかの棄権 〜 NHK杯女子 結果

2019年5月18日(土)、武蔵野の森総合スポーツプラザにて女子NHK杯が行われた。   試合開始前からニュースが飛んだ。昨年の世界選手権で、個人総合銀メダルに輝いた村上茉愛(日体クラブ)が、腰の痛み(両仙腸関節症)で棄権するというのだ。NHK杯に出場しないということは、4位以内で得られる世界選手権個人総合枠を諦めるということだ。 そしてそれ以外の唯一の選択肢である、種目別貢献度による世界選手権出場枠の獲得にも「NHK杯で12位以内」という条件が付いている。つまりNHK杯に出ないということは、世界選手権に出ないということを意味する。     村上にとっては正に苦渋 …

Read More »

【速報】全日本個人総合女子予選 結果

2019年4月26日(金)、高崎駅からほど近い高崎アリーナ(群馬県)にて全日本個人総合予選が行われた。     女子は3班に分けて試合が行われ、夜9時近くまで熱戦が繰り広げられた。激しいトップ争いが行われたのは最終班となる第3班だった。     昨年のドーハ世界選手権代表の村上茉愛(日体クラブ)、寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)、畠田瞳(セントラル)らを始め、この春から大学生となった中路志帆(日体大)や花島なつみ(同)が火花を散らす。また畠田瞳の妹、畠田千愛(セントラル)もここに加わる。 先日のワールドカップ東京大会で好調さを見せつけた寺本は、 …

Read More »

豊田国際2018初日、試合後の女子記者会見

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際レポート

    GymnasticsNews Radio Show 2018/12/12(音声ファイル版)を聴く   ●豊田国際レポート ●ドーハ世界選手権報告会チケットまもなく発売 ●2018年度体操競技男子ルールクリニック 開催のご案内   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

【速報】豊田国際1日目

長谷川智将

2018年12月8日(土)、スカイホール豊田(愛知県)に2500人の観客を集めて、豊田国際体操競技大会(以下、豊田国際)が開催された。     豊田国際は毎年、この時期に同会場で行われ、世界各国から招待された選手が2日間に亘って種目別選手権を争う。 初日は男子のゆか、あん馬、つり輪と女子の跳馬、段違い平行棒が行われた。     男子ゆかはオープン参加の2名を含めた16人が演技し、唯一の15点台である15.300で白井健三(日体大)が優勝した。白井は伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり=シライ3;H)を皮切りに、前方宙返り3回ひねり(シライ2; …

Read More »

【速報】ドーハ世界選手権 女子団体決勝

女子団体決勝メダリスト

2018年10月30日(現地時間)、ドーハ(カタール)のアスパイアドームにて世界選手権の女子団体決勝が行われた。     男子と同じく予選の順位により割り振られた2国が1組となり、2国から1人ずつ交互に演技していく。そのため、以前に行われていた、種目ごとに前半と後半で国が入れ替わる方式よりも、その国の現時点での得点がリアルタイムでわかり、順位が把握しやすい。観客にとっても選手にとってもより白熱した試合となる。 日本は予選6位だったため、5位のブラジルと同じ組で平均台からのスタート、1位のアメリカと2位のロシアが跳馬から、3位の中国と4位のカナダが段違い平行棒から、7位のフラ …

Read More »
Translate »